RenesasさんからStrategy Updateが発表されましたね

こんにちは。NoMaYです。

RenesasさんからStrategy Updateが発表されましたね。読んでいて、おやおや~?、と思ったのが RL78 next という文字でした。どうも車載向けっぽいですが、どんなのを作るのかな、、、ちなみに、(電話会議の音声ですが)柴田CEOの声は、こういう感じなのですね、、、

Strategy update ( ↓ RL78 next ? )
https://www.renesas.com/jp/ja/about/ir/event/pdf/fy2020/strategy-update.pdf


Automotive strategy ( ↓ マーケットシェアは30%前後? )
https://www.renesas.com/jp/ja/about/ir/event/pdf/fy2020/automotive-strategy.pdf


Infra industrial and iot strategy ( ↓ RZの新シリーズ? )
www.renesas.com/jp/ja/about/ir/event/pdf/fy2020/infra_industrial_and_iot_strategy.pdf


説明会 - Renesas Electronics > 投資家の皆様へ(IR情報) > IRイベント
www.renesas.com/jp/ja/about/ir/event/presentation.html


2019年12月期 通期決算説明会(2020年2月12日) 説明会音声
時間:55分31秒
www.renesas.com/about/ir/event/audio/fy2019/2019-q4-presen-audio-ja.mp3
 

  • チョコです。

    プロジェクトを開こうとしたら、「デバイス対応ができてないエラー」になりました。

    早いこと、ツールの対応をしてもらいたいものですね。

  • こんにちは。NoMaYです。

    RL78/G23のコアはS3のままでしたね。私の予想は大ハズレでした、、、

    SNOOZEモード・シーケンサなるものが追加されたのですね。(CS+ V8.05でSMSアセンブラなるものが一緒にインストールされていて、何だろうと思っていたところでした。) ちなみに、Raspberry Pi Picoマイコン(Cortex-M0+デュアルコア133MHz)にも何かプログラマブルシーケンサが搭載されているらしくて、はやり?とか思ったりとか思わなかったりとか、、、

    ちなみに、このSMSアセンブラのreadmeのpdfを開いて気になったのが、開発ツールとして GCC for Renesas RL78の他にLLVM for Renesas RL78なる表記があったことですね、、、

    C:/Renesas/SMS/doc/SMSASM_readme_j.pdf

    1. はじめに
    SMS アセンブラは、ルネサス製マイコン RL78 上に搭載されるシーケンサ「Snooze Mode Sequencer」(SMS)用のアセンブラです。

    1.1 システム要件
    動作環境は次の通りです。

    1.1.1 PC
    • IBM PC/AT 互換機(Windows® 10, Windows® 8.1)
    • プロセッサ: 1GHz 以上(ハイパースレッディング,マルチコア CPU に対応)
    • メモリ容量: 推奨 2GB 以上。最低 1GB 以上(64 ビット版 Windows では 2G バイト以上)

    1.1.2 開発ツール
    • ルネサスエレクトロニクス製 RL78 用コンパイラ CC-RL
    • LLVM for Renesas RL78
    • GCC for Renesas RL78
    • IAR Embedded Workbench

  • チョコです。

    RenesasのHPのtopページに新着情報として掲載されましたね。

    ここをクリックしたら、RL78のページに飛び、そのページの右側に紹介用の動画等がありました。

    RL78も10周年なんですね。

    RL78/G23は、コード生成ではなく、Smart Configuratorになったようです。

    そのためか、ディレクトリ構成は従来のコード生成と比べて深くなっていますね。どこに何があるか慣れるのが大変そうです。

    まだ確認していませんが、シリアル(特にI2)のAPI がどこまで私のクレーム対応できているかが気になります。

    それと、従来のコード生成がどうなるかも気になります。

    今、この内容に関係したDMが来ましたね。

  • https://www.renesas.com/us/ja/products/microcontrollers-microprocessors/rl78-low-power-8-16-bit-mcus/rtk7rlg230clg000bj-rl78g23-64p-fast-prototyping-board

    > RL78/G23-64p Fast Prototyping Board

    だそうで、もうマルツで買えるみたいですね。
    www.marutsu.co.jp/pc/i/2218967/

    オンボードで載ってるUSB−シリアル変換チップを介したデバグがどれほど使えるものか興味深いです。

  • こんにちは。NoMaYです。

    そういえば、RISC-Vコア画像処理AIチップは、こっちですかね。(なぜ広報よりも数週間遅れで投稿したかと言うと、目が覚めて、同一シリコンにARMコアとRISC-Vコアが載ったチップが出たら世界が唖然とするだろうなぁ、との考えが思い浮かび、ひとりニヤケてしまったからです。ハハハ、、、)

    > > ぽっと頭に浮かんだのですが、RZ/A2M→RZ/V→次世代品?の位置付けの画像処理AIメニーコアチップとか?
    > の予想は、ハズレっぽい、です。
    japan.renesasrulz.com/cafe_rene/f/ra/5990/thread/36772#36772

    ルネサスとSiFive、車載用次世代ハイエンドRISC-Vソリューションの共同開発で提携
    SiFiveが業界をリードするRISC-VコアIPポートフォリオをルネサスにライセンス供与
    www.renesas.com/jp/ja/about/press-room/renesas-and-sifive-partner-jointly-develop-next-generation-high-end-risc-v-solutions-automotive