GR-CITRUSでスケッチ(仮)

がじぇるね岡宮です。

このガイドはGR-CITRUSでArduinoライクなスケッチ(プログラム)を行う方法です。

※この記事はGR-CITRUSのプロデューサーミーティング用に記載しています。正式にはプロデューサーミーティング終了後、gadget.renesas.comにて公開します。

 

以下の2つが必要になります。

・GR-CITRUS

・USBケーブル(マイクロBタイプ)

 

1.プログラム作りの開始

 ここではWebコンパイラで説明します。 

 がじぇっとるねさすサイトより、Webコンパイラにログイン、またはゲストログインしてください。

 Webコンパイラの基本的な使い方はWebコンパイラマニュアルで確認できます。

 

 

2.新規プロジェクトの作成

 以下のボタンから新規プロジェクトを作成します。

 ゲストログインの場合は初めから新規プロジェクト作成画面が表示されます。

 

 以下の画面で「GR-CITRUS_Sketch_xxx.zip」(xxは任意のバージョン)を選択し、適当にプロジェクト名を付けてプロジェクト作成ボタンを押します。

 プロジェクト名には日本語は使用できませんので、注意してください。

 

 

3.スケッチの表示

 プログラムの作成画面に切り替わります。左ナビのエクスプローラーにある「gr_sketch.cpp」をダブルクリックするとプログラムが表示されます。

 これがGR-CITRUSを動かすプログラムになります。

 

 

4.ビルド

 この画面でプログラムを書いていくことになりますが、CITRUSのLEDを光らせるサンプルプログラムが完成しています。

 右ナビの「ビルド実行」というボタンを押してください。

 

 

 以下の通り、ビルドの結果が表示されます。ビルドが成功して末尾にMake process completedと表示されると思います。

 閉じるボタンを押して、画面を閉じてください。

 

 

5.スケッチのダウンロード

 ビルドに成功すると「citrus_sketch.bin」というファイルが作成されます。

 このファイル名の上でコンテキストメニューを開き、「ダウンロード」を選択するとファイルがパソコン上にダウンロードされます。

 

 

6.つなげる

 GR-CITRUSをUSBケーブルでパソコンにつなげぎ、RESETボタンを押します。

  

 

7.書き込む(ファイルをコピー)

 GR-CITRUSがUSBメモリとして認識されますので、そのフォルダーに5でダウンロードしたcitrus_sketch.binをコピーします。

 CITRUSのLEDが点滅します。