GR-KURUMI 消費電流レポート

GR-KURUMIの消費電流レポートです。本測定はライブラリが少し古いときに実施したものですのでご了承ください。いずれまた測ります。

所感として、電池一本を想定した1.5Vで結構電流が流れます。STOPモードのdelayである程度抑えられますが、NORMALで常時動作のアプリではアルカリ電池でも100時間くらいで電池がへたりそうです。

ながーく動作させるためには、昇圧ICをOFF(JP8)にして、電池2本(3.0~3.2V程度)でVCCから入力した動作にした方がいいです。

なお、delay(ms)はミリ秒を引数として動作させた場合で、このときは1msごとに起きては寝てを繰り返しているため0xFFFFFFFF指定時(Interrupt待ち時)よりも少し電流が多目になります。仮にきちんと寝る仕様にすると、0xFFFがコンペアマッチの最大値になり、分解能100msでもう少し電流は抑えられるのですがそこまでの改善が得られないことと、実装の簡単化を加味して適用していません。

<条件>

GR-KURUMI V1, RLduino78ライブラリ E0.93, GNU RL78 V13.01

電源LEDはOFF(P1をカット)、レギュレータ出力段のプルダウン抵抗はそのまま(定常的に約5uA流れる)。ちなみにレギュレータは0入力でも19uA電流を消費する。

OperationClockMode PowerManagementMode Power Supply Current Comment
CLK_HIGH_SPEED_MODE PM_NORMAL_MODE VCC=3.3V 5.8mA Measured in loop
RAW=3.3V 6.5mA Measured in loop
RAW=1.5V 15mA Measured in loop
PM_HALT_MODE VCC=3.3V 930uA Measured in delay(ms)
910uA Measured in delay(0xFFFFFFFF)
RAW=1.5V 2030uA Measured in delay(ms)
1990uA Measured in delay(0xFFFFFFFF)
PM_STOP_MODE VCC=3.3V 65uA Measured in delay(ms)
26uA Measured in delay(0xFFFFFFFF)
RAW=1.5V 122uA Measured in delay(ms)
105uA Measured in delay(0xFFFFFFFF)
PM_SNOOZE_MODE VCC=3.3V 48uA Measured in analogRead(pin)
RAW=1.5V 118uA Measured in analogRead(pin)
CLK_LOW_SPEED_MODE PM_NORMAL_MODE VCC=3.3V 32uA Measured in loop
RAW=3.3V 48uA Measured in loop
RAW=1.5V 118uA Measured in loop
PM_HALT_MODE VCC=3.3V 30uA Measured in delay(ms)
26uA Measured in delay(0xFFFFFFFF)
RAW=1.5V 120uA Measured in delay(ms)
120uA Measured in delay(0xFFFFFFFF)
PM_STOP_MODE VCC=3.3V - Measured in delay(ms)
- Measured in delay(0xFFFFFFFF)
RAW=1.5V - Measured in delay(ms)
- Measured in delay(0xFFFFFFFF)
PM_SNOOZE_MODE VCC=3.3V 測定中 Measured in delay(0xFFFFFFFF)
RAW=1.5V 測定中 Measured in delay(0xFFFFFFFF)

測定の補足:

以下の写真に示すような環境で行っています。

KURUMIに直にクリップして測定しています。uAオーダーになると接触抵抗でも測定結果が結構変わってくることが分かりましたが、最終的に以下の感じで落ち着きました。