Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

A/Dポートを使った乱数の性能

一般的に応用されているオープン(未接続)ADポートを使った乱数の品質を測定してみました。

乱数評価の指標としてFIPSなど規格はありますけれども、もっと具体的に「クラスに同じ誕生日の人がいる確率」のような例として
例えば、DALIなどの24bit固有IDにADの乱数を使用した場合の性能として
ネットワークに接続された台数に応じてどれくらいの確率でアドレスが一致か(ぶつかるか)をAD変換時間による変化を見てみました。

↓の結果から一番性能がいい設定(変換時間=38usec)でも30台を超えると50%の確率でアドレスの衝突が発生するようです。真性乱数に比べると有効ビットが半分程度になるみたいですね。

温度や外来ノイズ?など同じ設定でも測定するたびに一致確率が10%20%くらい大きくバラつきますけど、
概ね変換時間が長い方が性能が良くなる傾向があるようです。

  • In reply to Kirin:

    Kirin様

    こんにちは、Sugachanceです。
    素晴らしいサンプルとアプリケーションノートありがとうございます。
    (きっと)実験で利用させていただきます。

    秀逸なデザインと型番ですね(笑)
  • In reply to Sugachance:

    Sugachanceさん
    お褒めの言葉ありがとうございます。
    デザインは違和感の無いように皆さん見慣れているアプリケーションノートをオマージュしています^^

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page