”かふぇルネ“はルネサス製品に関してユーザ同士が自由に会話をするツールであり、回答者はルネサス社内外の方たちとなります。ルネサス製品やソリューションに関して正式な回答をご希望の場合は、ルネサス技術サポート問合せをご使用ください。

RL78/G10 のフラッシュプログラミング

RL78/G10 のフラッシュプログラミングは、ツールを使用する形と、外部からシリアル(TOOL0利用)で書き込む形があると記述があります。

Q1.自分自身を自分内のプログラム(RAMなど)で書き換える方法は無いということでしょうか?

  ※ブロック構成の資料がどこかにありますでしょうか?

Q2.外部から別のマイコンを使用して書込しようとする場合、非同期シリアルを使うと思いますが、その辺のフロー、コマンド詳細はどこに記述されていますでしょうか?

これらに関して、参考になる資料、サンプルソースなどがあればご教授お願いいたします。

  • Q2.外部から別のマイコンを使用して書込しようとする場合、非同期シリアルを使うと思いますが、その辺のフロー、コマンド詳細はどこに記述されていますでしょうか?

    いまんとこ詳しいのが↓だと思います。

    『RL78/G10の外部UARTによる書き込み』

  • ご回答有り難うございます。

    どのようにすると書込できるかは、該当スレで理解できました(有り難うございます)。

    ※単なる実験用ツールでなく、商品として実装を行う目的で調査しているので、それ故正式な仕様書を探しております。

  • チョコです。

    Breeze  さんの疑問点について,以下にコメントいたします。

    Q1に関しては,RL78/G10は内部のリソースが少なすぎるために,セルフ・プログラミングはできません。

    Q2については,申し訳ございませんが,マニュアルとして作成する予定はないとのことです。

    特約店・営業経由で要求していただければ,何らかの資料は入手可能かと存じます。

  • Q1,Q2 ご回答有り難うございました。

    できることの把握はできましたので、営業さん経由で資料の問い合わせをしてみます。

    マニュアルでなくても、コマンド一覧とか、タイミング一覧とか、外部からの制御ができると記述されている以上、資料はメーカーとして提供の義務がある気もします。

    そもそも、規定ツール以外からのシリアル書込はユーザー補償外というスタンスなんでしょうか。

  • メーカー窓口の方に問い合わせしたところ、プロトコル資料の場所をご連絡いただけましたので、そのURLを以下に添付しておきます。(参考までに)

    documentation.renesas.com/.../r01an0815jj0100_rl78.pdf

  • これは違うやつです。

    製品のページ右上の「キーワード/品名検索」でドキュメント名「RL78マイクロコントローラ(RL78 プロトコルA)プログラマ編 アプリケーションノート」を検索し、出力される

    RL78マイクロコントローラ(RL78 プロトコルA)プログラマ編 アプリケーションノート
    アプリケーションノート  対象製品
    R01AN0815JJ0100_RL78 |  日本語 |  2468KB |  Sep.28.11
    

    「対象製品」をクリックするとRL78/G10が該当しないことが確認できます。

  • チョコです。

    Breeze  さん,そのマニュアルはRL78/G13等を対象にしたもので,RL78/G10のものではありません。

    RL78/G10はこれを元に,簡素化されているはずです。

    前回のポストでコメントいたしましたように,RL78/G10用のマニュアルはありません。

    ツールの担当者が協力会社(ライタ屋さん)向けに作成した資料しかないので,それを入手して

    ください。

  • RL78/G10はこれを元に,簡素化されているはずです。

    『RL78 マイクロコントローラ RL78 マイクロコントローラ(RL78 プロトコル A)プログラマ編』の「表1-3 プログラマからRL78への送信コマンド一覧」を見ると、『RL78/G10の外部UARTによる書き込み』で語られてる「60H 消去後書き込みコマンド」や「53H CRCチェックコマンド」に該当するものがなく、正常応答(ACK)が06Hで返る以外別物のような感じです。

  • ご指摘有り難うございます。今一度資料入手が可能か、確認して見ます。

  • 無事詳細な仕様書(資料)を入手することができました。解析結果されている別スレの内容で実コマンド動作に関しては正しい感じです。

    RESET端子とTOOL0を使用したモード引き込みと、単線シリアル通信にてG10は書込実現しており、コマンドもCRCと消去付き書込の2コマンドのみ対応している様で、リソースに従いかなりの簡素化がなされています。

    詳細なタイミングチャート、フローもいただけましたが、実際にデバイス使用をご検討している方はメーカーの担当の方にご相談いただけると同様なものが入手できると思われます。

    モード引き込みのポート制御に関し、仕様書の内容変更(10/1に公開)される様ですので、そちらも確認が必要と思われます。

    ※皆様アドバイス有り難うございました。