”かふぇルネ“はルネサス製品に関してユーザ同士が自由に会話をするツールであり、回答者はルネサス社内外の方たちとなります。ルネサス製品やソリューションに関して正式な回答をご希望の場合は、ルネサス技術サポート問合せをご使用ください。

M3S-T4-Tinyについて

いつもお世話になっております。

M3S-T4 TinyをSHマイコンに実装(単一割込みからAPI呼び出し)し、動作しております。

これから複数の割込みに対応させるために割禁を入れる必要があるかと思い探しましたが

オリジナルのサンプルコードでは割禁処理が見つかりませんでした。ライブラリ内に

実装されているのでしょうか、それとも実装する必要があるでしょうか?

サンプルコードはecho_srv_udp_nonblockingです。

  • 個人的な話ですが "割禁処理" という言い方を目にしたのは生まれて初めてです。

  • わわいです
    あなたのいう「割禁」とはどういうものでしょうか。
  • 一種の造語ですかね、「割込み禁止処理」が面倒なので「割禁処理」これは「マクドナルド」を「マクド」と言うのに似てますね、kkdsさんお疲れ様です、M3S-T4-Tinyは使用したことがありますが、「割禁処理」については気にかけたことはありませんでした、問題が発覚するまではそのままで使用したほうが良いかもと、個人的には思いますが、PHYやLANアダプタの実装によりでしょうね。

  • M3S-T4-Tinyを検索すると「RXファミリマイコン用TCP/IP通信プロトコルソフトウェアライブラリ」と出てきます。ここではこのライブラリをSHに移植していることで良いでしょうか?
    「複数の割込みに対応させるために割禁を入れる」は一時的にすべての割り込みを禁止するで良いでしょうか?

    SHで一発で割り込みを禁止させるためには、組み込み関数のset_imaskでCPUのステータスレジスタを操作するのが一般的に思えます。