Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

Amazon FreeRTOSだそうです。ルネサスさんのRXは参加しないのかな?

こんにちは。NoMaYです。

ライセンスはMIT Licenseでした。TLSとしてmbed TLSが使用されていました。サポートされているボードの写真を見ていたら、どれにも有線LANコネクタが無いことに気付きました。時代の流れでしょうか、、、

Getting Started with Amazon FreeRTOS
aws.amazon.com/freertos/getting-started/

Amazon FreeRTOS
aws.amazon.com/freertos/

Amazon FreeRTOS ソースコード
github.com/aws/amazon-freertos

[関連リンク]

FreeRTOS - freertos.org
www.freertos.org/

FreeRTOS - sourceforge.net
sourceforge.net/projects/freertos/files/

FreeRTOS kernel自体はCC-RXにも対応
github.com/aws/amazon-freertos/tree/master/lib/FreeRTOS/portable/Renesas

Amazon FreeRTOSはTLSにmbed TLSを使用
github.com/aws/amazon-freertos/tree/master/lib/third_party/mbedtls

[ニュース]

組み込み業界に大インパクト「Amazon FreeRTOS」の衝撃 - 大原雄介,MONOist
monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1712/28/news011.html

アマゾン「AWS IoT」は何が衝撃的なのか - 大原雄介,MONOist
monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1510/21/news026.html

(2018/01/01 : 記事を選び直しました。)

[追記]

もしかしたら、オープンソースライセンスのドライバライブラリが用意されていないから、ルネサスさんはアマゾンさんに相手にして貰えないのかも、、、

ちなみに、FreeRTOS kernel自体のライセンスがV10からModified GPLからMIT Licenseに変わったようです。

  • In reply to シェルティ:

    シェルティさん、こんにちは。NoMaYです。

    コミットのコメントの件ですが、そこをそうしてしまうと、またインクルードパス問題が発生してビルド出来なくなります。また、考え直してみます。ただ、ちょっと検定用プロジェクトではスマートコンフィグレータを諦めた方が良さそうな気配が濃厚になってきたような気がします。

    あと、(4)は様子見します。(6)は行いません。v1.4.5のマージは本日夕方から作業着手するようにします。順調であればコミットは夜遅くかと思います。(見込みが甘かったら明日の朝まで掛かるかも知れません。)

    >(4) Amazon FreeRTOSの共通部に手を入れた箇所はどうなるでしょうか?具体的には以下のファイルです。
    >(必ず出る話だろうと思って確認を後回しにしていたら今になってしまいました。すみません。)

    >lib\third_party\tinycbor\cborparser_dup_string.c
    >lib\third_party\tinycbor\cborparser_dup_string.c
    >lib\third_party\tinycbor\assert_p.h
    >lib\third_party\tinycbor\cborpretty.c
    >lib\third_party\tinycbor\cbor.h
    >以下省略

    >(4)portableにあるものはルネサス独自でOKと思います。それ以外の共通部分はなるべく元に戻したいです。
    > ただでもとにかく一度リリースビルドを作ってみて検定に流します。
    > クリティカルにNGであれば指摘が再度来ると思います。今のところ指摘は来ていません。

    >(6) マージ後、以下の共通部のソースを修正するかも知れません。(本家v1.4.5のソースが変わっていなければ。)
    >理由は、未初期化変数を使っているという怖いワーニングが出ますが、実際は、CC-RXの可変引数マクロの実装上の
    >事情によるもので問題無いコードなので、微修正してワーニングを削除します。) defined(__RX)でコードを分ける
    >つもりでいます。(検定対応優先で、後に回してもよいです。)

    >demos\common\logging\aws_logging_task_dynamic_buffers.c

    >(6)portableかRenesasフォルダにあるもの以外は極力そのままにしたいです。

  • In reply to シェルティ:

    シェルティさん、こんにちは。NoMaYです。

    >コミットのコメントの件ですが、そこをそうしてしまうと、またインクルードパス問題が発生して
    >ビルド出来なくなります。また、考え直してみます。ただ、ちょっと検定用プロジェクトではスマート
    >コンフィグレータを諦めた方が良さそうな気配が濃厚になってきたような気がします。

    考えましたが、妙案は思い浮かびませんでした。スマートコンフィグレータ対応はギブアップします。もう少ししたら、CC-RX/e2 studioプロジェクトからaws_demos.scfgを削除しようと思います。同時に、削除版の.cprojectをコミットします。

    そして、それを使って検定用のe2studioフォルダ(つまりccrx-e2studioフォルダではなくて)を作成して、コミットして頂けますか? (そして、年明後一息ついたら、ccrx-e2studioフォルダでaws_demos.scfgを復活させたいと思います。)

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    シェルティです。こんにちは。

    ご検討感謝いたします。

    >> 考えましたが、妙案は思い浮かびませんでした。スマートコンフィグレータ対応はギブアップします。
    >>もう少ししたら、CC-RX/e2 studioプロジェクトからaws_demos.scfgを削除しようと思います。
    >>同時に、削除版の.cprojectをコミットします。
    >> そして、それを使って検定用のe2studioフォルダ(つまりccrx-e2studioフォルダではなくて)を作成して、
    >>コミットして頂けますか? (そして、年明後一息ついたら、
    >>ccrx-e2studioフォルダでaws_demos.scfgを復活させたいと思います。)

    分かりました。

    今日はNoMaYさんの作業はここまででストップいただけますか?(すでにコミットいただいていますね)
    先にV145の適用をお願いしましたが、現時点では一時停止しておきたいと思います。
    #まだV145を適用せよ、という指摘はきてないですね。

    あとは引き継いで何とかしておきます。
    検定が落ち着いたら、また相談させていただければ、と思います。

    本当にありがとうございます。

    以上です
  • In reply to シェルティ:

    シェルティさん、こんにちは。NoMaYです。

    了解しました。自分が気になった箇所は概ね修正出来ましたので、では、ひとまずここで作業は終了とします。 (aws_demos.scfgの削除は、少し急ぎ過ぎたですかね、、、 でも、1週間後にマスターアップだと急に言われたら、これぐらいのバタバタと慌てた感じにはなってしまうような気はします、、、) さて、今日はゆっくりと寝ます。

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    シェルティです。こんにちは。

    テスト全部OKになって油断してまして、不完全な実装に気付きませんでした。
    以下コードの大幅修正が必要になりました。
    github.com/.../b6b7efd16a5f02cba95426493569695109903e61

    19日中にリリースビルドを作って検定に回す予定を撤回、本件デバッグに数日必要な見込みです。
    ああ・・・Amazonのひとたちが呆れて離れていってしまわなければよいけれど・・・。

    方々状況を連絡し、20~24日のデバッグの時間を可能な限り確保しました。
    この間に、立て直しを図ります。

    以上です
  • In reply to シェルティ:

    NoMaYさん

    シェルティです。こんにちは。

    先方と相談し、検定ソフトの仮インプットを12/25に再設定しました。
    少し休んでから、気合入れてコードメンテしてまいります。

    以上です
  • In reply to シェルティ:

    NoMaYさん

    シェルティです、こんにちは。

    全件Amazonからのフィードバック適用が完了、WIFIを除くすべてのプロジェクトの動作確認を完了、
    Amazon FreeRTOS Qualificationが全部OKになることを確認しリリースビルドを作成しました。
    github.com/.../v0.1.6

    年内双方で最終確認を実施し、年明け早々にCertified完了見込みです。

    このプロジェクト始まってからちょうど1年くらいですね。
    目に見える形での成果が出せるところまできました。
    様々ご協力いただいたNoMaYさんに感謝いたします。

    以上です
  • In reply to シェルティ:

    シェルティさん、こんにちは。NoMaYです。

    >リリースビルドを作成しました。 github.com/.../v0.1.6
    それを聞いて、ひとまず安心しました。最後、バタバタやっていたので、大ポカをやらかしてなかった気掛かりでしたので。私は、今、Amazon FreeRTOS+FIT+GR-CITRUS+WA-MIKAN+PDG2+GNURX+C++がやりたくて頭を捻ろうとしているところです。あと、RXシミュレータを使った何かしらFreeRTOS kernelシミュレーション環境、それと、RXマイコンのMPU(メモリプロテクションユニット)を使えるようにする方法、の3つが大きな関心事項です。来年後半は、Amazon FreeRTOS+mruby,mruby/c,arduino,RX用クラシックmbedもどき,micro pythonとか、手を出してみないなぁ、とかいうところです。(mrubyはGR-CITRUS標準環境のひとつ、mruby/cはRX231でも動くという記事を見掛けたから、RX用クラシックmbedもどきはアルファプロジェクトさんからインスパイアされて、micro pythonはAliOS+Thingsのリポジトリにあったので。) これらは私のリポジトリで実験してみます。あと、私のリポジトリでは、Renesasさん以外のマイコンのソースをバッサリ切って軽量化しようか、とかも考え始めたりしています。(そういえば、e2 studio(というかEclipse)のegitでリポジトリに直接アクセス出来る筈なのですよね。そういうe2 studioユーザさんにとってはバッサリ切ってある方が(軽くて)扱い易くなるかなぁ、とか思ったからです。)

    年が明けてCertifiedになってAmazonさんから公開された後で、RX71M-RSK, RX64M-RSK, RX63N-RSKの作業は私がする方がよいか、とか、GR-ROSEだけになっているC++プロジェクトをGR-KAEDE/GR-SAKURAにも追加した方がよいか、とか、(繰り返しになりますが)いっそ削除した方が良いかとか、話をしたいと思います。(RSKは自主的には私のリポジトリに追加しないと思います。他方、C++プロジェクトはGR-CITRUSも込みで私のリポジトリに自分の関心事項として追加するつもりです。)

    ちなみに、先日試したところでは、Gitのコマンドで、ルネサスさんのリポジトリをフェッチして、cherry-pickして、自分のリポジトリにプッシュする、という操作が簡単に出来ましたので、その逆も出来そうな気がします。(revetも色々試しました。) 言い換えると、プルリク以外でも相互に特定の変更箇所をやり取りすることが可能みたいでした。(コンフリクトが発生して手作業で微調整したこともありましたので、全自動とは行かない場合もあるようですが。) つまり、自分のリポジトリで作業するか、ルネサスさんのリポジトリで作業するか、あまり大きな違いは無さそうな気がしてきています。(でも、自分のリポジトリのクローンをうっかり間違ってルネサスさんのリポジトリにプッシュしてしまうリスクが気になるところだったりもしますかね。妙案では無かったかも知れません、、、)

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    シェルティです。こんにちは。

    >>大ポカをやらかしてなかった気掛かりでしたので。

    たくさんのコミットをNoMaYさんに机上でほぼ不整合なく実施いただいたのにも関わらず、
    私の方での実機確認があまりにスムーズにことが進むのでびっくりしている次第です。
    (私は1行変更したら都度実機で動きを見ないと次のコードを追加したりができないです)

    >>Amazon FreeRTOS+FIT+GR-CITRUS+WA-MIKAN+PDG2+GNURX+C++

    いいですね。WA-MIKANに搭載の無線LANモジュールはESP8266ですね。
    近々、以下にドライバコードをアップする予定です。
    データシート見ながらドライバ書いたところ、簡単に動かせました。
    (最近のモジュールは親切だなァ)
    github.com/.../network_support

    >>RXシミュレータを使った何かしらFreeRTOS kernelシミュレーション環境

    面白そうですね。本家にもWindowsで動作するシミュレーション環境があるので同じ感じが良いかと思います。

    >>RXマイコンのMPU(メモリプロテクションユニット)を使えるようにする方法

    これも良いですね。
    最近TrustZoneの勉強をしていて、MPUやTrustZoneの設定、ユーザコードの正当性検証を行うコードを守る
    ブートコードをImmutable(不変)にするのが要件のひとつだと分かってきました。
    これをブート領域に配置できるとユーザビリティ向上しますね。
    現状だと、通常のブート領域から出てきたユーザマット側でユーザコードの正当性検証を行う
    疑似的なTrustZoneぽいブートを作ってセキュアブートなどと呼称してTrusted Secure IPのサンプルコードとして
    配布していますが、なかなかに概念を伝えるのが難解でプロモーションに苦労しています。
    セキュアブートは「フラッシュアクセスウィンドウ(FAW)とその設定を固定化するFSPR」でImmutableにしてます。

    >>年が明けてCertifiedになってAmazonさんから公開された後で

    はい、来年もぜひ一緒に開発継続してまいりましょう。

    こちらでは、Amazon FreeRTOS の検定はまずは大手顧客要求にドライブされて開発が進みましたが、
    間口を広げるための仕掛けが必要だと考えています。
    あわせてそもそもRXマイコンそのものの間口を広げる活動も進めつつあります。

    https://github.com/renesas-rx

    ここにAmazon FreeRTOS 以外にも、RX65N Envision Kit用のサンプルコード、RX65N Target Board用のサンプルコードをいろいろ配し解説記事を積み上げていこうかと考えています。
    マイコンの解説ですが、スマートコンフィグレータベースの説明としマイコンの細かい違いは抽象化するつもりです。(要所ではハードウェアの説明も入れますが)

    LEDを周期的にチカチカするところから入り、UART通信、IIC通信、A/D変換ときて、
    実際に対抗に何か繋いで通信させ(回路もターゲットボードに自分で増設し)、
    SDカードとの通信、Etherの通信、USBの通信ときて、無線LAN制御、BLE制御と続き、
    液晶の追加方法(128x64の小型のもの、480x272の大型のもの)を解説、画面GUIの作り方を解説として
    最後まで実験するとRX65N Target Boardにいろいろ増設されて1個の自作のマイコンベースのコンピュータができあがる、
    という寸法です。

    最後の方ではAmazon FreeRTOS の解説も入れたいですね。
    ひとまずGitHub上にリポジトリを作り、関係者と構成を考え始めました。
    アメリカ側のチームとも相談して英語コミュニティの方でもサポートしたいですね。

    あとこの手の活動はコンパイラはGCCが必須だと思っています。
    RX Driver PackageのGCC対応がまだ少し先なので、プロトタイプ版をあげておくリポジトリ作りました。
    github.com/.../rx-driver-package

    makefile動かしたら各種FITモジュールを自動で組み立てるようなところを作ってみようかなと思っています。
    また、正式にRX Driver Packageに入れられていない小物FITモジュール(Espressif用の無線LANドライバや、
    128x64 小型液晶用のドライバソフトなど)もGCC対応してここに放り込んでおこうかと思います。

    またいろいろ相談させてください。


    以上です
  • シェルティさん、こんにちは。NoMaYです。

    本家にマージされましたね。

    Change Log for Amazon FreeRTOS
    V1.4.6 12/27/2018
    github.com/aws/amazon-freertos/blob/v1.4.6/CHANGELOG.md#v146-12272018

    New Board: Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MB

    The Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MB is now qualified for Amazon FreeRTOS. This port updates the PKCS #11 portable layer, demo projects, and tests.


    コミット一覧
    github.com/aws/amazon-freertos/commits/master

    リリース一覧
    github.com/aws/amazon-freertos/releases

    さーて、第2ラウンドの始まりだー

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    あけましておめでとうございます、シェルティです。

    本家にマージされましたね。まるまる1年かかりました。
    NoMaYさんに助力いただかなければもっと時間がかかっていたように感じます。
    ありがとうございます。

    こちらでは、RX Driver Package (プロトタイプ版) のメンテを始めました。
    github.com/.../rx-driver-package

    BSPはAmazon FreeRTOSに搭載したものを一度BSP開発チームに引き渡し、
    整備を進めてもらったものを掲載しました。
    あとSeggerのemWinというソフトのFITモジュールも追加しました。
    これからEnvision Kitなどで組み立てての動作確認になります。

    次に今登録できていないほかのFITモジュールも全部登録します。
    SDカードドライバやSDIOドライバなど、これまで公開できなかったFITモジュールもアップしていきます。
    次にAmazon FreeRTOSのMCUベンダ用のコード置き場に反映していきます。
    また、AliOS ThingsのRX65N版の整備もしようかと思っています。

    本年度もよろしくお願いします。

    以上です
  • シェルティさん、こんにちは。NoMaYです。

    本家で以下のドキュメントが発行されていましたね。また、本家に以下の投稿もありました。本家のGitHubも少し更新(README.mdが更新)されていました。

    Getting Started with the Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MB
    docs.aws.amazon.com/freertos/latest/userguide/getting_started_renesas.html

    Renesasのシステムオンチップ、RX65NがAmazon FreeRTOSで使用可能に
    aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2019/01/renesas-rx65n-system-on-chip-qualified-for-amazon-freertos/

    docs: Update README.md for now availible Renesas Getting Started AWS Docs link. (#187)
    github.com/aws/amazon-freertos/commit/3382b70164e952b672e30824aa398f02ebbe6ef5

    話変わって、昨年末にGitHubのルネサスさんのリポジトリに追加されたGR-ROSE+ESP8266の以下のプロジェクトですが、.projectを見ると、まだmbed TLSがくっ付いていますね。mbed TLSを外したバージョンはどうなりそうでしょうか? 自分の認識では、ESP8266を使用する場合はTLS処理をESP8266側にオフロードすることが出来て、100KBほどRAMを消費してしまうmbed TLSを外すことが出来るようになり、RX231のようなRAMサイズが32KBや64KBのRXマイコンでもAmazon FreeRTOSを利用出来るようになる、というものでしたが、mbed TSLがくっ付いていると、それは無理ですよね? 最近危惧しているのは、ひょっとしたらmbed TLSは外せないのではないだろうか?外そうとするとOTAが出来なくなるのではないか?というものです。OTAモジュールがPKCS#11モジュールを使っていて、PKCS#11モジュールがmbed TLSを使ってしまっている、のではないだろうか?という気がしてきています、、、(勘違いなら良いのですが、、、)

    [ADDED] RX65N GR-ROSE + ESP8266 (e2studio/CC-RX) demo project
    github.com/renesas-rx/amazon-freertos/commit/5b1db5d51166c7f9e869efa39223a2f8c624e15e

    renesas-rx/amazon-freertos/demos/renesas/rx65n-gr-rose-uart-esp8266/
    github.com/renesas-rx/amazon-freertos/tree/5b1db5d51166c7f9e869efa39223a2f8c624e15e/demos/renesas/rx65n-gr-rose-uart-esp8266
     

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    こんにちは、シェルティです。

    ようやくこれで正式にプロモーションに使えるようになりました。
    近日中にルネサス側からもちょっとした情報展開を行う計画です。
    といってもRXマイコン用のAmazon FreeRTOSはまだまだ整備不良のところがあり、
    満足には遠い状態ですので、2019年度も引き続きAmazon FreeRTOSの開発を進めてまいります。

    mbed TLSの件ですが、ご指摘通りです。
    TLS処理をオフロードするためには、無線LANモジュール側にSSLクライアント認証機能が
    無くてはならないのですが、ESP8266はファームウェアバージョンによりSSLクライアント認証機能が
    あったりなかったりするようです。ひとまず、mbed TLSと結合しているのが現状ですね。
    ESP32の方は初期ファームウェアからSSLクライアント認証機能が入っているようなので、
    ESP32ではTLS処理をオフロードします。

    最終的には必ずここにたどり着き、RX113、RX231やRL78などの小さいチップでも
    Amazon FreeRTOSを動かそうと思っています。
    Amazon FreeRTOS側の動作シーケンスは解読済みなのであとはそれに対応できる
    無線LANモジュールを見つけてくるだけで、おそらくESP32であればOK、
    というところまで調べたのが現状です。

    以下URLにRAMの最小要件が16KBと明記されていますので上記可能と考えています。
    aws.amazon.com/.../

    --引用
    Q:ハードウェアの最小仕様要件はどのようなものですか?
    ....通信および暗号化のスタック (MQTT を除く) がネットワーキングプロセッサにオフロードされる場合、
    マイクロコントローラには 10 MHz の処理速度と 16 KB の RAM が必要になります。....

    以上です
  • シェルティさん、こんにちは。NoMaYです。

    なるほど、ESP8266のファームウェア次第では GR-KURUMI(RL78/G13 32MHz動作 ROM/RAM=256KB/20KB)+WA-MIKAN(ESP8266)でAWSに接続出来るかも知れない、ということになりそうですね。そういえば、RL78用FreeRTOSの試作版が以下のスレッドにあります。(良くわからない現象が出て、もう長いこと放置してしまっていますが、、、)

    FreeRTOSをFITやCG(や追々PDG2でも?)と一緒に使うサンプルプログラムをCSplusでビルド出来るプロジェクトにしてみた
    CC-RL版
    japan.renesasrulz.com/cafe_rene/f/forum21/4826/freertos-fit-cg-pdg2-csplus/27325#27325
    GNURL78版
    japan.renesasrulz.com/cafe_rene/f/forum21/4826/freertos-fit-cg-pdg2-csplus/27179#27179

    あと、ウェブで調べたら、スイッチサイエンスさんからESP-WROOM-02 Wi-Fiシールドというのが出ていることに気付きました。GR-SAKURAとGR-KAEDEは、これを使うとWi-Fi接続での確認が簡単に出来そうな気がします。ただ、WA-MIKANを持っている自分としては、これを買うのでは芸が無いかもと思い、秋月電子さんのプロトシールドにピンソケットを立てて、WA-MIKANが載るようにして、ピン配置が互換になるように配線してみようかと思い始めました。それをGR-SAKURAに繋げてみようかと。若松通商さんでGR-SAKURAノーマルをポチリそうな気配です、、、

    ESP-WROOM-02 Wi-Fiシールド
    www.switch-science.com/catalog/2619/

    Arduino用ユニバーサル プロトシールド基板
    akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07555/

    WA-MIKAN-NORMAL
    akizukidenshi.com/catalog/g/gK-11218/

    GR-SAKURAⅡ normal
    wakamatsu.co.jp/biz/products/detail.php?product_id=38320001
     

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    シェルティです。こんにちは。

    「GR-KURUMI(RL78/G13 32MHz動作 ROM/RAM=256KB/20KB)+WA-MIKAN(ESP8266)でAWSに接続出来るかも」

    はい。その通りと思います。
    私は何か作るときは極端に最小・最大構成を考えた後に、ジェネリック品として適切な位置を考えるのですが、
    製品作りに活かす、となると、最小構成に徹底的に拘ります。

    Amazon FreeRTOSを載せてAWS接続できる最小マイコン、最小構成は何なのか、を突き詰めたときに、
    現状は「RL78/G13+ESP8266」が一つの答えだと思います。
    ESP32、ESP8266についてもう少しこなれてきたら、挑戦してみます。

    私はGR-KURUMIとWA-MIKANをポチっておきます。

    以上です

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page