GR-SAKURA e2studio(V4)用スケッチ環境 V2.13

がじぇっとるねさすの岡宮です。

添付はGR-SAKURAのスケッチをオフラインで行えるe2studio用プロジェクトです。Windows限定となってしまいますが、ご了承ください。

補足:e2studio V3までは、日本語でカスタムリンカーファイルの指定(-T)が正常にできませんでしたが、V4以降で直ったみたいです。iniファイルを変更する必要がなくなりました。

 

ローカルビルド環境の構築方法

適用するツールは以下です。

  • e2studio
    • 入手先:https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/ide/e2studio.html

  • KPIT GNURX
    • 入手先:https://gcc-renesas.com/
    • 添付のプロジェクトはGNURX V15.01を使ってます。

 

ローカルビルド環境のセットアップ

  1. e2studio をダウンロードします。(ダウンロードするには My Renesasへの登録が必要です)
  2. e2stduioをインストールします。オンラインインストールでGNURXもインストールした場合は以降の手順は不要です。
  3. KPIT GNURXをインストールします。

プロジェクトのインポート/ビルド手順

  1. e2studioを起動してメニューより「ファイル」⇒「インポート」を選択します。
  2. インポートダイアログで「一般」⇒「既存のプロジェクトをワークスペースへ」を選択し、「次へ」ボタンを押します。
  3. 「アーカイブ・ファイルを選択」を選択し、「参照」ボタンからダウンロードしたzipファイルを選択し、「終了」ボタンを押します。
  4. プロジェクトを作ると、多分自動的にビルドが走ると思います。走らなければトンカチボタン を押してビルドします。
  5. release_sakuraフォルダの中にsketch.binが出来上がります。

 補足:通常はrelease_sakuraでスケッチ作りをしますが、E1エミュレータを使ってGR-SAKURAを堪能したい場合はdebug_sakuraを使ってビルドします。きっと詳しい方が使うと思いますので、以降の説明は割愛しちゃいます。

 

Anonymous
Parents
  • すみませんが、現状では無視していただいてもいいでしょうか。使われない変数が定義されているとか、型の不一致の可能性があるとかのワーニングだったと思いますが、動作確認はしており動作すると思います。

Comment
  • すみませんが、現状では無視していただいてもいいでしょうか。使われない変数が定義されているとか、型の不一致の可能性があるとかのワーニングだったと思いますが、動作確認はしており動作すると思います。

Children
No Data