Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

RX63TのE1接続回路の件

お世話になりますIKUZOです

E1エミュレータをRX631Tに接続したいのですが

参考回路として

r12tu0010ej0100-motor.pdfとしたのですが

使用したいのが

R5F563TCBDFB#V0 PLQP0144KA-A 384K バイト32K バイト

なんですが、

r12tu0010ej0100-motor.pdfでは

このようになっています、これでも書き込みの他

デバッグができるのでしょうか?

それとも前にお伺いしましたように

E1エミュレータをRX631に接続したいのですが

の内容でないとダメなのでしょうか?

  • E1エミュレーターもいろいろな接続方法があるみたいで全体像がつかみにくいですね

    使用できる接続の一覧表のようなものはできないものでしょうか、

    E1エミュレータを使用してRX63T(100pin)をデバッグする際に使用するデバッガーついて

    というのが投稿されていました、一応これを読んでみます。

  • In reply to IKUZO:

    記事が今少しといいますか、すいません、勉強不足でした。
  • In reply to IKUZO:

    R20UT0399JJ0900 Rev.9.00で2種類の書き込み方法があるみたいです

    2.4.3. 14ピンコネクタでのRX63x, RX64x, RX65x, RX71xグループ JTAG接続

    2.4.4. 14ピンコネクタでのRX63x, RX64x, RX65x, RX71xグループ FINE接続

    同じぐらいの接続ピン数ですね、どちらがどのように有利/不利とかあれば決めやすいのですが

    注意事項は

    1.エミュレータ接続コネクタとマイコン間のパターン長は、できるだけ短くしてください(50mm以内を推奨)。また、基板上でエミュレータ接続コネクタとマイコン間以外への信号線の引き回しは行わないでください。

    2.RES#信号とユーザ論理の出力信号をオープンコレクタバッファで接続してください。

    3.RES#端子とGND間にセラミックコンデンサ(0.1μF程度)を実装してください。

    動作モード設定回路、これはDIP-SWで切り替えるとか、

    どちらでもほとんど同じ、

    r12tu0010ej0100-motor.pdfの回路はFINE接続で配線を一部省略?

    このR5F523T5ADFM(64ピン)はJTAG端子がないのでFINE接続してあるのでしょうね

    ということはJTAG端子があるものはJTAG接続にすべきともとれますね。

  • In reply to IKUZO:

    この図を見ると動作モード設定回路は

    PC7:プルアップ(DIPSW-0)

    MD: プルアップ(DIPSW-1)

    ELME: プルアップ(DIPSW-2)

    BSCANP:プルダウン(固定)

    でいいのでしょうね。

  • In reply to IKUZO:

    RX63Tシリーズでは
    PC7というのは無いのですね、

    MD: プルアップ(DIPSW-0)

    ELME: プルアップ(DIPSW-1)

    BSCANP:プルダウン(固定)

    ですかね、まごつきます。

  • In reply to IKUZO:

    R5F563TCBDFB#V0 PLQP0144KA-A 384K バイト32K バイトではこんな接続ですかね。

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page