gptのコールバック反応時間

初心者です。

GPTタイマ(1周期:200ns)をPWMモードで利用しています。コールバックの中で、メモリに対する書き込み処理を行います。
ロジックアナライザで上記の処理のタイミングを測ると、GPTの立ち上がりタイミングからメモリの書き込み処理までの間に500ns程のタイムラグが生じており、間に合っていません。
どのようにすれば、応答時間を短くすることができるでしょうか。初心者故、GPTタイマの使い方がそもそも間違っているのか、GPTタイマの限界なのか、見当もついていません。お力添えの程よろしくお願いします。

ターゲットはS7G2です。

  • IKUZO 様

    そうなんですね。そういう意味では、240MHzを信じておりました。クロックで生じた割り込みで、プログラムカウンタやレジスタ等を退避して割り込みルーチン(callback)に飛び込むのに、数百nsも要するとは思いませんでした。


    DMACについて勉強します。

  • DMAを用いて、試作プログラムが動き出しました。クロックの立ち上がりから、memory mapped された アナログ出力に70ns程の遅れで書き込みに行くことを確認できました。一桁違います。

    表題の「gptのコールバック反応時間」が問題になるようなら、DMAを用いるべし、という結論ですね。

    fujita nozomu様、IKUZO 様 貴重なご助言を頂きました。大変助かりました。有難うございます。