GR-ADZUKIでスケッチ(仮)

このガイドはGR-ADZUKIでArduinoライクなスケッチ(プログラム)を行う方法です。

※この記事はGR-ADZUKIのプロデューサーミーティング用に記載しています。正式にはプロデューサーミーティング終了後、gadget.renesas.comにて公開します。

 

以下の2つが必要になります。

・GR-ADZUKI

・USBケーブル(マイクロBタイプ)

  

  

1.プログラム作りの開始

 ここではWebコンパイラで説明します。 

 がじぇっとるねさすサイトより、Webコンパイラにログイン、またはゲストログインしてください。

 Webコンパイラの基本的な使い方はWebコンパイラマニュアルで確認できます。

 

 

2.新規プロジェクトの作成

 以下のボタンから新規プロジェクトを作成します。

 ゲストログインの場合は初めから新規プロジェクト作成画面が表示されます。

 

 以下の画面で「GR-ADZUKI_Sketch_xxx.zip」(xxxは任意のバージョン)を選択し、適当にプロジェクト名を付けてプロジェクト作成ボタンを押します。

 プロジェクト名には日本語は使用できませんので、注意してください。

 

 

3.スケッチの表示

 プログラムの作成画面に切り替わります。左ナビのエクスプローラーにある「gr_sketch.cpp」をダブルクリックするとプログラムが表示されます。

これがGR-ADZUKIを動かすプログラムになります。(画面はGR-KURUMIのものになっていますが操作は同じです。)

 

 

4.ビルド

 この画面でプログラムを書いていくことになりますが、最初からGR-ADZUKIのLEDを光らせるサンプルプログラムが完成しています。

 右ナビの「ビルド実行」というボタンを押してください。「コンパイルに成功しました」と出れば成功です。

 

 以下の通り、ビルドの結果が表示されます。ビルドが成功して末尾にMake process completedと表示されると思います。

 閉じるボタンを押して、画面を閉じてください。

 

 

5.スケッチのダウンロード

 ビルドに成功すると「adzuki_sketch.bin」というファイルが作成されます。

 このファイル名の上でコンテキストメニューを開き、「ダウンロード」を選択するとファイルがパソコン上にダウンロードされます。

 (手順10で使用します)

 

 

6.Kurumi Writerのダウンロード

 次にKurumi Writerをダウンロードします。「gr_writer」というフォルダーをダブルクリックするとファイルが表示されます。

 その中にある「KurumiWriter_***.zip」をダウンロードしてください。(*_WinはWindows用、*_MacはMac用)

 ダウンロードしたzipファイルを解凍してください。(手順10から使用します)

 

 

7.FTDI用USBドライバー

 次にFTDI社のページからUSBドライバー(VCP driver)をパソコンに合わせてダウンロードしてください。

 ダウンロードしたzipファイルを解凍してください(手順8で使用します)。

 http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm

 

 

8.つなげる

 GR-ADZUKIの2つのスライドスイッチを以下のように設定します。一方は「OFF(USB)」、もう一方は「Sketch」です。

 その後にGR-ADZUKIを、USBケーブルでパソコンにつなげます。つなげた後、パソコンに手順7でダウンロードしたUSBドライバーを認識させます。Macの場合はドライバー認識は不要です。多分Windows10も不要です。

筆者はWindows7ですが、プラグ&プレイ時に手動でフォルダー「CDM 2.08.28 WHQL Certified」(サブフォルダ含むをチェック)を指定したら正常に認識されました。

 

 

9.Kurumi Writerの起動 

 手順6でダウンロードしたKurumi Writerを実行してください。

    

 

10.Kurumi Writer設定

 以下の項目を設定します。

 Serial Port: USB Serial Port(COM **)  (**の部分は数値です。)

 Baud Rate: 500,000 bps  (112,500 bpsでもOKです。)

 File: 手順5でダウンロードしたadzuki_sketch.binを指定(画像ではcottonになっています)

 

 

11.書き込み

 [Write]ボタンを押してください。GR-ADZUKIにプログラムが書き込まれます。

 書き込みが終了すると、GR-ADZUKIが光りだします。ADZUKIを振ってみてください。ハートが見えませんか!?

    

 

 また、Kurumi Writerのシリアルモニター(Serial Monitor)をオープンすると温度と明るさが表示されます。

 温度は℃ですが、明るさは相対的な値です。CdSに手をかざすと値が小さくなります。 

 

 以上がWebコンパイラでスケッチを行う手順です。