スマートコンディグレーターからSCIターミナル番号変更ができますか?

e2studioでGCC Executable Project FreeRTOS(with IoT Libraries)で新規プロジェクト作成。

Target board:rx65n envision kitに設定しました。

スマートコンディグレータで自動生成される"r_bsp_config.h"に定義されている

#define MY_BSP_CFG_SERIAL_TERM_SCI

の値を変更したいのですが、スマートコンディグレータのGUI上で変更可能なのでしょうか?

変更する場合は、自動生成された"r_bsp_config.h"を直接修正となるのでしょうか?

IDE:e2studio 2021-10 

ボード:rx65n envision kit

RTOS Version:v202002.00-rx-1.04

ツールチェーン:GCCRX 8.3.0.202004

スマートコンディグレータボードダブ

Ethernet add(デフォルト)
LED add(手動追加)
QSPI Flash add(手動追加)

以上、よろしくお願いします。

  • TBoxさん、こんにちは。NoMaYと申します。

    たぶん、その定義の修正は手修正になるかと思います。実は、最近のBSPでは以下の画面コピーのようなターミナルを指定する定義が用意されるようになったのですが、そうなる以前から開発されていたFreeRTOS(with IoT Libraries)のソース変更が追い付いていなくて、そういう定義が無かった時代のソースをベースにして生成されていると思います。

    また、以下の(RX65Nではないですけど) RX72N Envision KitのGitHubのWikiでも、内容を読んでいくと、手修正する、やり方で変更していますね。

    github.com/renesas/rx72n-envision-kit/wiki/デバッグ方法#aws_demosをブートローダ経由cn6sci7で高速ダウンロード

    最近のBSPのRXスマートコンフィグレータでの設定の画面コピー

     

  • ご回答ありがとうございます。

    やはり、手修正になるのですね。

    参考にしているプロジェクト付属のMY_BSP_CFG_SERIAL_TERM_SCIの値が

    自動生成された値と違ったのでどこかで設定できるのかと探したのですが

    見当たらないのここで質問してみました。

    参考になりました。

  • TBoxさん、こんにちは。NoMaYです。

    少し補足ですけど、r_bsp_config.hのその定義は、RXスマートコンフィグレータでコードを再生成した時でも消えずに残ります。ですが、BSPモジュールをバージョンアップした際には残念ながら消えてしまいますので、そのことは気に留めておく必要があります。(なお、RXスマートコンフィグレータのバージョンアップで不意に挙動が変わってしまう可能性もありますけど、、、)