はじめてのKAEDE

このガイドはGR-KAEDEを初めて使用する方へ、LEDをチカチカ光らせるところまで説明したものです。

付録としてUSBを使った通信を試す方法も記載しています。

以下のようにGR-KAEDEとUSBケーブル(micro-Bタイプ)を準備してください。

※GR-SAKURAはmini-Bタイプで同じものは使えませんのでご注意ください!

注意:1stロットではUSBファームウェアが正しく動作しない問題を抱えています。本来ご購入時はUSBケーブルを接続するとLEDがチカチカ光りますが、光らない場合はこちらのUSBファームを書き込んでください

 

1.プログラム作りの開始

 プログラムを作るのは2通りの方法があります。今回は手軽に進められる①Webコンパイラで説明します。

 ①Webコンパイラで作る。(←今回はこれを使)

 ②e2studioで作る(Windowsのみ)。

 ③IDE for GRで作る(Windowsのみ)。

 がじぇっとるねさすサイトより、Webコンパイラにログイン、またはゲストログインしてください。

 Webコンパイラの基本的な使い方はWebコンパイラマニュアルで確認できます。

 

 

2.新規プロジェクトの作成

 以下のボタンから新規プロジェクトを作成します。

 ゲストログインの場合は初めから新規プロジェクト作成画面が表示されます。

 

 以下の画面で「GR-KAEDE_Sketch_V2xx.zip」(xxは任意のバージョン)を選択し、適当にプロジェクト名を付けてプロジェクト作成ボタンを押します。

 プロジェクト名には日本語は使用できませんので、注意してください。

 

3.スケッチの表示

 プログラムの作成画面に切り替わります。左ナビのエクスプローラーにある「gr_sketch.cpp」をダブルクリックするとプログラムが表示されます。

 これがGR-SAKURAを動かすプログラムになります。

 

 

4.ビルド

 この画面でプログラムを書いていくことになりますが、最初からKURUMIのLEDを光らせるサンプルプログラムが完成しています。

 左ナビの「ビルド実行」というボタンを押してください。

 

 

 以下の通り、ビルドの結果が表示されます。ビルドが成功して末尾にMake process completedと表示されると思います。

 閉じるボタンを押して、画面を閉じてください。

 

 

5.スケッチのダウンロード

 ビルドに成功すると「sketch.bin」というファイルが作成されます。

 このファイル名の上でコンテキストメニューを開き、「ダウンロード」を選択するとファイルがパソコン上にダウンロードされます。

 

 

6.つなげる

 GR-KAEDEをUSBケーブルでパソコンにつなげます。つなげた後、GR-KAEDEのRESETボタンを押します。

    

 

7.書き込む(ファイルをコピー)

 GR-KAEDEがUSBメモリとして認識されますので、そのフォルダーに5でダウンロードしたsketch.binをコピーします。

 KAEDEちゃんのLEDが流れるように光ってくれましたか?

 

 

 付録.USBシリアル通信

 Serialクラスを使って、GR-KAEDEとメッセージのやりとりをしてみましょう。Serialクラスについてはこちら

 Macの場合は、Applicationsにある標準のTerminalからscreen /dev/tty.usbmodem1.1 9600でいけます。usbmodem1.1の部分は異なる可能性ありますので、tty.でTabを押して探してください。 

 Windowsの場合、USBドライバ認識用としてinfファイルが必要になります。Webコンパイラのプロジェクトフォルダー「USB_Driver」にあるinfファイルをプラグ&プレイで指定してください。

 また、通信結果の表示用にはTeratermがお勧めですので、ダウンロードしてインストールしてください。

 (Windows用のUSBドライバ認識用infファイル)

 

 ●helloを500ms間隔で表示するプログラムテストプログラム 

----------------------------------------

void setup()
{
    Serial.begin(9600);
}

void loop()
{
    Serial.println("Hello");
    delay(500);
}

-----------------------------------------

 ●実行結果

  (Window) 

  (Mac)