ツールチェーンを認識しない

何かをした、という事はないのですが、いきなりツールチェーンを正しく認識しなくなってしまいました。

インストールパスが表示されず、また、削除することもできません。

e2Studioを再インストールしても状況は変わりませんでした。

 

それに関連してか、新規にプロジェクトを作成する際にツールチェーンのバージョンが表示されなくなってしまいました。

 

仕様e2studio : Version: 6.0.0 / Build Id: R20170804-1045

 

状況のおわかりになる方いらっしゃいましたらご教授よろしくお願いします。

  • こんにちは

    画像を見ると表示が折りたたまれているわけではなさそうですね。貼り付けてくれている「Renesasツールチェーン管理」のウィンドウ上で「スキャン」ボタン、「追加」ボタンも押せない状態でしょうか?

    「スキャン」ボタンを押すとインストール済みのツールチェインの場所の記録がe2 studioに残っていれば自動的に探し出して表示してくれるようです。これで改善できなければ、

    「追加」ボタンを押してツールチェインをインストールしたディレクトリを選択してツールチェーンを追加しましょう。デフォルトでインストールしたとき、ディレクトリが存外深いところにありますが「追加」ダイアログに表示されている例:を参考にすると良いです。

    これらはもう試したけれどダメだったという場合は、他の方からのアドバイスを待ってみましょう(^^;;;

  • In reply to じま:

    ツールチェーンのデフォルトでのインストール先の情報が以下FAの下の方にありました。ご参考まで。

    FAQ 3000099 : e² studioでツールチェーンを使えるようにするには

     

  • Danさん、こんにちは。NoMaYと申します。

    本件、解決しましたでしょうか?

  • In reply to NoMaY:

    NoMayさま、こんにちわ。
    コメントありがとうございます。

    じまさまが挙げられた方法はすべて試し済みという状況となっております。
    正しくは、スキャンボタン 追加ボタンどちらも押せる状態ではあるが、押しても何も起きません。

    取り急ぎの解決方法として、e2studioを5.4に変えることで現在対応している状況となります。
  • In reply to Dan:

    Danさん、こんにちは。NoMaYです。

    確認させて欲しいです。[スキャン]ボタンも[追加]ボタンもどちらを押しても何も起きない、とのことですが、通常、以下の画面コピーのように[追加]ボタンを押すと[新規ツールチェーンの追加]ダイアログが表示される筈ですが、今回、この[新規ツールチェーンの追加]ダイアログも表示されないということでしょうか?




  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさま こんにちわ。Danです。

    ご指摘のダイアログは表示されます。

    しかしながら、じまさまがご教授頂いた「FAQ 3000099 : e² studioでツールチェーンを使えるようにするには」で示されているパスを指定しても、ツールチェーンを認識しません。

    以下のように、パスを指定しても「ツールチェーンが見つかりません。」と表示されます。

     

  • Danさん
    ほやです。

    こういう現象は見た事がないのですが、試しに
    <e2studioをインストールしたフォルダ>\eclipse\configuration\com.renesas.cdt.core\
    の中にある toolchainStore.xml をrenameしてみてください。
    (ついでに中身がどうなっているかもみてみてください)

    renameした後でもう一度立ち上げるとtoolcahinのスキャンをやり直して
    新たな toolchainStore.xml が作成されます。
    ここまでやっても改善しないなら、インストールが正しくされていないのでは
    ないかと考えます。

    > e2Studioを再インストールしても状況は変わりませんでした
    旧いバージョンのe2 studioがあるフォルダに新しいe2 studioを上書きした、
    という事はないでしょうか?
    もしそうであれば一旦アンインストールして、更にフォルダ内の
    ファイルを消してからインストールしてみてください。
  • In reply to ほや:

    ほやさま

    コメントありがとうございました。
    toolchainStore.xmlを削除して起動してみましたが、ツールチェーンのスキャンがやり直されることがなく、また、 toolchainStore.xmlが生成されることもありませんでした。

    この症状が起きているPCには、V6のe2studioが1つ入っているだけで、古いe2studioはフォルダごと消しています。
    別フォルダのe2studio.exeを起動している、ということも有りませんでした。

    今晩、改めて再度アンインストール・インストールをしてみたいと思います。
  • In reply to Dan:

    Danさん、こんにちは。NoMaYです。

    FAQの画面コピーとDanさんの画面コピーを比較していて気になったのですが、フォルダのお尻のrl78-elf\がDanさんの指定は1つ多いのではないですか? FAQのは2つですが、Danさんの指定は3つになっていますね。確かにフォルダとしてはrl78-elf\が3つ続く場所があるでしょうが、そちらを指定しては駄目で、rl78-elf\が2つ続く場所を指定する必要がある、のだと思います。(ちなみに、私の方のGNURL78は、現在のRenesas GCC時代のもののように2つではなくて、KPIT時代のものだからだと思っていますが1つだけで済んでいます。もっとも、同じKPIT時代のものでもGNURXの方は、大昔(確かKPIT Eclipseの頃)はrx-elf\が1つだけで済んでいましたが、確かe2studio v1のリリース時期あたりからrx-elf\が2つ要るようになった記憶があります。)

    [追記]

    そういえば、[新規ツールチェーンの追加]ダイアログに例として出ているものはGNURXv12.02(つまり2012年2月版)ですが、これはrx-elf\が1つで済んでいる頃の例ですね。(e2studioの最初のプレスリリース(欧州)は2012年2月2日でした。)

    [追記2]

    KPIT GNURL78の例で申し訳ないのですが、rl78-elf\が1つの方の正しい場合と2つの方の駄目な場合とでは、その下のbin\フォルダの内容が以下の各画面コピーのように異なるのです。

    rl78-elf\が1つの方の正しい場合(rl78-elf\bin\)
    [新規ツールチェーンの追加]ダイアログの[ロケーション:]に設定するパスは青字の部分


    rl78-elf\が2つの方の駄目な場合(rl78-elf\rl78-elf\bin\)


    [追記3]

    もうこの際ですので、KPIT GNURXの例で申し訳ないのですが、rx-elf\が2つの方の正しい場合と3つの方の駄目な場合とで、その下のbin\フォルダの内容の各画面コピーを取りました。

    rx-elf\が2つの方の正しい場合(rx-elf\rx-elf\bin\)
    [新規ツールチェーンの追加]ダイアログの[ロケーション:]に設定するパスは青字の部分


    rx-elf\が3つの方の駄目な場合(rx-elf\rx-elf\rx-elf\bin\)



    [追記4] 2017/10/01 07:40

    すみません。[新規ツールチェーンの追加]ダイアログの[ロケーション:]に設定するパスの部分が分かり易くなるように修正しました。

  • In reply to Dan:

    Danさん、こんにちは。NoMaYです。

    また念の為に少し確認させて欲しいです。すみません、何故か唐突に『あっ』と思ったのですが、
    >この症状が起きているPCには、V6のe2studioが1つ入っているだけで、古いe2studioはフォルダごと消しています。
    ということは、
    >取り急ぎの解決方法として、e2studioを5.4に変えることで現在対応している状況となります。
    これら2つは別々のPCでの話でしょうか?(それが分かってすぐ何かが解決する訳ではないですが。)

    というのは、別々のPCか、同じPCか、により以下の可能性があるか、除外されるか、が変わって来るからです。

    ・ (Renesas GCCでの) rl78-elf\rl78-elf\bin\ フォルダが破損している
    ・ Windowsレジストリが破損している (どの辺りがというのは少し調べてみないと分からない)

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさま
    e2studio V5.4を使用しているのは別PCになります。
    (V6を使用しない理由は、4Kディスプレイ内蔵のPCの為フォントがずれてコード生成などが実質的に使えないから、という別の理由です)
  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさま

    1)ツールチェーンのインストール先はこちらになります。

    C:\Program Files (x86)\GCC for Renesas RL78 4.9.2.201701-GNURL78-ELF\rl78-elf\rl78-elf\bin

     

    この後、ツールチェーン、e2studio等を削除して再インストールを試みてみようと思います。

     

    2)上記のパスを「ロケーション」に設定すると、以下の状況です

     

     

  • In reply to Dan:

    Danさん、こんにちは。NoMaYです。

    今度は最後のbin\が余分です。(すみません、私の2つ前の投稿の画面コピーが逆に紛らわしかったですね。)

    「ロケーション」に設定するパス

    誤:
    C:\Program Files (x86)\GCC for Renesas RL78 4.9.2.201701-GNURL78-ELF\rl78-elf\rl78-elf\bin

    正:
    C:\Program Files (x86)\GCC for Renesas RL78 4.9.2.201701-GNURL78-ELF\rl78-elf\rl78-elf

    別PCである件は了解しました。回答有難う御座いました。

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさま

    Flash Programming Tools等含み、一旦全アンインストール及びフォルダを全削除してから再度インストールしてみましたが、相変わらず状況が変わらない状況です。

    念のためと思い、ファイルパスに空白が入らない場所にインストールしてみましたが、こちらでもダメでした。

     

    ロケーションに指定したパスを開くと、以下のようなファイル構成になっています。

     

    レジストリの削除は今回していないので、次にそれっぽいレジストリを探して消して再インストールしてみようと思っています。

     

     

     

     

  • In reply to Dan:

    Danさん、こんにちは。NoMaYです。

    そうですか。「ロケーション」に設定するパスで最後のbin\を取っても認識されませんでしたか、、、

    恐らくレジストリは“自動”認識に関係するのみで、[新規ツールチェーンの追加]ダイアログからの手作業による追加(というか“認識”)が失敗している現状では、レジストリを弄っても改善される見込みは低そうな気はします。

    実は昨夜の別スレッド(こちらはV5.4.0ですが)で気になり始めているのですが、インストール時にRenesas Synergyにチェックを付けてインストールしたりしていますか?

    [追記]

    そういえば、[新規ツールチェーンの追加]ダイアログに表示される例が、自分の手元のV6.0.0とDanさんの画面コピーとで違っていることに気付きました。

    幾つか前の投稿の自分の手元のV6.0.0の画面コピーでは以下の2つが表示されている

    ・ [GNU] 例 <Toolchain_Path>\GNURXv12.02-ELF\rx-elf
    ・ [Renesas] 例 <Toolchain_Path>\RX\1_2_1

    Danさんの投稿では以下の1つしか表示されていない

    ・ [GNU] 例 <Toolchain_Path>\GNURXv12.02-ELF\rx-elf

    一体何なんだろう、、、(今まで自分が気付いていなかったメカニズムがe2 studioにあって、そこが誤動作してしまっている???)

    [追記2] 2017/10/01 07:40

    すみません。自己フォローです。この件は、恐らく「ツールチェーンが見つかりません。」の1行がエラーとして表示されたことにより、2行分確保されている描画エリアが足りなくなっていただけであろうと思われます。

    幾つか前の投稿の自分の手元のV6.0.0の画面コピーでは以下の2つが表示されている
    ⇒ 例が2つで合計2行表示されている

    ・ [GNU] 例 <Toolchain_Path>\GNURXv12.02-ELF\rx-elf
    ・ [Renesas] 例 <Toolchain_Path>\RX\1_2_1

    Danさんの投稿では以下の1つしか表示されていない
    ⇒ エラーが1つと例が1つで合計2行表示されている

    ・ ツールチェーンが見つかりません。
    ・ [GNU] 例 <Toolchain_Path>\GNURXv12.02-ELF\rx-elf

    ということで、この件は大したことでは無かったように思われます。すみません。