GR-SAKURA e2studio(V4)用スケッチ環境 V2.13

がじぇっとるねさすの岡宮です。

添付はGR-SAKURAのスケッチをオフラインで行えるe2studio用プロジェクトです。Windows限定となってしまいますが、ご了承ください。

補足:e2studio V3までは、日本語でカスタムリンカーファイルの指定(-T)が正常にできませんでしたが、V4以降で直ったみたいです。iniファイルを変更する必要がなくなりました。

 

ローカルビルド環境の構築方法

適用するツールは以下です。

  • e2studio
    • 入手先:https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/ide/e2studio.html

  • KPIT GNURX
    • 入手先:https://gcc-renesas.com/
    • 添付のプロジェクトはGNURX V15.01を使ってます。

 

ローカルビルド環境のセットアップ

  1. e2studio をダウンロードします。(ダウンロードするには My Renesasへの登録が必要です)
  2. e2stduioをインストールします。オンラインインストールでGNURXもインストールした場合は以降の手順は不要です。
  3. KPIT GNURXをインストールします。

プロジェクトのインポート/ビルド手順

  1. e2studioを起動してメニューより「ファイル」⇒「インポート」を選択します。
  2. インポートダイアログで「一般」⇒「既存のプロジェクトをワークスペースへ」を選択し、「次へ」ボタンを押します。
  3. 「アーカイブ・ファイルを選択」を選択し、「参照」ボタンからダウンロードしたzipファイルを選択し、「終了」ボタンを押します。
  4. プロジェクトを作ると、多分自動的にビルドが走ると思います。走らなければトンカチボタン を押してビルドします。
  5. release_sakuraフォルダの中にsketch.binが出来上がります。

 補足:通常はrelease_sakuraでスケッチ作りをしますが、E1エミュレータを使ってGR-SAKURAを堪能したい場合はdebug_sakuraを使ってビルドします。きっと詳しい方が使うと思いますので、以降の説明は割愛しちゃいます。

 

Anonymous
Parents
  • たろうと申します。よろしくお願いします。

    コンパイラバージョンの件、どのような状況でしょうか。

    私も最新環境(e2studio(v6.0)、GCC for Renesas RX 4.8.4.201701)でビルド時に

    エラー(hidden symbol `___dso_handle' isn't defined)が出ました。

    (※ なお、使用しているのは SAKURA ではなく KAEDE ですが、こちらへ書かせていただきました。

    スケッチ環境も KAEDE のもの(kaede_sketch_V121.zip)を使用しています。)

    makefile の自動生成をやめ、makefile 内の絶対パスを自分の環境のものに置換したところビルドが通ったので、

    現在はその状態で使用しています。

    ただ、makefile の自動生成ができた方が便利なので、最新のスケッチ環境を出していただけると助かります。

Comment
  • たろうと申します。よろしくお願いします。

    コンパイラバージョンの件、どのような状況でしょうか。

    私も最新環境(e2studio(v6.0)、GCC for Renesas RX 4.8.4.201701)でビルド時に

    エラー(hidden symbol `___dso_handle' isn't defined)が出ました。

    (※ なお、使用しているのは SAKURA ではなく KAEDE ですが、こちらへ書かせていただきました。

    スケッチ環境も KAEDE のもの(kaede_sketch_V121.zip)を使用しています。)

    makefile の自動生成をやめ、makefile 内の絶対パスを自分の環境のものに置換したところビルドが通ったので、

    現在はその状態で使用しています。

    ただ、makefile の自動生成ができた方が便利なので、最新のスケッチ環境を出していただけると助かります。

Children
No Data