スマートコンフィグレータでFITを追加すると生成物にエラーが出る

RX66TでCANを使うソフトウェアを作成しようとしています。

CS+からスマートコンフィグレータを呼び出し、「コンポーネント」→「その他のソフトウェアコンポーネントをダウンロードする」で、r_can_rxを追加しました。

コンポーネントには、r_bspとr_can_rxが無事に追加されたので、ポートなどを設定後に「コードを生成」をクリックして、コードを生成しましたが、

以下の様なエラーが出ています。

・(E) E0520020 src\smc_gen\r_bsp\mcu\all\resetprg.c(214):E0520020:Identifier "R_BSP_SECTOP_EXCEPTVECTTBL" is undefined resetprg.c

・E) E0552010 C:\Feeder_RX\Feeder66T\src\smc_gen\r_bsp\mcu\all\\r_rx_intrinsic_functions.c(614):E0552010:ISAV2 instruction or EXTB is used r_rx_intrinsic_functions.c

・E) E0520065 src\smc_gen\r_bsp\mcu\rx66t\vecttbl.c(221):E0520065:Expected a ";" vecttbl.c

2番目は「環境変数ISA_RXによるRX命令セットアーキテクチャ の選択を確認してください。」とありましたが、どこか不明です。

3番目は未定義の宣言があるために出ている様で、1番目と同じく未定義宣言が原因みたいです。

自動生成された部分にエラーが出るということは、何か設定が足りない、または、自分で修正する必要があるのでしょうか?

スマートコンフィグレータは使っていましたが、FITを組み込むのは初めてなので困っております。