2013/02/15 1.5.5版にVersionアップしました。

KURUMI利用者のためにWebコンパイラの修正に対応しました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/02/4 1.5.4版にVersionアップしました。

KURUMI利用者の書き込み機能が上手く利用できない現象を修正しました。(お試し機能の不具合対応)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/30 1.5.2版にVersionアップしました。

今回は、ご要望があったシリアルの送信機能を付与しました。

USBのOn/Offを繰り返していると致命的エラーでアプリが落ちる現象を対応しました。(リリースミスしました。すみません。)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/27 1.5.0版にVersionアップしました。

今回の目玉は、バックアップ機能です。

指定プロジェクト一式をWebコンパイラ側からダウンロードして、zip圧縮します。圧縮ファイルは、Webコンパイラ側のインポート機能で読み込むことが可能です。

プロジェクト(P)→メンテナンス(M)で下記画面からできます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/20 1.3.0版にVersionアップしました。

基本は、エディタの右クリック操作を可能にました。ショートカットキーを覚えなくても右クリックで操作できます。

Ver.1.2.3からの変更点

・デバッグ出力のウィンドウレイアウトを選択できるように拡張(Windows8タブレット対応)
・エディタで右クリックによるメニュー操作の機能追加。
・RL用の隠し機能追加。
・書き込みを連打した場合に、例外が発生する不具合対応。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/17 1.2.3版にVersionアップしました。

Ver.1.2.2からの変更点

アプリのアイコンが表示されるように修正。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/15 1.2.2版にVersionアップしました。

機能追加はありません。気になった問題の対応だけです。

Ver.1.2.1からの主な変更点

・ビルドエラー箇所のJUMPがローカルにファイル取得してないとできない問題の対応。
・ローカル保存のボタンが大きすぎるのである程度制限。
・ポートマップ画面の初期表示位置を中央に変更。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/14 1.2.1版にVersionアップしました。

基本は、不具合の対応と、ビルドエラー時のマーカー+JUMP機能を実装しました。

Ver.1.2.0からの主な変更点

・自動シリアル接続で例外が発生する問題対応
・ビルドエラー、警告のハイライト表示とエラー箇所JUMP機能を追加
・シリアル、出力の画面でテキストコピーができない不具合を修正
・行番号移動、検索移動で、行カーソルを移動しない不具合を修正
・メニューの転送のみが動作しない不具合を修正

※下記は、ビルドエラー時のマーカーの様子です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/12 1.2.0版にVersionアップしました。

Ver.1.1.1からの主な変更点

・自動シリアル接続機能追加

・実行ファイルの任意フォルダ保存

・行ジャンプ機能追加

・ポートマップ表示表現修正

・ショートカットキーの整理

・設定値の保持をレジストリ→XMLファイルに全て移行(今後はVersionアップでも設定を引き継ぐ)

★一番のうりは、GR-SAKURAの仮想シリアル接続を自動認識し、デバッグ出力を本環境で確認できます。(USBシリアル利用する場合)

私の場合、いままでTeraTermを接続の都度、再接続しなおして作業していたので面倒ですが、これは自動的に再接続するのでリセットの必要が無いんです。

★インストール方法

いままでと同じようにインストーラはありません。任意フォルダに配置してください。

旧Versionがある場合、そのまま上書きで問題ありません。

★注意点

Windows8でも動作確認していますが、Windows8の場合下記のようなメッセージが表示される場合があるようです。

その場合、詳細情報を撰んで、アプリケーションを起動してください。(初回1回だけ表示されます。) 

問題を起こすつもりはありませんが、Windows8の場合、署名されてないアプリケーションは警告されます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013/01/06 1.1.1版にVersionアップしました。

Ver.1.0からの主な変更点

・検索機能(置換)
・ショートカット機能
・ポートマップ表示挿入機能
・外部エディタ起動

★補足説明1 Versionアップについて

・同じフォルダ上に上書きしてください。

・設定は、引き継がれません。もう一度ApiKeyは入力してください。

★補足説明2 外部エディタ起動について

※外部エディタを起動することができるようにしましたが、設定UIがありません。設定ファイルに記述することで起動できるようになります。

AplConfig.xml ファイルが、アプリ起動すると作成されます。 CustomEditerの部分に起動したいエディタ名を記述すると起動するようになります。

(下記の例は、Hidemaruを指定した場合)

<?xml version="1.0"?>
<ApplicationConfig xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
<SearchKeyWord />
<ReplaceWord />

<CustomEditer>C:\Program Files\Hidemaru\Hidemaru.exe</CustomEditer>

</ApplicationConfig>

★補足説明3 ポートマップについて

Helpのメニューから、これを表示することができます。(倉内さんに感謝)

そして、編集中に、このポートをクリックすると、以下のような端子の出力ポートの記述がソースに追記されます。

(IO0をクリックした場合)

// IO0番 出力ポート定義(クリック自動挿入コード)
pinMode( PIN_P21, OUTPUT);

ポート名とか、結構記述するの大変なので入れてみました。

※setup関数内での利用を想定。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Web APIを使ってWindows用の統合開発環境っぽいのをつくってみました。

試しに使ってみよう!というかたいれば、ダウンロードしてください。

Web APIでできないこと(ファイル追加等)がありますので、基本的には、Webコンパイラで新規で作ったプロジェクトを本環境でメンテナンスできます。

★インストール方法

・すみませんが、Windows専用です。

・.Netの4.0をインストールしてください。

 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=17851

★実行方法

・GrSakuraProject.exeをクリックしてください。

★プログラムへの転送方法

・プロジェクトツリーの下にある、デカイOKを押下すると、編集ファイルの保存+ビルド+GR-SAKURAへの転送まで一括して実施します。

※繰り返し実施する場合には便利だと思い作りました。

★Windows8にも対応(といっても、なにもしてませんが・・・)

動作することの確認ができました。

GrSakuraProject_1.5.5.zip
Anonymous
  • おお!そうでしたか、Zipダウンロードできるようになるといいですよね。

    ブラウザから、Zipダウンロードできるのであれば、WebAPIなくても大丈夫です。(きっと・・・)

    あと、簡単にできるかわかりませんが、作業用の中間ファイルをすべて消す操作とかできると、容量を少しかせげたりしませんかね?

     →容量を増やすのではなく、使う量を減らす作戦。

    みんな、Webにおいておきたいのは結局ソースだけだから・・・

    そんな私も、90Mでやりくりしてます。(笑) 一度整理したはずなのに~

  • 悲しいですねぇ。。最新のソースが見つかること、切に願っています。プロジェクトのzipダウンロード/アップロードは来月中にはしたいと考えています。ようやく算段つきました。90MB越の方から大ブーイングだったもので・・・。ただ、これをAPI化するのはちょっと考え中です。

  • Web APIが大幅に変更されてパワーアップしたら、このアプリのお役目は果たせたということでご了承ください。(-_-;)

    私的には、zipファイルの自動アップダウンロダーを作りたいけど、WEBapiが無いのですよね~ →okmさん(>_

  • > じ・つ・は・・・・・ソースコードを消失してしまいました。(涙)

     (;_;)うわぁ。悲しいです。

     気を取り直して、前を向いていきましょう。

     Web側の仕様変更か何かで、このGrSakuraProject.exeが使えなくなるまで、使い倒したいと思います。

     よろしくお願いします。

  • たろサさんご利用ありがとうございます。

    使っていただけることを光栄に思います。

    ご要望を普通なら受け入れるところなのですが・・・・

    とうとうこの日が来ちゃいましたか・・・

    みなさんに打ち明けねばならぬときが・・・

    じ・つ・は・・・・・ソースコードを消失してしまいました。(涙)

    言い訳ですが、バックアップが上手く取れてなくて・・・

    いろんな場所をサルベージして、初期リリースのソースは見つけられましたが、最新のコードがなくメンテできないんですーーーーー。

    すみません。

    自分でも酷いなーと思いながら、新ことを生み出さないコードを作るのも、気分がのらず・・・(>_

  • carcon 999さん、こんにちは。

    KURUMIのプログラム開発に、いつも使わせてもらっています。

    ヘルプのところで、下記のGR-KURUMI_PinMap5.jpgが表示されれば、とても嬉しいのですが、ヘルプに表示できるようになりませんでしょうか。

    tool-cloud.renesas.com/.../GR-KURUMI_PinMap5.jpg

    GR-KURUMI_PinMap5.jpgは、すごく分かりやすいです。

     よろしくお願いします。

  • Hello Juergen.

    I am sorry. Japanese only. There is no plan for the English version.

    This application requires the. Net framework 4.0. It requires the Windows XP SP3. I think that it does not work with SP2.

  • Is it planned to have an English version for this? (I tried to run the Japanese version on my Windows XP, SP2, but it doesn't work correctly, even not with the latest .NET installation. I guess, it expects a Japanese OS)

  •  最新版のE0.81でKURUMIに書き込めることを確認しました。

     対応ありがとうございます。

  • 操作マニュアルがないですしね。とりあえず、ドキュメント書くパワーが今はないので質問対応と言うことで.(^_^)

  • 不便と言いますか、ダウンロード先がキャッシュに保存される事が判った今はもう何も問題は無いのですが、それに気付かなかった時は、何度もプログラムを更新している筈なのに動作が変わらずに悩みました。

  • 各プロジェクトのフォルダができていますが、このフォルダはバックアップフォルダーの意識はなく、作業用のキャッシュ的な位置づけのものと考えてください。

    処理としては、一度ローカルに取得(上記のフォルダにコピー)してから、そのファイルを指定されたパスにもコピーします。

    ※確かに昔はダウンロードしていませんでした。不便な感じですか?

  • sketch.binのダウンロード先を指定しても、バックアップフォルダーにダウンロードしている様な気がする。

  • ダメ押しですが、...

    バックアップ機能、ほんとにありがたいです。

    おかげさまで、ようやく安心してプロジェクトが消せるので「ファイル容量制限」の呪縛から解放されます。

    蛇足:

    ここまで来たら、APIを充実させてもらって、プロジェクトやファイルの追加、削除もできるようになるといいなぁ。

    Webコンパイラーもブラウザー側からやっているんだから、仕様公開の問題だけ、みたいな気もするんですが、...

  • コメントありがとうございます。励みになります。

    私も90%警告が毎回表示されるので、早く整理しなきゃ!