統合開発環境っぽいのを作ってみました。(1.5.5版)

2013/02/15 1.5.5版にVersionアップしました。

KURUMI利用者のためにWebコンパイラの修正に対応しました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/02/4 1.5.4版にVersionアップしました。

KURUMI利用者の書き込み機能が上手く利用できない現象を修正しました。(お試し機能の不具合対応)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/30 1.5.2版にVersionアップしました。

今回は、ご要望があったシリアルの送信機能を付与しました。

USBのOn/Offを繰り返していると致命的エラーでアプリが落ちる現象を対応しました。(リリースミスしました。すみません。)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/27 1.5.0版にVersionアップしました。

今回の目玉は、バックアップ機能です。

指定プロジェクト一式をWebコンパイラ側からダウンロードして、zip圧縮します。圧縮ファイルは、Webコンパイラ側のインポート機能で読み込むことが可能です。

プロジェクト(P)→メンテナンス(M)で下記画面からできます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/20 1.3.0版にVersionアップしました。

基本は、エディタの右クリック操作を可能にました。ショートカットキーを覚えなくても右クリックで操作できます。

Ver.1.2.3からの変更点

・デバッグ出力のウィンドウレイアウトを選択できるように拡張(Windows8タブレット対応)
・エディタで右クリックによるメニュー操作の機能追加。
・RL用の隠し機能追加。
・書き込みを連打した場合に、例外が発生する不具合対応。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/17 1.2.3版にVersionアップしました。

Ver.1.2.2からの変更点

アプリのアイコンが表示されるように修正。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/15 1.2.2版にVersionアップしました。

機能追加はありません。気になった問題の対応だけです。

Ver.1.2.1からの主な変更点

・ビルドエラー箇所のJUMPがローカルにファイル取得してないとできない問題の対応。
・ローカル保存のボタンが大きすぎるのである程度制限。
・ポートマップ画面の初期表示位置を中央に変更。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/14 1.2.1版にVersionアップしました。

基本は、不具合の対応と、ビルドエラー時のマーカー+JUMP機能を実装しました。

Ver.1.2.0からの主な変更点

・自動シリアル接続で例外が発生する問題対応
・ビルドエラー、警告のハイライト表示とエラー箇所JUMP機能を追加
・シリアル、出力の画面でテキストコピーができない不具合を修正
・行番号移動、検索移動で、行カーソルを移動しない不具合を修正
・メニューの転送のみが動作しない不具合を修正

※下記は、ビルドエラー時のマーカーの様子です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/12 1.2.0版にVersionアップしました。

Ver.1.1.1からの主な変更点

・自動シリアル接続機能追加

・実行ファイルの任意フォルダ保存

・行ジャンプ機能追加

・ポートマップ表示表現修正

・ショートカットキーの整理

・設定値の保持をレジストリ→XMLファイルに全て移行(今後はVersionアップでも設定を引き継ぐ)

★一番のうりは、GR-SAKURAの仮想シリアル接続を自動認識し、デバッグ出力を本環境で確認できます。(USBシリアル利用する場合)

私の場合、いままでTeraTermを接続の都度、再接続しなおして作業していたので面倒ですが、これは自動的に再接続するのでリセットの必要が無いんです。

★インストール方法

いままでと同じようにインストーラはありません。任意フォルダに配置してください。

旧Versionがある場合、そのまま上書きで問題ありません。

★注意点

Windows8でも動作確認していますが、Windows8の場合下記のようなメッセージが表示される場合があるようです。

その場合、詳細情報を撰んで、アプリケーションを起動してください。(初回1回だけ表示されます。) 

問題を起こすつもりはありませんが、Windows8の場合、署名されてないアプリケーションは警告されます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/06 1.1.1版にVersionアップしました。

Ver.1.0からの主な変更点

・検索機能(置換)
・ショートカット機能
・ポートマップ表示挿入機能
・外部エディタ起動

★補足説明1 Versionアップについて

・同じフォルダ上に上書きしてください。

・設定は、引き継がれません。もう一度ApiKeyは入力してください。

★補足説明2 外部エディタ起動について

※外部エディタを起動することができるようにしましたが、設定UIがありません。設定ファイルに記述することで起動できるようになります。

AplConfig.xml ファイルが、アプリ起動すると作成されます。 CustomEditerの部分に起動したいエディタ名を記述すると起動するようになります。

(下記の例は、Hidemaruを指定した場合)

<?xml version="1.0"?>
<ApplicationConfig xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
<SearchKeyWord />
<ReplaceWord />

<CustomEditer>C:\Program Files\Hidemaru\Hidemaru.exe</CustomEditer>

</ApplicationConfig>

★補足説明3 ポートマップについて

Helpのメニューから、これを表示することができます。(倉内さんに感謝)

そして、編集中に、このポートをクリックすると、以下のような端子の出力ポートの記述がソースに追記されます。

(IO0をクリックした場合)

// IO0番 出力ポート定義(クリック自動挿入コード)
pinMode( PIN_P21, OUTPUT);

ポート名とか、結構記述するの大変なので入れてみました。

※setup関数内での利用を想定。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Web APIを使ってWindows用の統合開発環境っぽいのをつくってみました。

試しに使ってみよう!というかたいれば、ダウンロードしてください。

Web APIでできないこと(ファイル追加等)がありますので、基本的には、Webコンパイラで新規で作ったプロジェクトを本環境でメンテナンスできます。

★インストール方法

・すみませんが、Windows専用です。

・.Netの4.0をインストールしてください。

 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=17851

★実行方法

・GrSakuraProject.exeをクリックしてください。

★プログラムへの転送方法

・プロジェクトツリーの下にある、デカイOKを押下すると、編集ファイルの保存+ビルド+GR-SAKURAへの転送まで一括して実施します。

※繰り返し実施する場合には便利だと思い作りました。

★Windows8にも対応(といっても、なにもしてませんが・・・)

動作することの確認ができました。

GrSakuraProject_1.5.5.zip
  • おお!対応してもらえそうでうれしいです!  気長にまってますのでよろしくお願いいたします!!

  • 1.2.0版を使っていただけている方へ

    シリアルケーブルの抜き差しを繰り返すと、例外でアプリが落ちる問題が発覚しました。

    申し訳ありませんが、しばらくの間は「設定」→「自動シリアル接続」のチェックをOFFの状態でお使いください。

    ※うん・・・・いまは、解決方がみつからない・・・

  • 対応ありがとうございます。

    1.21をいま試してみました。

    どうやって手元にダウンロードするのかとおもったら

    binをクリックすると、デッカイ転送ボタンが!!\(^o^)/

    なるほど、ありがとうございます!!

    AplConfigが結構ふえてますね。

    これでバージョンアップ時にAPIキーを再設定しなくてすみそうです。

  • 試してみました。

    任意場所へのダウンロード、うまく機能しているみたいですね。

    ありがとうございます。

    で、試しに、エラー箇所へのジャンプ、試してみました。

    試したのはADKのプロジェクトなんですが、gr_sketch.cpp内であれば

    ちゃんとジャンプできますね。

    が、問題が他のファイルの場合はジャンプできないみたいなかんじです。

    AndroidAccessory.cppの中にはworningもerrorもジャンプできません。

    あれ?、なにかの拍子に、ジャンプできるようになってしまいました。

    う~ん。

    いけないときには、

    ファイルがみつからないみたいな

    メッセージだったけど。

    とりあえず、うまくは動いているみたいですけど

    ちょっとジャンプは不可解挙動らしきものがあるようです。

    とりいそぎ、ご報告。

  • ご指摘ありがとうございます。

    対応した1.2.2をご利用ください。

    本現象は、ローカルにファイルが未取得の場合に発生します。Jumpする際にもファイルを取得するように修正しました。あと、ボタンも見栄えが悪いので小さくしました。(笑)

  • carcon999さま

    え~、うまくうごくようです!!

    ありがとうございます。

    あとはプログラムアイコンくらいかな。

    各フォームにはSAKURAの写真がつかわれているので、こいつをそのまま

    登録してもらえば、なおうれしかったり。

    現状はぼくmのSakuraの写真からつくったアイコンを登録してますけど

    オリジナルがあるならそのほうがいいし。

    とにかく、ありがとうございます!!

  • carcon999さま

    我が儘きいていただき、ありがとうございます。

    アイコンきちんとみえてます。

    ありがとうございました!!

  • RL78でも同じ様に開発できますね!

  • RL78用の機能も1.3.0にお試しで入れてみました。

    RL用になるので、それはそちらで使い方を書いてみます。(簡易的なものです。)

  • 勝手な妄想ですが、...

    ローカルのフォルダーがAplConfigあたりで指定できるようになって、プロジェクトのファイルが全部一括ダウンロード

    されるようになったら、

    PCローカルでバックアップが簡単にできるようになるし、

    バージョン管理もローカルファイルのほうと連携してできるようになるし、

    Dropboxとかでファイルの共有もできるようになるかなぁ。

  • そうですよね。バックアップしたいですよね。

    今考え中・・・・・・UIどうしようかな・・・・・

  • Ver1.5.0をリリースしました。

    バックアップ機能で、zipファイルができるようにしましたので、ご利用ください。

    私のプロジェクトでは、問題なくWebコンパイラにインポートできましたが、Webコンパイラ側のプロジェクトを削除する場合には、注意してご利用ください。

    ※自己責任でおねがいします。

  • プロジェクトダウンロード、あとで試してみます。

    これとは別に、シリアルの画面で、

    キー入力ができませんかね。

    Serialのキー入力待ち設定をしているサンプルだと、なんにもできなく

    なっちゃうので。

  • メンテナンスの「取得」  いいですね!!

  • ありがとうございます。シリアル入力は現在テスト中です。もうしばらくお待ちください。