e2 studioでCMakeでビルドする、というアプリケーションノートがあるのですがスマートコンフィグレータは使えるのでしょうか?

こんにちは。NoMaYです。

Visual Studio 2022を触っていて、これからVisual Studio上でCC-RX/CC-RL/CC-RHを使うならCMakeを使うのが良いのかな?と思い始めたところ、ルネサスさんから以下のアプリケーションノートが発行されていたことを思い出したので目を通してみたのですが、どうもこれではスマートコンフィグレータどころかコンパイルオプションの設定すらe2 studio上では出来ないのでは?という気がしてきました。実際、どうなのでしょう?御存知の方はいらっしゃいますでしょうか?

アプリケーションノート
統合開発環境 e² studio
CMakeプロジェクトを作成してビルドする
R20AN0613JJ0200 Rev.2.00 Pages 10 Jun.30.21
www.renesas.com/jp/ja/document/apn/e-studio-creating-and-executing-build-cmake-project
 

  • > 4.1 CDT Core Builder を無効化する
    CDT Managed build (GUIで設定したオプションをmakefileに出力する仕組み)を無効にするやり方なので、FreeRTOSなどの既にCMakeで作ってあるものが前提になるかと。
    Visual Studioを使っているならビルドまでVisual Studioでやることになるので出番がありませんが。

  • ほや さん、こんにちは。NoMaYです。

    > 既にCMakeで作ってあるものが前提

    やっぱりそうですよね、、、そうなると、自分の中での本命は、CS+のIronPythonスクリプトで、CS+のプロジェクト情報を参照してCMakeの設定ファイルを自動生成する、というものを作って(出来ればmtpj保存時に実行されるようにして)、そうやって生成したCMakeの設定ファイルをVisual Studio 2022で使う、という流れかな、と思いました。

    CS+は、ラピッドスタートを使うと、とてもとても速く起動しますので、CC-RX/CC-RL/CC-RHのビルド設定ダイアログ代わりにVisual Studio 2022からCS+を起動してしまう、というのもアリかな、と思いました。それから、ひと手間増える感はありますけれども、CS+から単体スマートコンフィグレータを起動してコード生成してやることで、その点に関しても情報をCMakeの設定ファイルへ反映させることが出来そうかな、とも思いました。

    ただ、悩ましいのは、(今のところは?)CS+ではFreeRTOSプロジェクトを作れないことと、CS+にはFreeRTOSデバッグサポートが無い、というところです。ただ、後者は、ひょっとすると、(Microsoftさん以外の)誰かがVisual Studio用の汎用的なFreeRTOSデバッグ拡張機能を作ったりするかも知れませんけど、、、もっとも、Microsoftさんも先日Microsoft Azure向けFreeRTOS SDKをリリースしていましたので、Visual Studio用のAzure RTOSデバッグサポートを追加して、その後、FreeRTOSデバッグサポートも追加してくる、ということもあるかも知れないとも思います、、、

    [追記]

    最後のパラグラフを読み直していて、分かり難いかな、と思ったのは、私は、どうしても必要な時は(例えばリアルタイムRAM表示させたい時とか、トレースデータを見たい時とか)CS+を起動してしまえば良い、と思っているというところかも知れません、、、まあ、ですので、FreeRTOSデバッグサポートが必要になれば、e2 studioを起動するのですけれども、、

  • こんにちは。NoMaYです。

    ウェブで調べ物をしていて気付いたのですが、IARさんは自社のツールチェインとCMakeを連携させるやり方を提示した以下のアプリケーションノートを出していましたね。(GitHubのIARさんのリポジトリにあるのがドキュメント本体であるチュートリアルですかね、、、これらのウェブページにはRXやRL78やRH850の文字もありますね、、、)

    IAR Embedded Workbench でのCMake 使用
    www.iar.com/jp/knowledge/support/technical-notes/general/iar-embedded-workbench-cmake-

    Tutorial
    Building and testing with the IAR Systems tools in CMake
    github.com/IARSystems/cmake-tutorial