Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

e2 studio v7.5.0でFreeRTOS+SCFGプロジェクトではRTOS Objectコンポーネントというものは使えないのかな

こんにちは。NoMaYです。

今首を傾げているのですが、以下のドキュメントによると、e2 studio v7.5.0ではAmazon FreeRTOSプロジェクトに於いてスマートコンフィグレータでRTOS Objectコンポーネントというものが使用出来る/存在するらしいのですが、これは単なるFreeRTOSプロジェクトでは使用出来ない/存在しないものなのでしょうか?(スマートコンフィグレータウィンドウの、コンポーネントタブ上に表示されない&コンポーネント追加ダイアロにも表示されない、ので、そうなのかな、とは思っているのですが、Amazon FreeRTOSプロジェクトとFreeRTOSプロジェクトで、このような部分で違っているのが意外でしたので、、、)

e2 studio 7.5.0 Release Note
www.renesas.com/jp/ja/doc/products/tool/doc/016/r20ut4556ee0101-e2studio.pdf
Page 17 of 72

New Amazon FreeRTOS Configuration user interface provide within e2 studio 7.5 featuring:
● Imported FreeRTOS project with pre-loaded FreeRTOS Components (Object, Kernel and Amazon Libraries).

o FreeRTOS Object configuration: allow user to be able to create, configure multiple FreeRTOS objects using GUI (Tasks, Semaphores, Queues, Software Timers, Event Groups, Message Buffers, Stream Buffers)
o Create/Remove FreeRTOS Objects with user friendly UI.



ちなみに、プロジェクトの生成では、コンパイラはCC-RX V3.01、デバイスはR5F565NEDxFP、に設定して試しました。

  • シェルティさん、こんにちは。NoMaYです。

    > 私の方でPriorityDefinitions.hを不要にするように改造したら、(うまくいくかどうかは今後の作業の結果次第として、)

    これは出来ました。ついでに、以下の画面コピーのように、e2 studioでもIAR C/C++コンパイラFreeRTOSプロジェクトもどきを作ってみました。ちょっと惜しかったのは、e2 studio上ではIAR C/C++コンパイラ向けscfgファイルを開こうとするとエラーになってしまうことです。現状、仕方ないですね。なお、EWRXでのIAR C/C++コンパイラFreeRTOSプロジェクトもどきも作っています。EWRX版に加えe2 studio版もRTOSDemoプログラムのプルリクエストに含めようと考え始めました。

    e2 studioでもIAR C/C++コンパイラFreeRTOSプロジェクトもどきを作ってみた



    e2 studio上ではIAR C/C++コンパイラ向けのscfgファイルを開こうとするとエラーになるので単体RXスマートコンフィグレータで開く必要がある



    EWRXでのIAR C/C++コンパイラFreeRTOSプロジェクトもどきも作ってあります


    注) FreeRTOSの各タスクのスタック設定に基づいてC-SPYにスタックチェックさせるやり方はまだ習得出来ていません、、、

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    こんにちは、シェルティです。

    IAR向けの活動実施いただきありがとうございます。大変助かります。
    NoMaYさんの活動常にウォッチさせていただいております。

    こちらではe2 studio / Smart Configurator / FreeRTOS の連携機能の強化を進めています。
    現状 e2 studio 2020-04 (v7.8)ではボードコンフィグレーション周りにまだ課題を抱えており、
    FreeRTOS込のプロジェクト生成はできるようになりましたが、端子設定やクロック設定は自分で行う必要があります。
    このあたりを改善して、ユーザがボードを選択したらそれに合わせてボードコンフィグレーションが行われて適切な状態で自動コード生成されるところを目指して進めています。

    引き続き情報交換させてください。

    以上です
  • こんにちは。NoMaYです。

    あと、RXv3コア+倍精度浮動小数点演算ユニット対応ポートレイヤを作り始めてみて調べていて気付いたのですが、他に、RX13TがRXv1コア+単精度浮動小数点演算ユニットという構成になっていて、RX62NやRX63Nなどと同じ構成ですので、注意が必要そうだと思いました。RX13TにはRX600ポートレイヤが使えるだろうとは思いますが、、、(ただ、モータ制御向けの低価格マイコンかと思いますので、RTOSを使う人がいるかなと考えると、ちょっといないかもと思いますけど、、、)

    RX13T 製品ページ
    www.renesas.com/jp/ja/products/microcontrollers-microprocessors/rx/rx100/rx13t.html

    RX13T ユーザーズマニュアル ハードウェア編
    www.renesas.com/jp/ja/search/keyword-search.html#genre=document&q=r01uh0822
     

  • こんにちは。NoMaYです。

    作ったRTOSDemoプログラムは海外のe2 studioに詳しくない方々に渡すことになるのですが、その方々がスマートコンフィグレータを使おうとしなければ問題無いのですが、もし使おうとしてscfgファイルをクリックしたら以下の画面コピーのような状態になってしまって、どう対処したら良いかを説明するのは厄介そうな気がしてきました、、、彼らのこの後の手順としては、どうするのが彼らにとって一番楽なやり方になりますでしょうかね?、、、



    #今月リリースされる予定らしいe2 studioの次版は、もう64bit版しか提供されないようなので、自分も64bit版をインストールしてみたのですが、(32bit版の設定を弄っていたせいもあるのかも知れませんが)しばし試行錯誤する羽目になってしまって、どうするのが良かったのかと思う今日この頃なのでもありました、、、

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page