RL78/G1DとCS+ for CA,CXにおいてエミュレータを経由してホストPCに画面出力をしたいときはどうすれば良いのでしょうか

こんにちは. light greeeeen です.前回Lチカについて教えていただきありがとうございました.またもや,初歩的な質問で恐縮ですが,よろしければご教授お願い致します.

私はRL78/G1D R5F11AGJ の簡易i2cを使用して9軸センサと通信するシステムを作りたいと思っております.

次の段階といたしまして,CS+ for CA,CX を用いてシリアル通信をしてセンサデータをホストPC上に表示するコードを書きたいのですが,

for CA,CX にはArduinoでいうところの「Serial.print()」のような関数やシリアルモニタのような機能は用意されているのでしょうか?

また,RL78/G1DとホストPCはエミュレータ E2 Lite によって接続し,デバッグ機能は使えている状態なのですが,

そもそもエミュレータを介してシリアル通信をすることは可能なのでしょうか?

探しても見つけられなかったので,ご教授いただけますと幸いです.

  • light greeeeenさん、こんにちは。NoMaYと申します。

    RL78/G1Dでは、Arduinoでいうところの「Serial.print()」のような関数、は、ルネサスさんからも提供されていませんし、RL78/G1Dでの、Arduino関数サポートのオープンソース活動、といった話も、耳にしていません。

    また、E2 Liteでの、E2 Liteを介してのシリアル通信、といった機能は、RL78ではサポートされていません。(RXではデバッグコンソールというデバッグ専用シリアル通信のようなものがサポートされていますけれども。)

    思うに、皆さんが、まず手始めにされているであろうことは、100バイト程の送信バッファを用意して、そこへsprintfで書き込んで、コード生成機能で生成したマイコン内蔵UARTの送信関数で、書き込んだ文字列を外部へ送信する、といったやり方だと思います。

    ただ、sprintfはそれなりに大きいライブラリですので、プログラムが大きくなってきてROMの空き容量が少なくなってきたら、sprintfの代わりにC標準ライブラリのitoaとかを使ったり、オープンソースのxprintfといったコンパクトなライブラリを使ったり、といったことをされていると思います。

    実は、私は、別スレッドでRL78/G23のRL78スマートコンフィグレータ向けの、RL78スマートコンフィグレータでコード生成した関数のprintfラッパー関数など公開しているのですけど、RL78スマートコンフィグレータ以前のコード生成機能向けのものは手を付けることが出来ていません。

    [追記]

    > RL78/G1Dでの、Arduino関数サポートのオープンソース活動

    製品化には至らなかったけれど、大昔、がじぇるね、で何かあったような気も、、、