Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

Applilet EZ PL for RL78 改善要望

Applilet EZ PL for RL78 V1.0J, V2.00J を試してみました。

デジタル回路版電子ブロックという感じで興味深いツールと思いましたが、少々使いづらい点もあったので改善要望として挙げておきます。

> 本ツールは評価版です。本ツールに関するテクニカルサポートは受け付けておりません。

と明記されていることは理解しており、返答等を求めているものではありません。

  • ・部品ボックス・ウィンドウのロジック IC パネルが分かりづらい

    部品ボックス・ウィンドウのロジック IC パネルは以下のような内容となっていますが

    分かりづらいです。マニュアルには各パネルの機能も書かれてはいますが、ロジック IC の型番と機能を関連付けて理解しているユーザを前提としているようで、Applilet EZ PL for RL78 の謳い文句にある

    > 本ソフトウェアを利用することにより、プログラミング言語になじみが無くソフトウェア開発経験が無いユーザーでも、PC上でのGUI操作でマイコン応用プログラムを簡単に作成できます。

    とは遠い印象です。

    74HC00: 2-Input NAND
    74HC02: 2-Input NOR
    74HC10: 3-Input NAND
    74HC11: 3-Input AND
    74HC20: 4-Input NAND
    74HC21: 4-Input AND
    74HC27: 3-Input NOR
    74HC30: 8-Input NAND
    74HC51: 2/3-Input AND-OR-NOT
    74HC77: 4-bit Bistable Latch
    74HC112: J-K FF with Clear, Preset and Clock
    74HC133: 13-Input NAND
    74HC138: 3-to-8 Line Decoder
    74HC148: 8-to-3 Priority Encoder
    74HC153: 4-Channel Multiplexer
    74HC166: 8-bit Parallel-in/Serial-out Shift Register
    74HC280: 9-bit Parity Generator
    74HC283: 4-bit Binary Full Adder
    74HC4002: 4-Input NOR
    74HC4072: 4-Input OR
    74HC4075: 3-Input OR
    74HC4078: 8-Input OR/NOR
    74HC4511: BCD-to-7-Segment Latch
    74HC7266: 2-Input XNOR
    

    等表示できないでしょうか。日本語であれば尚良いと思います。

  • ・ロジック  IC パネルの回路数が不統一

    ロジック IC パネルの内容は 74シリーズを基にしたものとなっています。

    74HC00 を選択すると実際の IC であれば 4回路入っている NAND が Applilet EZ PL for RL78 では 1つの NAND 回路となっており、その他のロジック IC パネルも凡そ同等で、実際の IC では複数の回路が入っているものが 1つだけを取り出した形でパネル化されているようです。

    その中で 74HC51 は 実際の IC では 2回路が含まれる ものですが、Applilet EZ PL for RL78 でも他のロジック IC パネルとは違い 2回路がセットとなっており、

    仕様として統一がされていない感じです。統一された方が良いと思います。

    勘違いなのでナシ。

  • ・ROM 消費量が多い

    Applilet EZ PL for RL78 V2.00J + CC-RL V1.04.00 を使用し、R5F10Y16ASP(RL78/G10 10ピン ROM 2kB)をターゲットとして選択し、ちょっと何かを作るとすると簡単に 2kB のサイズを超えてしまい ます。

    R5F10Y17ASP(RL78/G10 10ピン ROM 4kB)にターゲットを変更して「生成」をしなおすと成功したりしますが、実際のところターゲット変更は手軽にできるものではないのでできれば避けたいところです。

    試したプロジェクトの .map ファイルを見てみると、

      _MOV1_
                                      0000013b         0   none ,g         0
      _NOT1_
                                      0000013c         0   none ,g         0
      _WAIT
                                      00000143         0   none ,g         0
      _Port_Set
                                      000001b9         0   none ,g         0
      _MD_INTTM00
                                      0000020c         0   none ,g         0
      _MD_INTP0
                                      0000021d         0   none ,g         0
      _MD_INTP1
                                      0000021f         0   none ,g         0
      _ANDF
                                      0000047f         0   none ,g         0
      _ORF
                                      0000048d         0   none ,g         0
      _XORF
                                      0000049b         0   none ,g         0
      _IC_74HC138_Judge_Enable
                                      000004a2         0   none ,g         0
      _IC_74HC138_Out_Y0
                                      00000500         0   none ,g         0
      _IC_74HC138_Out_Y1
                                      0000050b         0   none ,g         0
      _IC_74HC138_Out_Y2
                                      00000516         0   none ,g         0
      _IC_74HC138_Out_Y3
                                      00000524         0   none ,g         0
      _IC_74HC138_Out_Y4
                                      00000532         0   none ,g         0
      _IC_74HC138_Out_Y5
                                      00000540         0   none ,g         0
      _IC_74HC138_Out_Y6
                                      0000054e         0   none ,g         0
      _IC_74HC138_Out_Y7
                                      0000055c         0   none ,g         0
      _PWM_CH2_Init
                                      000008f6         0   none ,g         0
      _PWM_CH3_Init
                                      000008f7         0   none ,g         0
      _PWM_Out_CH2
                                      000008f8         0   none ,g         0
      _PWM_Out_CH3
                                      000008f9         0   none ,g         0
    

    とりあえずこれだけの使用されていない関数が無駄に ROM に配置されていました。ROM の消費量が多いことの一因ではないかと思います。

    Applilet EZ PL for RL78 と併せて使用したツールチェーン CC-RL にリンク時に未使用オブジェクト(関数、変数、定数)を削除する機能がないことが直接の原因とは思いますが、それであれば、Applilet EZ PL for RL78 のライブラリとして定義される関数や変数はソースレベルでバラバラにしてコンパイルし一旦ライブラリファイルにまとめ、それをリンクすることで無駄なオブジェクトのリンクを避ける方法もあるのではないでしょうか。

    訂正 後の Reply で NoMaYさんの指摘されている CC-RL の未参照オブジェクトを削除する機能を上手く使用すればサイズ縮小に役立つのではないでしょうか。

  • ・エラーが意味不明

    Applilet EZ PL for RL78 V2.00J で「生成」を行った場合、

    コンパイルを開始します。
    ---------- Pass1 ----------
    ---------- Pass2 ----------
    ---------- Pass3 ----------
    コンパイルが終了しました。
    
    使用ROMサイズ 2600byte
    

    成功するとアウトプット・ウィンドウに以上のようなメッセージが出力され、「生成」が成功したことが分かりますが、成功しなかった場合、

    コンパイルを開始します。
    ---------- Pass1 ----------
    ---------- Pass2 ----------
    
    src\74hc.c(284):W0520177:変数 "ucEnable" は宣言されましたが参照されていません。
    
    W0561120:Section address is not assigned to ".text"
    F0563100:Section address overflow out of range : ".text"
    
    The evaluation period has expired.
    Renesas Optimizing Linker Abort
    2017-04-29 01:10:11	C:\Users\fujita\My Documents\Applilet EZ PL for RL78\Project\test2\makeprj.bat
    2017-04-29 01:10:11	1105:Build processing error.
    
    コンパイルを中断しました。
    

    以上のような出力となります。

    マイコン開発の経験のある人であれば .text セクションのサイズが溢れてリンクエラーになったことはわかるかもしれませんが Applilet EZ PL for RL78 の想定している「プログラミング言語になじみが無くソフトウェア開発経験が無いユーザー」には難しいのではないでしょうか。それらのユーザーに理解されるようなエラーメッセージの出力が必要と思います。

  • ・スタック領域が無駄に設定される

    Applilet EZ PL for RL78 V2.00J + CC-RL V1.04.00  を使用しています。

    プロジェクトの src/cstart.asm の中で

    .SECTION .sdataR, DATA
    
    $IF (__RENESAS_VERSION__ < 0x01010000)	; for CC-RL V1.00
    ; !!! [CAUTION] !!!
    ; The start address of RAM depend on the device in use.
    ; See the user's manual of the device.
    ;   ex. R5F10Y14ASP -> 0x0FFE60
    RAM_ADDR_START	.EQU	0x0FFE60	; Start address of RAM (SAMPLE)
    RAM_ADDR_END	.EQU	0x0FFEE0	; End address of RAM +1
    
    ;-----------------------------------------------------------------------------
    ;	stack area
    ;-----------------------------------------------------------------------------
    ; !!! [CAUTION] !!!
    ; Set up stack size suitable for a project.
    .SECTION .stack_bss, BSS
    _stackend:
    	.DS     0x40
    _stacktop:
    $ENDIF
    

    と書かれている箇所があります。これは CC-RL 1.00 を使用した場合にスタック領域をこゝで定義するというもので、今回使用した CC-RL V1.04.00 では不要のものです。マクロ __RENESAS_VERSION__ が適切に定義されていることを前提としていますが、この __RENESAS_VERSION__  というマクロは CC-RL のマニュアルに拠ると

    11.3.6 アセンブリ・ソース・ファイルで有効な定義済みマクロ
    コンパイルドライバからアセンブラを起動する場合,アセンブリ・ソース・ファイルで定義済みマクロ__RENESAS_VERSION__ が有効になります。
    

    とあり、コンパイルドライバを使用せずに直接 asrl コマンドを使用してアセンブルを行っている Applilet EZ PL for RL78 V2.00J ではこのマクロが定義されず正常機能していません。結果、使用されないスタック領域が無駄に定義されており、メモリの無駄遣いとなってしまっています。

    アセンブルの際にもコンパイルドライバを使用するよう変更されゝばこの問題は解消するのではないでしょうか。

  • ・ビット単位で状態を保存する変数の定義の誤り

    次のようなデジタル入力が 8つあるプロジェクトを作成し「生成」を行うと

    デジタル入力の数が include/config.h に

    #define	DGIN_USED		(8)
    

    というマクロが定義され、ビット単位で状態を保存する変数が src/digitalio.c に

    UCHAR g_ucDGIN_LastRet[(DGIN_USED / 8) + 1];
    

    と定義されます。

    DGIN_USED が 8 の際に (DGIN_USED / 8) + 1 は 2 であり、16ビット分の領域を確保することとなるので RAM の無駄遣いではないでしょうか。上記変数の定義部分は

    UCHAR g_ucDGIN_LastRet[(DGIN_USED + 7) / 8];
    

    が正しいと思います。

    そもそもの話としてビット単位で状態を保存することに疑問があります。現状の Reply to Applilet EZ PL for RL78 は RAM よりも ROM の使用量に余裕がありません。状態をビット単で保存することは RAM の使用量を節約する半面コードサイズが増大しますが、必要なアプローチは逆なのではないかと思います。バイト単位の変数に 0x00 か 0x01 を保存する方式とし、RAM の使用量を無駄にしてもコードサイズを抑えるべきと思います。

  • ・プロジェクトにマイクロコントローラの設定が含まれない

    プロジェクトに保存されるのはターゲットが RL78/G10 か RL78/G11 かのグループだけのようで、詳細のマイクロコントローラの設定は含まれていないようです。
    過去に作業したプロジェクトを読み込むには事前に マイクロコントローラの設定を RL78/G10 か RL78/G11 かのグループを適正にする必要があり、それが合っていないだけでプロジェクトの読み込みもされません。
    マイクロコントローラの設定もマイコンの種類の他項目もあり、それを正しくしないと過去のプロジェクトの再利用も難しくなんとも使い勝手が悪いので、プロジェクトとして保存される内容にはマイクロコントローラの設定も含めていただきたいです。
  • ・書き込み方法がお手軽でない

    現状の Applilet EZ PL for RL78 はマイコンへの書き込み装置として E1 が必須となっているようですが、Applilet EZ PL for RL78 の謳い文句にある「お手軽・安価なプログラム開発環境」としては E1 は専門的な装置であり、お手軽さや安価からは遠い印象です。

    Applilet EZ PL for RL78 V2.00 のターゲットとしているマイコン RL78/G10 や RL78/G11 はどちらも書き込み方法としてシリアル・プログラミングをサポートしており、その方法に使用できそうな安価な USB シリアル変換装置も販売されているようです。そういった装置にも対応されゝば Applilet EZ PL for RL78 の利用される機会も増えるのではないでしょうか。

  • ・コードがサイズ的に冗長

    Applilet EZ PL for RL78 V2.0 + CC-RL V1.04.00 を使用し、マイクロコントローラ設定を

    • デバイス: R5F10Y16ASP
    • ウォッチドッグ・タイマを使用する(オーバーフロー時間: 3799ms)
    • 外部リセット端子の選択: 使用する
    • POR/SPOR 検出電圧: 4.28V/4.20V
    • システムクロック設定: コウソクオンチップ・オシレータ(20MHz)

    とし、

    上記の内容のプロジェクトで「生成」を行ったところ、

    コンパイルを開始します。
    ---------- Pass1 ----------
    ---------- Pass2 ----------
    
    src\74hc.c(284):W0520177:変数 "ucEnable" は宣言されましたが参照されていません。
    
    W0561120:Section address is not assigned to ".text"
    F0563100:Section address overflow out of range : ".text"
    
    The evaluation period has expired.
    Renesas Optimizing Linker Abort
    2017-05-02 16:51:14	C:\Users\fujita\My Documents\Applilet EZ PL for RL78\Project\test2\makeprj.bat
    2017-05-02 16:51:14	1105:Build processing error.
    
    コンパイルを中断しました。
    

    とエラーが出力され、生成に失敗しました。

    ROM 容量不足のようなので、マイクロコントローラ設定の「デバイス」を、ROM 容量が 2kB の R5F10Y16ASP から 4kB の R5F10Y17ASP に変更して再度「生成」を行ったところ

    コンパイルを開始します。
    ---------- Pass1 ----------
    ---------- Pass2 ----------
    ---------- Pass3 ----------
    コンパイルが終了しました。
    
    使用ROMサイズ 2600byte
    

    成功しました。

    使用 ROM サイズが 2600byte ということで、R5F10Y16ASP の ROM には収まらなかったようです。

    Applilet EZ PL for RL78 では R5F10Y16ASP をサポートしていますが、上記の例は内容的にも単純なものであり、この程度のものは動作して欲しいところです。

    生成時に作成される .map ファイル等を見てみると、サイズが数バイトという関数が複数生成されており、コードサイズ増大の一因となっているようです。

    例:

                          _MOV1_:
    D7                            ret
    
                          _NOT1_:
    91                            dec a
    F6                            clrw ax
    61E8                          skz
    E6                            onew ax
    60                            mov a, x
    D7                            ret
    
                         _ByteMemGet:
    14                           movw de, ax
    62                           mov a, c
    318E                         shrw ax, 8+0x00000
    05                           addw ax, de
    14                           movw de, ax
    89                           mov a, [de]
    D7                           ret
    
                         _ByteMemSet:
    14                           movw de, ax
    62                           mov a, c
    318E                         shrw ax, 8+0x00000
    05                           addw ax, de
    14                           movw de, ax
    63                           mov a, b
    99                           mov [de], a
    D7                           ret
    _Port_Set: C1 push ax C7 push hl 60 mov a, x 340100 movw de, #0x0001 73 mov b, a D3 cmp0 b DD00 bz $.BB@LABEL@8_2 .BB@LABEL@8_1: 15 movw ax, de 01 addw ax, ax 14 movw de, ax 93 dec b DF00 bnz $.BB@LABEL@8_1 .BB@LABEL@8_2: 64 mov a, e 77 mov h, a 8803 mov a, [sp+0x03] 70 mov x, a 53FF mov b, #0xFF 63 mov a, b 14 movw de, ax 92 dec c 89 mov a, [de] 70 mov x, a DF00 bnz $.BB@LABEL@8_4 .BB@LABEL@8_3: 67 mov a, h 6160 or x, a EF00 br $.BB@LABEL@8_5 .BB@LABEL@8_4: 67 mov a, h 7CFF xor a, #0xFF 6150 and x, a .BB@LABEL@8_5: 60 mov a, x 9800 mov [sp+0x00], a .BB@LABEL@8_6: 8803 mov a, [sp+0x03] 70 mov x, a 63 mov a, b 14 movw de, ax 8800 mov a, [sp+0x00] 99 mov [de], a 1004 addw sp, #0x04 D7 ret _Port_Get: C1 push ax 8801 mov a, [sp+0x01] 70 mov x, a 51FF mov a, #0xFF 14 movw de, ax 89 mov a, [de] 318E shrw ax, 8+0x00000 14 movw de, ax 8800 mov a, [sp+0x00] 73 mov b, a D3 cmp0 b DD00 bz $.BB@LABEL@9_2 .BB@LABEL@9_1: 15 movw ax, de 311E shrw ax, 0x01 14 movw de, ax 93 dec b DF00 bnz $.BB@LABEL@9_1 .BB@LABEL@9_2: 64 mov a, e 5C01 and a, #0x01 C6 pop hl D7 ret _NOTF: 91 dec a F6 clrw ax 61E8 skz E6 onew ax 60 mov a, x D7 ret _ANDF: 91 dec a E1 oneb a 61E8 skz F1 clrb a 90 dec x E0 oneb x 61E8 skz F0 clrb x 6150 and x, a 60 mov a, x D7 ret _ORF: 91 dec a E1 oneb a 61E8 skz F1 clrb a 90 dec x E0 oneb x 61E8 skz F0 clrb x 6160 or x, a 60 mov a, x D7 ret _XORF: 6148 cmp a, x E1 oneb a 61F8 sknz F1 clrb a D7 ret

    ソースコードを参照すると

    UCHAR MOV1_( UCHAR Fin )
    {
    	return Fin;
    }
    
    UCHAR NOT1_( UCHAR Fin )
    {
    	return (Fin == HIGH) ?  LOW : HIGH;
    }
    
    UCHAR ByteMemGet( UCHAR* memp, UCHAR count )
    {
    	UCHAR	work;
    
    	work = (UCHAR)(*(memp + count));
    	return(work);
    }
    
    void ByteMemSet( UCHAR* memp, UCHAR count, UCHAR value )
    {
    	UCHAR*	work;
    
    	work = memp + count;
    	*work = value;
    }
    
    void Port_Set( UCHAR Port, UCHAR TermNum, UCHAR Val )
    {
    	volatile UCHAR *ucp_port;
    	UCHAR	ucport;
    	UCHAR	ucset = Val;
    
    	ucp_port = &P0;
    	ucp_port += Port;
    	ucport = *ucp_port;
    	ucset = 1;
    	ucset <<= TermNum;
    	if (Val == HIGH){
    		ucport |= ucset;
    	}else{
    		ucport &= ~ucset;
    	}
    	*ucp_port = ucport;
    }
    
    UCHAR Port_Get( UCHAR Port, UCHAR TermNum )
    {
    	volatile UCHAR *ucp_port;
    	UCHAR	ucport;
    	UCHAR	ucret;
    
    	ucp_port = &P0;
    	ucp_port += Port;
    	ucport = *ucp_port;
    	ucret = (ucport >> TermNum) & 0x01;
    
    	return(ucret);
    }
    
    UCHAR NOTF( UCHAR in )
    {
    	return (in == HIGH)? LOW : HIGH;
    }
    
    UCHAR ANDF( UCHAR in1, UCHAR in2 )
    {
    	if((in1 == HIGH) && (in2 == HIGH))	return HIGH;
    	else								return LOW;
    }
    
    UCHAR ORF( UCHAR in1, UCHAR in2 )
    {
    	if((in1 == HIGH) || (in2 == HIGH))	return HIGH;
    	else								return LOW;
    }
    
    UCHAR XORF( UCHAR in1, UCHAR in2 )
    {
    	if(in1 != in2)  return HIGH;
    	else			return LOW;
    }
    

    短い関数が実際に用意されていますが、この程度の単純な関数であれば呼び出しに要するコードの方がサイズでは問題となり得るのでマクロ等で実装されたら良いのではないかと思います。

    #define MOV1_( Fin ) (Fin)
    #define NOT1_( Fin ) (HIGH - (Fin))
    #define ByteMemGet(memp, count) (*((memp) + (count)))
    #define ByteMemSet( memp, count, value ) do {*((memp) + (count)) = value;} while (0)
    #define Port_Set( Port, TermNum, Val ) do { if (Val) {(&P0)[(Port)] |= (1 << (TermNum));} else {(&P0)[(Port)] &= ~(1 << (TermNum));}} while (0)
    #define Port_Get( Port, TermNum ) (((&P0)[(Port)] >> (TermNum)) & 0x01)
    #define NOTF( in ) ((in) ^ 1)
    #define ANDF( in1, in2 ) ((in1) & (in2))
    #define ORF( in1, in2 ) ((in1) | (in2))
    #define XORF( in1, in2 ) ((in1) ^ (in2))
    

    他、数バイトのサイズの関数でなくとも、初期化を行う XXX_Init() や XXX_Initialize() といった関数は一度しか呼ばれないものなのでこういったものもマクロ(若しくはインライン関数)化すると call ~ ret 文のコードサイズの削減が期待できます。

    他、.map ファイルを見てみると

    SECTION=.RLIB
    FILE=memset
                                      00000915  00000922         e
      _memset
                                      00000915         0   none ,g         2
    FILE=_COM_lmul
                                      00000923  0000096b        49
      __COM_lmul
                                      00000923         0   none ,g         3
    FILE=_COM_ucdiv
                                      0000096c  00000983        18
      __COM_ucdiv
                                      0000096c         0   none ,g         1
    FILE=_COM_ucrem
                                      00000984  00000998        15
      __COM_ucrem
                                      00000984         0   none ,g         1
    FILE=_COM_uldiv
                                      00000999  000009e9        51
      __COM_uldiv
                                      00000999         0   none ,g         3
    FILE=_COM_ulrem
                                      000009ea  00000a36        4d
      __COM_ulrem
                                      000009ea         0   none ,g         3
    

    標準ライブラリのコードサイズも案外あるようです。 memset() や乗除算は仕方がないとして、剰余は再考の余地がありそうです。 例として、

    UCHAR PWM_Calc_Duty( UCHAR regTDR00L )
    {
    	ULONG	ulwork1 = 0;
    	UCHAR	ucwork2 = 0;
    	UCHAR	ucwork3 = 0;
    	
    	ulwork1 = regTDR00L;
    	ulwork1 = (ulwork1 + 1) * tblgPWM[ucgPWM_Cnt].SetDuty;
    	ucwork2 = (UCHAR)(ulwork1 % 100);
    	ucwork3 = (UCHAR)(ulwork1 / 100);
    	
    	if (ucwork2 >= 50)	ucwork3 ++;
    	
    	if (ucwork3 == 0)	ucwork3 ++;
    	
    	return ucwork3;
    }
    

    の中の

    	ucwork2 = (UCHAR)(ulwork1 % 100);
    	ucwork3 = (UCHAR)(ulwork1 / 100);
    

    の部分は、

    	ucwork3 = (UCHAR)(ulwork1 / 100);
    	ucwork2 = ulwork1 - ucwork3 * 100;
    

    と変更することで剰余演算を無くすことができます。

    他、例えば

    UCHAR  IC_74HC138_Evaluate( UCHAR G1_in, UCHAR G2A_in, UCHAR G2B_in, UCHAR A_in, UCHAR B_in, UCHAR C_in )
    {
    	UCHAR	ucRet = 0b11111111;
    
    	UCHAR	ucEnable = LOW;
    	
    	if(G1_in == HIGH){
    		if ((G2A_in | G2B_in)==0){
    			ucRet = 0;
    			switch(A_in + (B_in << 1) + (C_in << 2)){
    			case 0: ucRet = 0b11111110; break;
    			case 1: ucRet = 0b11111101; break;
    			case 2: ucRet = 0b11111011; break;
    			case 3: ucRet = 0b11110111; break;
    			case 4: ucRet = 0b11101111; break;
    			case 5: ucRet = 0b11011111; break;
    			case 6: ucRet = 0b10111111; break;
    			case 7: ucRet = 0b01111111; break;
    			default:
    					ucRet = 0b11111111;
    			}
    		}
    	}	
    
    	return ucRet;
    }
    

    UCHAR  IC_74HC138_Evaluate( UCHAR G1_in, UCHAR G2A_in, UCHAR G2B_in, UCHAR A_in, UCHAR B_in, UCHAR C_in )
    {
    	UCHAR	ucRet = 0b00000000;
    
    	if(G1_in && !G2A_in && !G2B_in){
    		ucRet = 0b00000001;
    		if (A_in) {
    			ucRet <<= 1;
    		}
    		if (B_in) {
    			ucRet <<= 2;
    		}
    		if (C_in) {
    			ucRet <<= 4;
    		}
    	}
    
    	return ~ucRet;
    }
    

    の様に書き換えるとコードサイズの縮小ができます(80バイト → 40バイト)。

    以上のようなコードサイズの縮小が可能な部分は散見されるので、全体を見直しをしていただきたいと思います。先に挙げた 2600バイトとなった例ですが、半分の 1300バイト程度には縮小できる印象です。

  • ・サンプル・プロジェクトの不在

    サンプル・プロジェクト的なものが存在せず、マニュアルを見ても一通りの操作方法が説明されているのみで、取っ掛かりとして不親切な気がします。

    一通りの機能をサンプル・プロジェクトとして例示し、必要な ROM 容量等も予め明らかになっていれば、ユーザから見てツールの有用性の判断にも一役買うのではないでしょうか。

  • In reply to fujita nozomu:

    > 使用されないスタック領域が無駄に定義されており、メモリの無駄遣いとなってしまっています。
    > アセンブルの際にもコンパイルドライバを使用するよう変更されゝばこの問題は解消するのではないでしょうか。

    makeprj.bat の cstart.asm をアセンブルしている箇所

    "asrl.exe" @cstart.pst >> "test2.err" 2>&1
    

    "ccrl.exe" -subcommand=cstart.pst >> "test2.err" 2>&1
    

    に変更し、アセンブル時のレスポンスファイル cstart.pst の内容

    -cpu=S1
    -obj_path=".\obj\"
    -dev="C:\Program Files (x86)\Renesas Electronics\Applilet EZ PL for RL78 V2.00\Tools\BIN\..\..\Tools\DEV\DR5F10Y17.DVF"
    -include="C:\Program Files (x86)\Renesas Electronics\CS+\CC\CC-RL\V1.04.00\inc",".\include"
    src\cstart.asm
    

    -cpu=S1
    -obj_path=".\obj\"
    -dev="C:\Program Files (x86)\Renesas Electronics\Applilet EZ PL for RL78 V2.00\Tools\BIN\..\..\Tools\DEV\DR5F10Y17.DVF"
    -c
    -I "C:\Program Files (x86)\Renesas Electronics\CS+\CC\CC-RL\V1.04.00\inc",".\include"
    src\cstart.asm
    

    に修正して makeprj.bat を実行し、ビルド時に生成される .map の各セクションの使用量を確認したところ、修正前は

    RAMDATA SECTION:  00000084 Byte(s)
    ROMDATA SECTION:  000000d8 Byte(s)
    PROGRAM SECTION:  00000950 Byte(s)
    

    だったものが

    RAMDATA SECTION:  00000044 Byte(s)
    ROMDATA SECTION:  000000d8 Byte(s)
    PROGRAM SECTION:  00000950 Byte(s)
    

    となりました。 無駄に定義されていたスタック領域がなくなり RAM の使用量が 64バイト減ることが確認できました。

  • In reply to fujita nozomu:

    > ・書き込み方法がお手軽でない
    >
    > 現状の Applilet EZ PL for RL78 はマイコンへの書き込み装置として E1 が必須となっているようですが、

    あれ? V2.00 の「設定(S)」→「フラッシ・メモリ・プログラマ(M)」で表示されるダイアログで COMポートの設定ができるな?

    Applilet EZ PL for RL78 の頁を見て E1 必須と理解したのだけど、内容が適切でないということかしら?

    # ↑のダイアログでキャンセルが「CANCEL」なのは直すべきだよなあ。

  • ・生成時にエラーと併せて警告が出力される

    生成時にマイコンの容量不足等の原因でエラーとなった場合、

    コンパイルを開始します。
    ---------- Pass1 ----------
    ---------- Pass2 ----------
    
    src\74hc.c(284):W0520177:変数 "ucEnable" は宣言されましたが参照されていません。
    
    src\clk.c(117):W0520186:符号なし整数と 0 の比較は無意味です。
    src\clk.c(107):W0520177:変数 "nowclk" は宣言されましたが参照されていません。
    
    src\flipflop.c(369):W0520550:変数 "Last" は設定されていますが利用されていません 。
    src\flipflop.c(549):W0520550:変数 "Last" は設定されていますが利用されていません 。
    src\flipflop.c(651):W0520550:変数 "Last" は設定されていますが利用されていません 。
    
    src\stop.c(81):W0520177:変数 "ucMK1L" は宣言されましたが参照されていません。
    
    W0561120:Section address is not assigned to ".text"
    W0561120:Section address is not assigned to ".stack_bss"
    F0563100:Section address overflow out of range : ".text"
    
    The evaluation period has expired.
    Renesas Optimizing Linker Abort
    2017-05-09 22:12:19	C:\Users\fujita\My Documents\Applilet EZ PL for RL78\Project\hogera\makeprj.bat
    2017-05-09 22:12:19	1105:Build processing error.
    
    コンパイルを中断しました。
    

    使用するモジュールによってはエラーとは関係ない警告が複数出力されるようです。

    警告の原因はテンプレートして使用しているソースコードの書き方によるものであり、動作に問題があるものではありませんが、ユーザーに対しては無用な情報なので警告が出ない様ソースの書き方を改善していただきたいです。

  • In reply to fujita nozomu:

    > ユーザーに対しては無用な情報なので警告が出ない様ソースの書き方を改善していただきたいです。

    生成が成功した場合には警告は表示されないので、生成が失敗した場合にも警告はフィルターして表示されない方が良いかもしれません。Applilet EZ PL for RL78 が出力する警告には CC-RL の評価期限切れというものもあるのですが、「お手軽・安価なプログラム開発環境」というツールの位置付けを考えると、開発ツールの評価期限切れというのはユーザーに見せなくて良いものという気もします。

  • ・対応コンパイラの説明が適当でない

    Applilet EZ PL for RL78 の頁を見ると

    コンパイラはルネサス製CA78K0R(統合開発環境CS+付属品と同じ)に標準対応。また、IAR/GNUコンパイラにも対応します。

    とあるのですが、V2.00 のテンプレートのソースを見ると

    common.h:

    #ifdef __CCRL__
    extern	__saddr	UCHAR	fTx0Done;
    extern	__saddr	UCHAR	fTx6Done;
    extern	__saddr	UCHAR	fTm10ms;
    extern	__saddr	UCHAR	fTrg50ms;
    extern	__saddr	UCHAR	fTrg1s;
    extern	__saddr	UCHAR	fTrg10ms;
    
    #else
    #error "undefined compiler"
    #endif
    

    CC-RL 以外には現状対応していないようです。

    対応コンパイラについて説明を改める必要があると思います。

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page