”かふぇルネ“はルネサス製品に関してユーザ同士が自由に会話をするツールであり、回答者はルネサス社内外の方たちとなります。ルネサス製品やソリューションに関して正式な回答をご希望の場合は、ルネサス技術サポート問合せをご使用ください。

SH2A DACモジュールの故障原因について

はじめて投稿します。よろしくお願いいたします。

SH7286のDACモジュールの故障可能な原因について質問させていただきます。

SH 7286のDAC機能使用において、DAが出力できない現象がありました。
【詳細現象】
1枚の基板のCPUの DA 0は出力できなかった(出力電圧が小さい)が、DA 1は正常に出力しました。
もう1枚の基板のCPUは、両方のDAが出力できなかったです。測定ではDA 1とGNDとショートしたことが分かりました。
その他の基板の機能は正常です。2枚の故障基板からCPUを取り外した後、回路の導通確認はOKです。新しいCPUを交換した後に機能は正常です。
よって、CPU DACモジュールが故障した(CPUの他の動作は正常)と判断します。

【問い合わせ】
どのような原因でCPUにこのような故障が発生する可能性があるのか、ルネサスはCPUの故障原因を解析するサービスを提供できるかを知りたいです。

  • 某メーカー(ルネサス以外)のMCUでDACを壊した事があります。その時はポートを出力にしたまま、DACを有効にしていました。その結果、ポートの出力とDACが干渉し、DACが駆動できる負荷条件を超えてしまい、電流が流れすぎて焼けてしまったようです。

    DACの負荷がデータシート記載の条件範囲内かどうか、また誤ってポート出力された場合、問題が生じないかを確認されてみてはいかがでしょうか。

  • Your article is very good and useful, thank you for sharing, bk8 hopes that next time you will have more good articles to send to all readers.

  • お返事ありがとうございます。とても参考になりました。