”かふぇルネ“はルネサス製品に関してユーザ同士が自由に会話をするツールであり、回答者はルネサス社内外の方たちとなります。ルネサス製品やソリューションに関して正式な回答をご希望の場合は、ルネサス技術サポート問合せをご使用ください。

RL78G14-FPBの端子拡張

チョコです。

RL78G14-FPBはMCUの端子数と比べて、Arduinoヘッダで使える信号数が少なすぎるので、MCUヘッダの信号をArduino APIで使えるようにしてみました。

追加したのは、24~62です。(ただし、全ての端子が正しく動作するかは確認していません。)

RL78G14-FPBのMCUヘッダ部信号対応

この拡張した端子を使って、LCDをHD44780の4ビット幅I/Fで接続しました。使用した端子はスケッチのsetupで以下のように設定しています。

これを使って以下のように初期化しています。

単に接続の確認だけなので、以下のように、初期値を表示しているだけです。

表示イメージは以下の写真の通りです。

一応、これらの端子は動作していると判断できます。

以上