やっちゃうんですね(やっちゃったんですね、かな)

こんにちは。NoMaYです。

32ビットマイコンの新ファミリ、Arm Cortex-M搭載「RAファミリ」を発表、次世代IoT機器に求められる性能、セキュリティ、周辺機能の最適解を追求
~フレキシブル・ソフトウェア・パッケージとArmエコシステムが、開発スピードを加速~
www.renesas.com/jp/ja/about/press-center/news/2019/news20191008.html
 

  • こんにちは。NoMaYです。#ひさびさにContent Under Reviewをやらかしてしまいました。すみません。

    おおっ、そうでしたか。探してみました。これですね。RXとSynergyも探してみました。

    marutsu検索: Renesas RA6
    www.marutsu.co.jp/GoodsListNavi.jsp?path=&q=Renesas+RA6

    marutsu検索: Renesas RX
    www.marutsu.co.jp/GoodsListNavi.jsp?path=&q=Renesas+RX

    marutsu検索: Renesas Synergy
    www.marutsu.co.jp/GoodsListNavi.jsp?path=&q=Renesas+Synergy
     

  • こんにちは。NoMaYです。#ひさびさにContent Under Reviewをやらかしてしまいました。すみません。

    > おおっ、そうでしたか。探してみました。これですね。RXとSynergyも探してみました。

    この際ですので、競合メーカーの商品のSTM32も探してみました。

    marutsu検索: ST STM32
    www.marutsu.co.jp/GoodsListNavi.jsp?path=&q=ST+STM32
     

  • こんにちは。尭です。

     

    Renesasさんは日本企業のためかマルツさんが安いのですが、STさんは外国企業のためかDigiKeyさんの方が安いです。

    STM32シリーズと価格勝負は流石に厳しいように見えます。RAシリーズは価格以外で訴求する必要があるのではないでしょうか。

    物は優秀なんですけどね。

    CpuCore DMIPS/MHz CoreMark/MHz
    RXv1 1.56 3.12
    RXv2 2 4.55
    RXv3 - 5.82
         
    Cortex-M0+ 0.95 2.46
    Cortex-M23 0.98 2.64
    Cortex-M4 1.25 3.42
    Cortex-M33 1.5 4.02
    Cortex-M7 2.14 5.01

    ソース
     www.renesas.com/.../rx-features.html
     developer.arm.com/.../cortex-m23
     pc.watch.impress.co.jp/.../1028954.html
     https://www.eembc.org/

  • 同じRXv1でも、RX100,200シリーズと600シリーズで命令キューのサイズが違うので同等の性能が出るとも限らず、ベンチマークの結果は使用したコンパイラの最適化の性能にもよるのでこの手の数字は参考程度に捉えておくのが良さそうです。
    news.mynavi.jp/.../
    > RX200は1.56DMIPS/MHzで、RX600の1.65DMIPS/MHzと遜色ないレベル

    あるいは、メーカーさんには世代を通して性能の違いをアピールされるのであれば
    www.renesas.com/.../rx-features.html
    性能を測定する条件は一律にした上で明らかにしていただきたいですね。
    この例がそうかはわかりませんが、古い製品については当時のコンパイラが使用された古いデータを転載して実質コンパイラのベンチマークになってる例は散見されます。

  • 尭です。

    鵜呑みにする数字ではないと思いますし、コンパイラのベンチマークになっているという指摘はもっともだと思います。しかし処理効率の傾向としては参考になるのではないでしょうか。

    個人的に
    ・Cortex-M0+/M23とRX100は競合するが処理効率はRX100の方が高い
    ・Cortex-M7はM4比でかなりテコ入れされている
    あたりはほぼ確実ではないかと感じます。

    RXv2およびRXv3はマニュアルからパイプラインの項が削除されていたりして詳細がよく判らないのですがどこかに技術資料があるのでしょうかね。
    RXv2発表時の資料を見ても「整数演算と浮動小数点演算を同時に実行できるようにパイプラインを改良した」程度の情報しか見つかりませんし。
  • > ・Cortex-M0+/M23とRX100は競合するが処理効率はRX100の方が高い

    RX100 シリーズの製品は何れも動作周波数の上限が 32MHz であり、今回発表された RA シリーズのなかの Cortex-M23コアを採用した RA2A1グループは 48 MHz 動作だそうで、処理能力的に差がつかない程度の仕様にしている気がします。
  • > REマイコンって何でしたっけ?

    正体は不明ですが、ちょっくぐぐると先月末に公開されたらしい『Renesas Flash Programmer V3.06.01 リリースノート』にもREファミリへの言及がありますね。

    www.renesas.com/.../r20ut4621jj0100-rfprn.pdf
    > No.21 RA,RE ファミリ対応
    > 【対象マイコン】RA,RE
    > 【内 容】RA および RE ファミリに対応しました。

  • こんにちは。NoMaYです。

    ウェブで調べ物をしていて気付いたのですが、新光商事さんの決算説明会の資料に登場していましたね。

    新光商事株式会社 2020年3月期 第2四半期決算説明会 資料
    www.shinko-sj.co.jp/pdf/ir/20191108_IR.pdf
    画面コピー



    [追記]

    ちなみに、あくまで推測ですけど、上の画面コピーの中身は、ルネサスさんの営業部隊が作成/提供した資料をコピペして作ったんではないかな、という気がします。だから、RAファミリの円グラフの中に、マイコンなど作っていない新光商事さんなのに「当社」とか「他社」とかの文字があるのだろう、と思います。なので、もしかすると、円グラフの割合は実際の市場シェアデータに基づいている、のかも知れない、とも推測出来そうです。ただし、「始めてMCU」なんてカテゴリがあるので、多少は弄っている、とも思いますが、、、

    あと、製品ポジショニング(定義)の図で、Renesas RXのプラットフォーム(上側のピンク色の枠)といったら、RXスマートコンフィグレータ(FIT+CG+Amazon FreeRTOS)でしょ!!、と思ったりとか思わなかったりとか、、、(「弊社特約店/パートナー企業によるプラットフォームソリューション提供」というのは、下側のピンク色の枠に書くことなのでは??、と思ったりとか思わなかったりとか、、、)

  • こんにちは。NoMaYです。

    ウェブで調べ物をしていて気付いたのですが、RAファミリにBluetooth搭載品があったのですね。(文面が微妙ですが、プロトコルスタックはFreeRTOS上に構築されているのかな?プロトコルスタックもGCC対応?) あと、次のBluetooth搭載品はREファミリですかね。

    RA4W1グループ パンフレット
    www.renesas.com/jp/ja/doc/products/mpumcu/doc/ra/001/r01pm0076jj0100-ra4w1.pdf

    Renesas RA4W1グループは、電力効率の高いRA4シリーズの製品で、RAファミリでは初めてBluetooth® 5.0 Low Energyに対応しています。Bluetooth 5.0 Low Energy、Arm® Cortex®-M4コアに加えて、IoT機器に不可欠なセキュリティ機能、タッチキー、USB、CANなどの豊富な周辺機能を内蔵しており、システムの省電力化、低コスト化に貢献します。またFreeRTOSをベースとして採用したFlexible Software Package (FSP) をソースコードで提供しており、用途に応じて自由に使用することが可能です。


    RA4W1製品ページ
    48MHz Arm® Cortex®-M4 + Bluetooth® 5.0 Low Energy
    www.renesas.com/jp/ja/products/microcontrollers-microprocessors/ra/ra4/ra4w1.html

    [関連リンク]

    RX23WのBluetoothプロトコルスタックはFreeRTOS上に構築されているのでは無さそうですね。(検索してもFreeRTOSの文字列がヒットしないので。) GCCにも未対応っぽい?

    RXファミリ用 Bluetooth® Low Energyプロトコルスタック
    www.renesas.com/jp/ja/products/software-tools/software-os-middleware-driver/protocol-stack/ble-protocol-stack-rx.html

    Bluetooth® Low Energyプロトコルスタック基本パッケージ ユーザーズマニュアル Rev.1.01 2020.1
    ルネサスマイクロコンピュータ RXファミリ/RX200シリーズ/RX23Wグループ
    www.renesas.com/jp/ja/search/keyword-search.html#genre=document&q=r01uw0205
    r01uw0205jj0101-23wum.pdf

    RX23W製品ページ
    IoTエンドポイント機器 に向けて、Bluetooth® 5を搭載し、システム制御と無線通信を1チップで実現した32ビットマイコン
    www.renesas.com/jp/ja/products/microcontrollers-microprocessors/rx/rx200/rx23w.html
     

  • こんにちは。NoMaYです。

    Azure RTOSがGitHubに登場していました。(ちょうどMicrosoftさんが開発者向け(リモート)イベントを開催しているようで、それに合わせての登場なのかも知れません。)

    Azure RTOS
    Azure RTOS is a small, fast, reliable, and easy-to-use real-time operating system (RTOS) for connecting deeply embedded IoT devices.
    github.com/azure-rtos

    [関連リンク]

    Azure RTOS
    高性能なデバイスをより早く、低コストで市場に投入
    azure.microsoft.com/ja-jp/services/rtos/

    [追記]

    stackoverflow.comをフォーラム代わりに使うようにしているみたいです。

    All Questions
    Tagged with azure-rtos threadx
    stackoverflow.com/questions/tagged/azure-rtos+threadx

    [追記その2]

    ちょっと脱線しますが、tx_misra.cなんていうソースがありますね。MISRAルールチェックで引っ掛かる操作を集めたソースだろうか、、、

    threadx/common/src/tx_misra.c
    github.com/azure-rtos/threadx/blob/master/common/src/tx_misra.c
     

  • こんにちは。NoMaYです。

    ルネサスさんは来年にはRISC-Vもやるのですね。どの分野のASSPなんでしょうか、、、

    ルネサス初のRISC-V搭載ASSPの開発に向けて、アンデス社のRISC-V 32ビットCPUコアを採用
    www.renesas.com/jp/ja/about/press-center/news/2020/news20201001.html

    ルネサスは、新たなASSP(Application Specific Standard Product)に、AndesCore™ IP 32ビットRISC-V CPUコアを組み込むことを決定し、2021年の下半期にサンプル提供を開始する予定です。


    以下の「パラメータ設定専用ユーザインタフェースツール」というのは、タッチセンサチューニングツールとかアナログフロントエンドチューニングツールとかモータ制御チューニングツールとか、そういったものでしょうかね、、、SmartConfiguratorのような汎用的なものでは無いような文面ですよね、、、


    RISC-Vコアアーキテクチャを採用するルネサスのファームウェア搭載ASSPデバイスは、アプリケーションプログラムのパラメータ設定専用ユーザインタフェースツールと共に提供され、これによりユーザは完全かつ最適なソリューションを手にすることになります。このツールによりRISC-Vの初期開発とソフトウェア投資へのハードルが下がります。


    [関連リンク]

    Goggle検索: Renesas RISC-V
    www.google.com/search?q=Renesas+RISC-V

    ルネサスがRISC-V採用、ArmやRXベースの製品もある産業機器向け32ビット製品で
    monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2010/05/news033.html

    ルネサス、アーム対抗のRISC-Vプロセッサー採用
    r.nikkei.com/article/DGXMZO64513780S0A001C2000000

    ルネサスがアンチArmのRISC-V採用、台湾社からコア調達しASSPへ
    xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/08867/

    [追記]

    ぽっと頭に浮かんだのですが、RZ/A2M→RZ/V→次世代品?の位置付けの画像処理AIメニーコアチップとか?

    RISC-V & SoC Architecture Exploration for AI & ML Many-core Compute Arrays
    www.andestech.com/wp-content/uploads/Aug-27-2020-Andes-RISC-V-CON-webinar.pdf
     

  • こんにちは。NoMaYです。

    QiitaにRAマイコンの記事が投稿されていますね、、、

    Renesas RA:環境構築~シリアル出力時計開発
    qiita.com/omuraisu49/items/b1ea9deb621abf7d030d
     
    [追記]

    ああっ、こういう仕組みだったのですね、、、

    上記記事より引用(赤色は私によるもの)

    #define LED0_ON     R_PORT1->PCNTR3_b.PORR = (1 << 6)
    #define LED0_OFF    R_PORT1->PCNTR3_b.POSR = (1 << 6)
    #define LED1_ON     R_PORT4->PCNTR3_b.PORR = (1 << 4)
    #define LED1_OFF    R_PORT4->PCNTR3_b.POSR = (1 << 4)

     

  • こんにちは。NoMaYです。

    そういえば、昔、かふぇルネの投稿で、Renesas Synergyで、A/D変換を1μ秒毎に1000回変換する(だったと記憶していますが)ということが出来ない、と憤っていた(?)方がいらっしゃいましたが、RAのFSPではどうなんでしょう、、、

    他方、RL78のコード生成機能やRXのコード生成機能/スマートコンフィグレータConfigコンポーネントでは、頓知的発想をしないとUART受信リングバッファの実装が出来ない、とかありますが、RAのFSPでは?、、、

    あと、RL78のコード生成機能のI2C APIでストップコンディションを発行しない場合向けのAPIの挙動が変だ(使い物にならない?)、という指摘がありましたが、RAのFSPのI2C APIでは?、、、

    それと、R78のコード生成機能にはCANサポートがありませんが、RAのFSPではどうなのだろう、とか、、、

    GitHubにFSPライブラリとそのサンプルプログラムが置かれていますので、見てみるのも良いのかも、、、

    [追記]

    もっとも、RL78/RXからのRAへの移行ではRenesas Electronics Corporationの業績向上にはなりませんけど、、、

  • こんにちは。NoMaYです。

    Armの日本法人のNo.2という方へのインタビューが、私が良く見るニュースサイトに、掲載されていました。

    インタビュー
    良いものを日本に持ち込み、変革を進める。Armが見据える日本電子産業の未来
    2021/07/19 12:54
    著者:大原雄介
    news.mynavi.jp/article/20210719-1925802/

    [追記]

    少し前ですが、2019年、Armコアのマーケットシェアは以下の画面コピーのような感じだったのですね。

    上記の記事より引用


    [追記その2]

    上の図で、「Embedded」の上側の「Controller in IoT Devices」と下側の「Microcontrollers/SIM Cards」というのは、どういう分類なのかな、、、Cortex-MでのIoTは上側?それとも下側?どっちかな?(まあ、でも、Cortex-AでのIoTは上側だよね。まさか、上側に携帯とかタブレットとかは入ってないよね?)

  • こんにちは。NoMaYです。

    RAマイコンは触っていなくて、その開発環境も触っていないのですが、時折目に入ってくる情報で、これは初学者にはありがたいのでは?というのが幾つか気になっていましたので、メモしておきます。

    (1) ごく基本的なサンプルプログラムが、お決まりの場所へ行けば、だれでもどこでもいつでもサッと見ることが出来る
    (2) プロジェクトウィザードで生成されるFreeRTOSプロジェクトテンプレートで最初から Lチカ が出来る(ッポイ)

    [追記]

    普通のC/C++プログラムのプロジェクトテンプレートでも最初から Lチカ が出来るものが生成されるのかな?