RL78 Fast Prototyping Board+LLVMRL78+Cplusplus sample program

こんにちは。NoMaYです。

RL78/G23-64p Fast Prototyping Board の LLVM-RL78 & C++ & RL78スマートコンフィグレータ & FreeRTOS という組み合わせのサンプルプログラム(e2 studioプロジェクト)です。(サンプルプログラム置き場とGitHubにも置いています。) 現在、以下のものがあります。なお、C++と言っても、以前に投稿したTB-RX65N/RX130/RX231(とRX72N Envision Kit)でのCS+のサンプルプログラムのCソースコードと内容は殆ど同じだったり、また、FreeRTOSと言っても、メインタスクを1つ作っているだけだったり、というものです。(今回、FreeRTOSのLLVM-RL78ポートレイヤは独自対応版(野良犬ならぬ野良ポートレイヤです)、FreeRTOSのカーネルソースはV10.4.4、となっています。)

サンプルプログラム置き場
japan.renesasrulz.com/cafe_rene/m/sample_program/467

GitHubのリポジトリ
github.com/NoMaY-jp/RL78_SmartConfigurator_examples_RL78FPB_LLVMRL78/tree/cafe_rene

シミュレータデバッガコンソール出力
シリアルコンソール出力
シリアルコンソール入力
シリアルコンソール入力確認

シリアルコンソールのサンプルプログラムはボード上のFT232RQに接続されたUART0になっていますが、同じくボード上のFT232RQを使用するCOMPort通信デバッグ機能とは競合しますので、シリアルコンソールのサンプルプログラムではCOMPort通信デバッグは出来ません。

ボード上のFT232RQに関しては、以下のスレッドに投稿したように設定を変更することで、動作を速くしたり面倒を減らしたり、ということが出来ます。

RL78/G23 Fast Prototyping Boardを買いました
japan.renesasrulz.com/cafe_rene/f/forum18/7087/rl78-g23-fast-prototyping-board/38050#38050
japan.renesasrulz.com/cafe_rene/f/forum18/7087/rl78-g23-fast-prototyping-board/39403#39403

以下、サンプルプログラムの例です。

シミュレータデバッガコンソール出力
シリアルコンソール出力

00_SimDebuggerConsole_printf/
10_SerialConsole_printf/

void main_task(void *pvParameters)
{
    INTERNAL_NOT_USED(pvParameters);

    LED0 = LED_ON;

    for (;;)
    {
        printf( "Hello World\r\n" );

        vTaskDelay( pdMS_TO_TICKS( 1000 ) );
        LED0 = ~LED0;

        vTaskDelay( pdMS_TO_TICKS( 1000 ) );
        LED0 = ~LED0;
    }

    /* vTaskDelete(NULL); */
}

 
実行例:



 

  • こんにちは。NoMaYです。

    シリアルコンソールのあと2つのサンプルプログラムのソースと実行例です。(サンプルプログラム置き場に置いたzipファイルには、UARTサンプルプログラムを3つ追加しました。)

    シリアルコンソール入力

    20_SerialConsole_getchar/

    void main_task(void *pvParameters)
    {
        INTERNAL_NOT_USED(pvParameters);

        char c;

        getchar(); /* To keep the terminal waiting for the start. */

        for (;;)
        {
            printf( "Please enter a character:\r\n" );

            c = getchar();

            printf( "\r\nNow %c is entered.\r\n\r\n", c );
        }

        /* vTaskDelete(NULL); */
    }

     
    シリアルコンソール入力確認

    21_SerialConsole_getchar_ready/

    void main_task(void *pvParameters)
    {
        INTERNAL_NOT_USED(pvParameters);

        char c;
        int i;

        for (;;)
        {
            printf( "Please enter a character:\r\n" );

            for (i = 0; i < 3; i++)
            {
                vTaskDelay( pdMS_TO_TICKS( 1000 ) );

                if (is_getchar_ready())
                {
                    c = getchar();
                    printf( "\r\nYeah, %c is entered.\r\n\r\n", c );

                    vTaskDelay( pdMS_TO_TICKS( 1000 ) );

                    break;
                }
            }
        }

        /* vTaskDelete(NULL); */
    }

     
    実行例:

     

     

  • こんにちは。NoMaYです。

    UARTサンプルプログラムを3つ追加しました。

    UART出力
    UART入力
    UART入力確認

    以下、ソースと実行例です。

    UART出力

    30_UART_Printf/

    U_CONFIG_UART_PRINTF_IMPL(  UART1, 128 /* transmit buffer size */ );

    void main_task(void *pvParameters)
    {
        INTERNAL_NOT_USED(pvParameters);

        LED0 = LED_ON;

        for (;;)
        {
            Printf( UART1, "Hello World\r\n" );

            vTaskDelay( pdMS_TO_TICKS( 1000 ) );
            LED0 = ~LED0;

            vTaskDelay( pdMS_TO_TICKS( 1000 ) );
            LED0 = ~LED0;
        }

        /* vTaskDelete(NULL); */
    }

     
    UART入力

    40_UART_Getchar/

    U_CONFIG_UART_PRINTF_IMPL(  UART1, 128 /* transmit buffer size */ );
    U_CONFIG_UART_GETCHAR_IMPL( UART1, 128 /* receive ring buffer size */ );

    void main_task(void *pvParameters)
    {
        INTERNAL_NOT_USED(pvParameters);

        char c;

        for (;;)
        {
            Printf( UART1, "Please enter a character:\r\n" );

            c = Getchar( UART1 );

            Printf( UART1, "\r\nNow %c is entered.\r\n\r\n", c );
        }

        /* vTaskDelete(NULL); */
    }

     
    UART入力確認

    41_UART_Getchar_Ready/

    U_CONFIG_UART_PRINTF_IMPL(  UART1, 128 /* transmit buffer size */ );
    U_CONFIG_UART_GETCHAR_IMPL( UART1, 128 /* receive ring buffer size */ );

    void main_task(void *pvParameters)
    {
        INTERNAL_NOT_USED(pvParameters);

        char c;
        int i;

        for (;;)
        {
            Printf( UART1, "Please enter a character:\r\n" );

            for (i = 0; i < 3; i++)
            {
                vTaskDelay( pdMS_TO_TICKS( 1000 ) );

                if (Is_Getchar_Ready( UART1 ))
                {
                    c = Getchar( UART1 );
                    Printf( UART1, "\r\nYeah, %c is entered.\r\n\r\n", c );

                    vTaskDelay( pdMS_TO_TICKS( 1000 ) );

                    break;
                }
            }
        }

        /* vTaskDelete(NULL); */
    }

     
    実行例: (9600bpsです。)