プロジェクト作成について

最近ルネサスマイコンを学習し始めた初心者なのですがチュートリアルまで完了しました。

その後どのように展開していけばいいのか不明点が多いので教えていただければ嬉しいです。

ビルド生成ファイルは何種類必要なのですか?

メインだけではダメなのですか?cファイル、hファイルどちらも必要ですか?

このあたりから不明です。よろしくお願いします。

  • ノグチさんの現在位置と目指す姿が分からないので適切な回答でないかもしれません。C言語について教科書で学習する必要がありそうに見えます。私の時代は、カーニハン&リッチーの『プログラミング言語C』のみだったのですが、今はもっと良い本があるかもしれません。

    ヘッダーファイルの目的や使い方は時代や人によって異なります。とりあえず適当にやりながら、教科書を読んでみることをお勧めします。ヘッダーファイルの目的や使い方について書かれていると思います。

    多くのアプリケーションでmain.cファイルにmain()ファンクションだけでも不可能ではないとは思います。ファンクションの定義や構造化プログラミングや変数の範囲などはC言語前からいろいろと研究されてます。アプリケーションやRAMサイズや安全などいろいろな要因で最適なスタイルは異なると思います。教科書などを参照しながら試して自分のスタイルを見つけるしかないと思います。

    とりあえずC言語の概要をクリアーしないと闇から抜け出せないと思います。

  • kijoさん返信ありがとうございます。

    今までマイクロチップ社のマイコンを使用して、MikroC社ソフトにてプログラミングをしておりました。

    Cファイルを結合することなく程度で意図したように動作していたので開発環境の変化に戸惑っております。

    main以外のファイルが既存のものなのか、自分で作成する必要があるものなのか不明です。

    参考書等調べてみようと思います。

    お忙しい中、貴重なアドバイスありがとうございます。

  • チョコです。

    使用されるデバイス(MU)で、開発環境が異なります。より確実なコメントを期待するなら、どのMCU(マイクロコントローラ)を使おうとしているかを最初に明確にしてください。

    デバイスが決まると、開発環境がいくつかに絞られます。開発環境が決まると、コンパイラやコード生成機能等がいくつかに絞られます。その段階でどのようなファイルが必要かが決まります。

    せっかくRSKのチュートリアルを完了したのなら、そのファイル構成を参照しながら進めるべきでしょう。

    また、RX231でサンプルプログラムを探して、やりたいことに近いものを参照するのがいいでしょう。

  • チョコさん返信ありがとうございます。

    マイコンはR5F52318ADFPとRSKRX231を用いて学習しております。

    このマイコンにてCAN通信を確率出来るようになりたいと考えております。

    お忙しい中、アドバイスありがとうございます。