RL78/G23 Fast Prototyping Boardを買いました

こんにちは。NoMaYです。

別スレッドでRL78 nextに関して長期に書いていたわけですし、買ったなら黙っているのもアレかな、と思いましたので投稿します。

RenesasさんからStrategy Updateが発表されましたね
japan.renesasrulz.com/cafe_rene/f/forum13/6192/renesas-strategy-update/37890#37890

ボードの形状は、まるっきりArduino、ですね。また、ボードのUMに書かれていたのですが、将来、Arduino IDEでもボードをサポートする予定らしいです。また、RL78/G13,14,11,10,12のようにCS+でシミュレータGUIが起動しましたね。まだ、空のコードしか作ってないのと、あと、CS+をインストールしてもRL78/G23シミュレータのリリースノートが含まれていなかったので、ちょっと五分五分の可能性?、というところですが、内蔵周辺機能のシミュレーションが出来るかも知れません。また、上のスレッドでもFujitaさんが書かれていましたが、従来のRX231によるオンボードエミュレータではなくて、USB−シリアル変換チップ(FT232RQ)によるオンボードエミュレータに変更されてました。これで、RFPでのプログラミングと、CS+/e2 studioでのデバッグと、ターミナルソフト(TeraTermなど)によるUART通信と、これら3つのことが出来るみたいです。(きっと、これらは排他使用かな、と思います。)

  • こんにちは。NoMaYです。

    ルネサスさんが最近リリースした「クイックコネクトIoT」のPmod タイプ6AのセンサボードはDigiKey+マルツさんで購入出来るようですね。さて、RL78/G23-64p Fast Prototyping Boardで、これらのセンサボードを使うには、、、

    「ルネサスは宝の山」、ウイニングコンボの仕掛け人が放つ新たな戦略とは - MONOist
    組み込み開発 インタビュー
    monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2108/27/news068_2.html#l_sp_210827renesas_09.jpg

    クイックコネクトIoTでは、ウイニングコンボと同様にソフトウェア開発の負荷を可能な限り低減するための仕組みも用意している。まず、新たに提供するタイプ6Aに準拠したPmodセンサーモジュールは検証済みのソフトウェアパッケージを提供する。具体的には、共通のソフトウェアAPIとHAL(Hardware Abstraction Layer)のコードを再定義してルネサスの統合開発環境である「e2 studio」に組み込んでおり、GUIを通してセンサーを選択し、後は数行のコードを書くだけでセンサーモジュールが利用可能になる。また、従来はソフトウェア開発の負荷だけでなくセンシングの品質が確保できないことも課題になっていたが、今回のソフトウェアパッケージはルネサスで検証済みなのでセンシング品質も安定する。


    マルツオンラインで検索
    www.marutsu.co.jp/GoodsListNavi.jsp?category=1100190009&key=Renesas&page=1&perpage=100&sort_order=cheap_order



    PMOD DAUGHTER CARD FOR HS3001 FL【US082-HS3001EVZ】
    www.marutsu.co.jp/pc/i/41240660/



    【US082-ZMOD4410EVZ】PMOD DAUGHTER CARD FOR ZMOD4410
    【US082-ZMOD4510EVZ】PMOD DAUGHTER CARD FOR ZMOD4510
    【US082-ZMOD4450EVZ】PMOD DAUGHTER CARD FOR ZMOD4450
    【US082-OB1203EVZ】PMOD DAUGHTER CARD FOR OB1203 PP
    【US082-FS2012EVZ】PMOD DAUGHTER CARD FOR FS2012 FL

    クイックコネクトIoT プラットフォーム 製品ページ
    www.renesas.com/jp/ja/solution/technologies/quick-connect-iot

    センサソフトウェア ミドルウェア 製品ページ
    www.renesas.com/jp/ja/software-tool/sensor-software

    本ソフトウェアは、ルネサスセンサ製品の制御及び計測データ取得を行います。

    本ソフトウェアは、センサミドルウェアレイヤーとI2Cコミュニケーションミドルウェアレイヤーで構成されます。

    ●センサミドルウェア :センサを制御するAPI関数を提供
    ●I2Cコミュニケーションミドルウェア:マイコンに依存するI2C通信インタフェース仕様の差異を吸収

    この二つのレイヤーを組み合わせて使用することで、マイコンの種類やI2C通信インタフェースの制御方法を意識することなく、簡単かつ短期間にルネサスセンサの応用製品を開発することが可能になります。


    RAファミリ、RXファミリ、RL78ファミリ HS300xサンプルソフトウェアマニュアル アプリケーションノート
    R01AN5897JJ0101 Rev.1.01 August 16.21
    www.renesas.com/jp/ja/document/apn/hs300x-sample-application
    Page 1 of 76

    要旨
    本アプリケーションノートでは、RA ファミリ、RX ファミリ、RL78 ファミリで動作するHS300x 湿度・温度センサーのサンプルソフトウェアについて説明します。

    動作確認デバイス
    RA6M4 グループ
    RX65N グループ
    RL78/G14 グループ

    商標・他社TM
    FreeRTOSTM とFreeRTOS.orgTM はAmazon Web Serices, Inc.の登録商標です。
    Microsoft® Azure RTOS は米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。


  • こんにちは。NoMaYです。

    > さて、RL78/G23-64p Fast Prototyping Boardで、これらのセンサボードを使うには、、、

    PMOD DAUGHTER CARD FOR HS3001 FL【US082-HS3001EVZ】に関しては、回路図を見ると、1列分(かつ連続の4ピン)しか必要ないようですので、秋月電子さんで販売されている、この電子工作便利商品で、RL78/G23-64p Fast Prototyping BoardのArduinoソケットと繋げば、とりあえず間に合わせられそうな気がしました、、、

    1×10Pメス/10Pオス(分岐) 2.54mmピッチ コネクタ付ケーブル 20cm長
    akizukidenshi.com/catalog/g/gC-09730/

    [追記]

    これも何か面白そうです。(これも1列分しか必要ないようです。でもIRQが1ピン追加で必要です。) なお、指置き台も3Dプリント製のものが付属するもよう、、、[追記その2]→あぁっ、サンプルコードが無いのか、、、

    US082-OB1203EVZ
    酸素飽和度・近接・照度・カラーセンサ PmodTMボード(ルネサス Quick-Connect IoT)
    www.renesas.com/jp/ja/products/sensor-products/biosensors/us082-ob1203evz-pulse-oximetry-proximity-light-and-color-sensor-pmod-board-renesas-quick-connect-iot

    PMOD DAUGHTER CARD FOR OB1203 PP【US082-OB1203EVZ】
    www.marutsu.co.jp/pc/i/41240663/
     

  • チョコです。

    Pmodではないですが、HS3001をG14FPBのIICA0に接続して駆動した例がI2Cバス制御(Arduino API)としてAPNが出ていますね。(R01AN5794JJ0100)

    ちなみに、G14FPBのPmodコネクタは標準のPmodとSCLとSDAが逆になっているので、そのままは標準のPmodのボードは接続できないはずなのですが、「HS300xサンプルソフトウェアマニュアル」ではPmod2コネクタにそのまま接続しているようです。

    どうなっているんでしょうね。

  • チョコさん、こんにちは。NoMaYです。

    > G14FPBのPmodコネクタは標準のPmodとSCLとSDAが逆になっている
    > 「HS300xサンプルソフトウェアマニュアル」ではPmod2コネクタにそのまま接続している

    画面コピーもそうなっていましたけれど、(Pmod1コネクタの方では無く)Pmod2コネクタの方ではIICA0も使えるようになっていて、そちらは標準のピンアサインに従っていますから、問題は無いのではないだろうか、と思うのです、、、

  • チョコです。

    >Pmod2コネクタの方ではIICA0も使えるようになっていて、そちらは標準のピンアサインに従っていますから、問題は無いのではないだろうか、と思うのです、、、

    簡易IICではなく、IICA0を使っていたのですか。それなら、そのままでOKですね。

  • こんにちは。NoMaYです。

    買ってしまいました。

    > こんなArduinoセンサーキットシールド(\2,480)があるのですね。買ってみようかなと思いました。(ちなみに、結局、Arduino IDE対応はどうなったのかなぁ、、、)

    > Arduino Sensor Kit - Base
    akizukidenshi.com/catalog/g/gK-15956/

    以下、写真です。(1枚)


     

  • こんにちは。NoMaYです。

    > PMOD DAUGHTER CARD FOR HS3001 FL【US082-HS3001EVZ】
    > 1×10Pメス/10Pオス(分岐) 2.54mmピッチ コネクタ付ケーブル 20cm長

    こちらも買ってしまいました。(写真は今回は無しです。RL78/G23で実際に試した時にでも。でも、さすがに、遊びの一環で買うには、ルネサスさんのセンサPMODグッズは、値段が高いですね、、、PMOD自体がお値段お高めなのに加えて、DigiKey+マルツさんの航空便輸入品ですものね、、、きっと、ポチッた時の私は、どうかしていたのでしょう、、、)

  • チョコです。

    両方買っちゃいましたか。

    私は、マルチファンクション・シールドを買いました。そんなに高くはありませんでした、ネットでは¥300以下で売っているものがありましたが、私はアマゾンで買ってしまいました。

    最近は、7SEGのLEDモジュールはマトリクスではなく、シリアルでI/Fするものしかないようですね。

    I2Cバスで接続するセンサ向けにはヘッダで対応しているようで、ボード上には、7SEG-LED×2、LED×4、SW×3、ブザー、ポテンショメータしかありません。

    RL78/G23FPBに被せても、部品が干渉することはありませんでした。

  • こんにちは。NoMaYです。

    > ルネサスさんは、また会社が大きくなったようで、今度加わったDialog社にはWiFiとBLEの技術があったのですね。(中身はRAマイコンと同様にCortex-Mコアのマイコンですね。)

    あぁ、そうか、FSPでDialogのCortex-Mコアのコネクティビティマイコンを直接サポートして、マイコンファミリ名をリブランドすれば、BLE搭載 or WiFi搭載のRAマイコンの出来上がり、なのか、なぁ?、、、(BLE搭載のRAマイコンは既にあるけれども、内蔵周辺機能の豊富さでBLE搭載新即席RAマイコンとは差別化されるので競合はしない?と、、、)

    ルネサス クイックコネクトにコネクティビティオプション追加
    Brad Rex シニアマネージャ、システムおよびソリューションチーム
    www.renesas.com/jp/ja/blogs/renesas-quick-connect-now-connectivity-options
    赤文字の色付けは私によるもの

    乞うご期待ください! Flexible Software Packageのような、Dialog社デバイスの既存ルネサス ソフトウェアパッケージへの統合は、すでに進行中です。 また、既存のルネサスポートフォリオ向けのみならず、その他多くのDialogデバイス向けの新Pmodの開発にも取り組んでおります。 センサを評価し、ルネサスMCUやMPUとの統合を検討されているお客様のために、プロトタイプ作成と初期開発をより容易にする様に、クイックコネクトは開発されました。 そして今後も、当社はお客様のデザインとのシームレスな統合コネクティビティを可能にできるように進めてまいります。


    [追記]

    DA16600 Modules
    Ultra Low Power Wi-Fi + BLE Combo modules for battery powered IoT devices
    www.dialog-semiconductor.com/products/wi-fi/da16600-modules

    DA16600 Module Block diagram
    www.dialog-semiconductor.com/sites/default/files/2021-03/DA16600_Module_Block_diagram.png
     


  • > マルチファンクション・シールドを買いました。

    Arduino MultiFunction Shield 7 Seg Driver Hardware Question

    https://www.avrfreaks.net/forum/arduino-multifunction-shield-7-seg-driver-hardware-question

    ↑で7セグLEDと74HC595が電流制限抵抗を介せずに直結されてる問題が指摘されていましたが今手に入る製品でも変わらないのでしょうか?

  • こんにちは。NoMaYです。

    RXの話ですが、RX Driver PackageがV1.32になっていて、従来からのHS300xに加えて、FS2012やZMOD4410,ZMOD4510のセンサミドルウェアも追加されていましたね。今はもう、RXスマートコンフィグレータ上で簡単に新しいバージョンを取って来ることが出来る、のでしたっけ?、、、(RXスマートコンフィグレータ上での、新バージョンリリースの通知とか、What's new about new RX Driver Package!とか、そういう表示機能は未だ無かった?、、、)

    RX Driver Package
    お客様のシステム開発期間の短縮に貢献するRXマイコン共通のソフトウェアプラットフォーム
    www.renesas.com/jp/ja/software-tool/rx-driver-package

    [余談]

    ん?RX140?来週、広報かな?

    [追記]

    もう製品ページが出来ていましたね、、、

    RX140
    RX100シリーズ初のRXv2コア搭載し更なる低消費電力化を実現、第3世代のタッチIP搭載32 ビットマイクロコントローラ
    www.renesas.com/jp/ja/products/microcontrollers-microprocessors/rx-32-bit-performance-efficiency-mcus/rx140-rx100-series-first-rxv2-core-32-bit-microcontrollers-third-generation-touch-ip-even-lower-power

    TB-RX140
    (製品写真を見るとPmod Type 6Aコネクタが標準実装ですね、、、)
    www.renesas.com/jp/ja/products/microcontrollers-microprocessors/rx-32-bit-performance-efficiency-mcus/rtk5rx1400c00000bj-target-board-rx140
     

  • こんにちは。NoMaYです。

    秋月電子さんで、Groveキットの小物ボードが、たくさん新商品に追加されてますね。(先日、私は、GroveキットのArduinoセンサーキットシールドを買ってみましたのでした。) あと、Pmodのピンソケットとピンヘッダも追加されてますね。

    ちなみに、RL78/G23-64p Fast Prototyping Boardには、そもそもGroveキット用スルーホールが設けられていたのでした。

    以下、秋月電子さんのサイトのトップページの画面コピーです。


     

  • こんにちは。NoMaYです。

    > あと、Pmodのピンソケットとピンヘッダも追加されてますね。

    ひょっとして、以下のArduinoプロトシールドにPmodソケットを2つ載せた物を自作すると便利なのかな、、、(そのPmodの片方はType 6Aで、もう片方はUART(RL78/G1D expansion boardとか)かSPI(何かのWiFiボードとか)向け、とかにすれば良いのかも、、、

    Arduino用ユニバーサル プロトシールド基板 ガラスコンポジット 金フラッシュ
    akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07555/

    Arduino用ユニバーサル基板 ガラスコンポジット
    akizukidenshi.com/catalog/g/gP-06877/
     

  • チョコです。

    >7セグLEDと74HC595が電流制限抵抗を介せずに直結されてる問題が指摘されていましたが今手に入る製品でも変わらないのでしょうか?

    少なくとも、私が購入したものには外付けの電流制限抵抗は見当たらないです。

    ここらは、単に「動けばいい」の感覚で作られているのではないかと思います。信頼性まで考慮すると、きちんと設計からやり直すしかないですね。これが、Arduinoの世界かもしれませんね。

     

  • チョコです。

    使用されている7SEGの品名で確認しましたが、電流制限抵抗は内蔵されていない、ごく普通のアノード・コモンのモジュールでした。

    やはり、LEDかHC595か弱い方が(または両方が)ダメージを蓄積してそのうち壊れるのでしょうね。