RX631のメモリプロテクションユニットの件

IKUZOと申します、RX631のメモリプロテクションユニットの使用方法がわかりません、サンプルコードも探したのですが該当が無いようです、アドバイスをいただけませんでしょうか?

  • 結局、9においてアクセス例外の発生有無は確認したのですか?
    RSPAGE7、REPAGE7はどうなっているのですか?
    マニュアルを見て分からなければ、実際に動作させてみて
    自分の認識と違いがないかを確認すればよいと思いますが?
  • circleさん
    回答ありがとうございます、詳しいことが解りましたら、問題ございません
    現状の状態でございますが、ターミナルモニターからは
    -------------------------------------------------------
    T←"T"コマンドでmpu_init();が実行されます(スパーバイザーモード)
    RSPAGE0=0x00000000←MPUレジスタ設定後にprintfでレジスターをダンプしております
    REPAGE0=0x0000000E←REPAGE0のレジスター値
    RSPAGE1=0x00000000←RSPAGE1のレジスター値
    REPAGE1=0x0000000E←REPAGE1のレジスター値
    RSPAGE2=0x00000000←RSPAGE2のレジスター値
    REPAGE3=0x0000000E←REPAGE3のレジスター値
    RSPAGE3=0x00000000←RSPAGE3のレジスター値
    REPAGE3=0x0000000E←REPAGE3のレジスター値
    RSPAGE4=0x00000000←RSPAGE4のレジスター値
    REPAGE4=0x0000000E←REPAGE4のレジスター値
    RSPAGE5=0x00000000←RSPAGE5のレジスター値
    REPAGE5=0x0000000E←REPAGE5のレジスター値
    RSPAGE6=0x00000000←RSPAGE6のレジスター値
    REPAGE6=0x0000000E←REPAGE6のレジスター値
    MPBAC =0x0000000E←MPBACのレジスター値
    設定成功←関数の最後まで到達しています(MPU.MPEN.LONG=(long)1;の後)
    ←関数がリターンしておりません
    -------------------------------------------------------
    アクセス例外では'*'を表示されるはずと思うので、多分アクセス例外には来ていないのでは
    ないかと思います、pingコマンドとか、ウエブサーバー等は普通に使用できますので
    どこかの割り込みを占有しているということはなさそうです、ここが不思議です
    メインループのみが停止しているような現象に見えます、
    エミュレータで確認しないと、このようなものはprintfではデバックがしにくいですね
    なにか簡単に確かめる方法がありましたら、ご教示お願いできれば幸せです
  • circleさん
    失礼しました
    RSPAGE7、REPAGE7がありましたね、どうも、どうも、早速テストしてみます。
  • circleさん
    早速足らないところ、修正いたしました、結果は同じでした
    -------------------------------------------------------
    T
    RSPAGE0=0x00000000
    REPAGE0=0x0000000E
    RSPAGE1=0x00000000
    REPAGE1=0x0000000E
    RSPAGE2=0x00000000
    REPAGE3=0x0000000E
    RSPAGE3=0x00000000
    REPAGE3=0x0000000E
    RSPAGE4=0x00000000
    REPAGE4=0x0000000E
    RSPAGE5=0x00000000
    REPAGE5=0x0000000E
    RSPAGE6=0x00000000
    REPAGE6=0x0000000E
    RSPAGE7=0x00000000←修正
    REPAGE7=0x0000000E←修正
    MPBAC =0x0000000E
    設定成功
    -------------------------------------------------------
  • リトルエンディアン/ビッグエンディアンは関係ないのだろうとは思っておりますが
    サンプルコードはリトルエンディアンでした
    この実験ボードはビッグエンディアンで使用しております。
  • でしたら、
    9.と10.で何を変えたのか、
    MPUの処理を全てコメントアウトして動作が変わるか、
    Change_PSW_PM_to_UserMode関数の前後で
    汎用レジスタ等が正しいか等、
    1つ1つ(再)確認していくしかないと思います。
    投稿されている情報だけでは何とも言えないです。
  • triangleさん
    御心配かけまして、どうも
    「9.と10.で何を変えたのか」
    9.でございますが
    MPBAC =0x0000000E としています
    10.でございますが
    MPBAC =0x00000000 としています
    「Change_PSW_PM_to_UserMode関数の前後で
    汎用レジスタ等が正しいか等、
    1つ1つ(再)確認していくしかないと思います。」そうですよね
    サンプルがRX62n用のものなのでRX631とレジスター構成等が同じかどうか
    基本的に調べないとならないかな、というように感じます
    サンプルではnop();が1個入っていまして、最初動作しなかったように思います
    このnop();を増やしまして、動作できるようになったと記憶します
    スタックサイズ(ワード/ダブルワード)等もどうだろうか?と思います
    互換性がすっきしないという印象です
  • ここで一応mpu.cのソースを開示します
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    //アクセス例外
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    uint32_t g_mpu_err_instruction_adrs;
    void Access_Inst(void)
    {
    sci2_put('*');
    MPU.MPECLR.BIT.CLR=1;
    }
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    //アクセス例外
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    //スーパバイザモードからユーザモードに変更
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    void Change_PSW_PM_to_UserMode(void)
    {
    MVFC PSW,R1
    OR #00100000h,R1←ユザーモードフラグ(コメントアウトするとスパーバイザー)
    PUSH.L R1
    MVFC PC,R1
    ADD #10,R1
    PUSH.L R1
    RTE
    NOP
    NOP
    NOP
    NOP
    NOP
    NOP
    }
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    //スーパバイザモードからユーザモードに変更
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    //MPUの初期化
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    void mpu_init(void)
    {
    MPU.RSPAGE0.LONG=0;
    MPU.REPAGE0.BIT.REPN=0;
    MPU.REPAGE0.BIT.UAC=7;
    MPU.REPAGE0.BIT.V=0;
    MPU.RSPAGE1.LONG=0;
    MPU.REPAGE1.BIT.REPN=0;
    MPU.REPAGE1.BIT.UAC=7;
    MPU.REPAGE1.BIT.V=0;
    MPU.RSPAGE2.LONG=0;
    MPU.REPAGE2.BIT.REPN=0;
    MPU.REPAGE2.BIT.UAC=7;
    MPU.REPAGE2.BIT.V=0;
    MPU.RSPAGE3.LONG=0;
    MPU.REPAGE3.BIT.REPN=0;
    MPU.REPAGE3.BIT.UAC=7;
    MPU.REPAGE3.BIT.V=0;
    MPU.RSPAGE4.LONG=0;
    MPU.REPAGE4.BIT.REPN=0;
    MPU.REPAGE4.BIT.UAC=7;
    MPU.REPAGE4.BIT.V=0;
    MPU.RSPAGE5.LONG=0;
    MPU.REPAGE5.BIT.REPN=0;
    MPU.REPAGE5.BIT.UAC=7;
    MPU.REPAGE5.BIT.V=0;
    MPU.RSPAGE6.LONG=0;
    MPU.REPAGE6.BIT.REPN=0;
    MPU.REPAGE6.BIT.UAC=7;
    MPU.REPAGE6.BIT.V=0;
    MPU.RSPAGE7.LONG=0;
    MPU.REPAGE7.BIT.REPN=0;
    MPU.REPAGE7.BIT.UAC=7;
    MPU.REPAGE7.BIT.V=0;
    MPU.MPBAC.BIT.UBAC=7;//111←その他の保護領域(0にすると例外発生します)
    printf("RSPAGE0=0x%08lX\r",MPU.RSPAGE0.LONG );
    printf("REPAGE0=0x%08lX\r",MPU.REPAGE0.LONG );
    printf("RSPAGE1=0x%08lX\r",MPU.RSPAGE1.LONG );
    printf("REPAGE1=0x%08lX\r",MPU.REPAGE1.LONG );
    printf("RSPAGE2=0x%08lX\r",MPU.RSPAGE2.LONG );
    printf("REPAGE3=0x%08lX\r",MPU.REPAGE2.LONG );
    printf("RSPAGE3=0x%08lX\r",MPU.RSPAGE3.LONG );
    printf("REPAGE3=0x%08lX\r",MPU.REPAGE3.LONG );
    printf("RSPAGE4=0x%08lX\r",MPU.RSPAGE4.LONG );
    printf("REPAGE4=0x%08lX\r",MPU.REPAGE4.LONG );
    printf("RSPAGE5=0x%08lX\r",MPU.RSPAGE5.LONG );
    printf("REPAGE5=0x%08lX\r",MPU.REPAGE5.LONG );
    printf("RSPAGE6=0x%08lX\r",MPU.RSPAGE6.LONG );
    printf("REPAGE6=0x%08lX\r",MPU.REPAGE6.LONG );
    printf("RSPAGE7=0x%08lX\r",MPU.RSPAGE7.LONG );
    printf("REPAGE7=0x%08lX\r",MPU.REPAGE7.LONG );
    printf("MPBAC =0x%08lX\r",MPU.MPBAC.LONG );
    MPU.MPEN.LONG=(long)1;//メモリプロテクション機能を有効
    Change_PSW_PM_to_UserMode();//ユザーモードに
    nop();
    nop();
    nop();
    nop();
    nop();
    nop();
    nop();
    nop();
    nop();
    nop();
    nop();
    nop();
    printf("設定成功\r");←ここまではOK
    }
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    //MPUの初期化
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    //デバックテスト用
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    int cmd_test(char *str)
    {
    mpu_init();
    printf("正常にリターンしました.\r");←保護ONでは例外なし、ここまで来ず
    return CMD_OK;
    }
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////
    //デバックテスト用
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • この折にE1エミュレータ [R0E000010KCE00]販売店にお願いしました。

  • お願いしていたE1エミュレータ [R0E000010KCE00]が今到着しました。
  • とりあえず、

    E1エミュレータをRX631に接続したいのですが

    E1エミュレータ接続は今すぐできませんということでして
    シミュレータ等でできるのかもしれないことを伺いましたので
    その方向で行ければと思います

  • わたくしの理解が不足しております、この件について多大な疑問がございます
    アドバイス賜れましたら、うれしいです
    void Change_PSW_PM_to_UserMode(void)の定義についてです
    このvoid Change_PSW_PM_to_UserMode(void)といいますのは
    #pragma inline_asm Change_PSW_PM_to_UserMode
    void Change_PSW_PM_to_UserMode(void);とインライン定義されています
    であれば、void mpu_init(void)内に展開されると思うのですが
    void Change_PSW_PM_to_UserMode(void)の定義自体は
    セクションUser_Areaに定義されています
    #pragma section User_Area
    void mpu_init(void)のセクションマップ設定はCセクションだと思いますが
    User_Areaというのは別のセクションとして登録されます
    こんなセクションが別であるのにvoid mpu_init(void)内のインラインというのは
    おかしいと思うのですが、どのように考えたらよいのでしょうか?
  • このリスト出力しますと、以下のようになりました
    .LINE "C:\Dev\BASE\RX63N\RX631\csp\csp\mpu.c",138
    ._LINE_TOP inline_asm
    00000202 FD6A01 MVFC PSW,R1
    00000205 7731000010 OR #00100000h,R1
    0000020A 7EA1 PUSH.L R1
    0000020C FD6A11 MVFC PC,R1
    0000020F 62A1 ADD #10,R1
    00000211 7EA1 PUSH.L R1
    00000213 7F95 RTE
    00000215 03 NOP
    00000216 03 NOP
    00000217 03 NOP
    00000218 03 NOP
    00000219 03 NOP
    0000021A 03 NOP
    ._LINE_END inline_asm
    .LINE "C:\Dev\BASE\RX63N\RX631\csp\csp\mpu.c",139
    0000021B 03 NOP
    0000021C 6040 SUB #04H, R0
    .LINE "C:\Dev\BASE\RX63N\RX631\csp\csp\mpu.c",141
    0000021E FBE2rrrrrrrr MOV.L #_L26, R14
    00000224 E30E MOV.L R14, [R0]
    00000226 05rrrrrr A BSR _printf
    0000022A 6240 ADD #04H, R0
    0000022C 3F6702 RTSD #08H, R6-R7
    .SECTION PUser_Area,CODE
    00000000 _Change_PSW_PM_to_UserMode:
    .STACK _Change_PSW_PM_to_UserMode=4
    ._LINE_TOP inline_asm
    00000000 FD6A01 MVFC PSW,R1
    00000003 7731000010 OR #00100000h,R1
    00000008 7EA1 PUSH.L R1
    0000000A FD6A11 MVFC PC,R1
    0000000D 62A1 ADD #10,R1
    0000000F 7EA1 PUSH.L R1
    00000011 7F95 RTE
    00000013 03 NOP
    00000014 03 NOP
    00000015 03 NOP
    00000016 03 NOP
    00000017 03 NOP
    00000018 03 NOP
    ._LINE_END inline_asm
    00000019 02 RTS
    0000001A _Change_PSW_PM_to_SuperVisorMode:
    .STACK _Change_PSW_PM_to_SuperVisorMode=4
    .LINE "C:\Dev\BASE\RX63N\RX631\csp\csp\mpu.c",216
    0000001A FD6AAE MVFC ISP, R14
    0000001D FBF2rrrrrrrr MOV.L #_g_rd_isp, R15
    00000023 E3FE MOV.L R14, [R15]
    .LINE "C:\Dev\BASE\RX63N\RX631\csp\csp\mpu.c",218
    00000025 00 BRK
    00000026 02 RTS

    見てみるとBRKがこれでブレークしているのでは?

  • void mpu_init(void)ですが、プログラムになりますので、
    何もセクションを指定しなければPセクションに割り当てられます。
    (Cセクションはconst型のデータが割り振られるセクションです)
    ※コンパイラがCC-RXであれば「CC-RX コンパイラ ユーザーズマニュアル」
      6.セクション仕様を参照ください。

    NoMaYさんが紹介している以下のアプリケーションノートは参照しているんですよね?
     ↓
    サンプルプログラム: RX62N、RX621グループ メモリプロテクションユニットの設定例
    www.renesas.com/ja-jp/software/D3014498.html

    リスト出力を見ると、
    Change_PSW_PM_to_UserMode()をコールしている箇所へ
    実際に展開されていますよね?
    RXファミリの命令に関しては「RXファミリ ユーザーズマニュアル ソフトウェア編」を
    参照してください。

    サンプルコードの
    void Change_PSW_PM_to_UserMode(void)の直前に記述されている
    #pragma section User_Areaは、
    Change_PSW_PM_to_SuperVisorMode()を
    PUser_Areaセクションに割り当てるための記載であると思います。
    (サンプルコードに添付されているmapファイルで確認してください)

    セクション配置はアプリケーションノートの図3.1を参照ください。

    BRK命令の使用と用途はアプリケーションノートを読みましたか?
    また、RTE命令はどういう処理ですか?
  • circleさんアドバイスありがとうございます
    「Cセクションはconst型のデータが割り振られるセクションです」そうですね私の間違いでした
    「サンプルプログラム: RX62N、RX621グループ メモリプロテクションユニットの設定例」
    これを基にしてやっているつもりですが、なにか違うのでしょうか?
    「リスト出力を見ると、Change_PSW_PM_to_UserMode()をコールしている箇所へ
    実際に展開されていますよね?」そのようになっています
    User_Areaセクション配置とPセクション配置と違うと思うのですが
    つまりChange_PSW_PM_to_UserMode()->Pセクション
    ですからUser_Areaセクションではないと思うのですが?
    「RTE命令はどういう処理」割り込み時のRTSですね、アセンブラのリターン時に
    割り込みフラグをクリアしてリターンでしょうか?
    BRK命令が入れるように指示してないにも関わらず入るというのが不思議ですね
    不思議というのが「メモリプロテクションユニットの設定例」に従いやっている
    と思っているのですが、できないというのが不思議です、
    RX62N、RX621グループ メモリプロテクションユニットの設定例はRX63Nでも
    動作確認済なのでしょうか?