Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

データロギング(?)の方法について

お世話になっております。かにぱんです。

 

現在開発環境はCS+、マイコンはRX62Gを使用しています。また、E1エミュレータでマイコンを動かしています。

プログラム中の変数を時間軸で表せるロギング(?)という方法があると聞いたのですが、どのような設定・操作をすれば可能なのでしょうか。

やりたい事としては、変数の時間変化をtxtファイル等に保存しグラフとして視覚化することです。

よろしくお願いいたします。

 

また、リアルタイム表示についてもこちらのサイト

http://tool-support.renesas.com/autoupdate/support/onlinehelp/ja-JP/csp/V4.01.00/CS+.chm/DebugTool-RX.chm/Output/db_kinou_prog_memory6.html

で試してみたのですが、実行時に?となり停止時のみ値が表示されます。対象はグローバル変数なのですが、見れないものなのでしょうか?

 

お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。

  • こんにちはNAKAといいます。

    E2studioだとこんな感じでモニタ出来そうですがCS+をE1できるのかな?E20ならできそう?

    僕も教えてほしいです。

    あまりにもアナログチックですが、通信(SCI)とかでカンマで区切って送信し、フリーのターミナルソフトで.CSV形式で保存するのはどうでしょう?

    もっと早い情報なら、ログする量にもよりますが、とりあえずRAM配列とかに入れてあとで同様に通信で取り出すとか?

    原始的な方法ですみません。

  • こんにちは

    CS+に「解析ツール」というプラグインがあります。資料を読み解いたわけではないので胸張って紹介できないのですが、こちらの機能でやりたいことは実現できないでしょうか。
    オンラインヘルプ:
    tool-support.renesas.com/.../an_kinou21.html
    PDFマニュアル:
    www.renesas.com/.../r20ut4406jj0100-csan.pdf
  • 「リアルタイム表示」とか「トレース機能」の文字があるので私もSHを使っているころにチョット欲しくなった高速で大規模メモリを備えたロータバッハ社のTRACE32とかGHS社のTimeMachineなどが必要で安価なE1エミュレータ+CS+では無理と予想します。TRACE32(RX600シリーズはありトレース機能も使えそうでがRX62Gはない)やTimeMachineの最新の機能概要やサポートマイコンは問い合わせるのが良いと思います。

  • Pythonコンソール機能を使えば(何でも)可能だと思います。

    tool-support.renesas.com/.../py_Python_function146.html
  • In reply to じま:

    >>NAKAさん、じまさん、kijoさん、systemdaemonさん

    ご意見ありがとうございます。じまさんのご意見が一致していそうでしたので、ひとまず頑張ってマニュアルを読みたいと思います。また何か問題がありましたら、こちらで質問させていただくことになるかもしれません。そのときはまた助言をいただけたら嬉しいです。
  • In reply to かにぱん:

    お世話になっております、かにぱんです。

    じまさんから教わったCS+の解析ツールを試してみました。

    リアルタイムサンプリング方式とトレース方式があったのですが、100usごとに変数を見たいのでより細かい周期でみれそうなトレース方式で試したのですが、結論としてグラフ化できませんでした。

    気になった点として、マニュアルでは

    データ収集モード

    デバッグツール設定→smart Analog→実行中にデータ収集を行う→はい

    という文があったのですが、デバッグツール設定の中にsmartAnalogの項目が見当たらなかったことです。

    何か設定が間違っているかもしれないと思うのですがそういった点はありますでしょうか?

    また、E1を使っているのが原因で、E20であれば出来るのでしょうか?

    画像を載せますのでアドバイスを頂けると幸いです。

  • In reply to かにぱん:

    CS+のチュートリアルの解析機能のページに
    「E1ではトレースは不可能」との記述があるようです。
    tool-support.renesas.com/.../14.htm
  • In reply to かにぱん:

    少し気になっていたのですが不確かなのでひかえてました。かにぱんさんが意見が一致していそうとされているじまさんが紹介したオンラインヘルプの注に「選択しているマイクロコントローラがSmart Analog IC搭載品の場合のみサポートしている機能です」とあります。十分にハードウエアマニュアル等をチェックしていないのですがE1orE20の問題ではなくRX62GはSmart Analog IC非搭載なのではないでしょうか?
    やりたいことが何らかの機能のソフトウエアのデバッグなのか、何らかの機能そのものなのか、不明です。何らかの機能そのもので100uS周期の1~2バイトのデータを後処理後に確認するで良いならNAKAさん提案のCS+にこだわらずにSCI経由が簡単で何とかなると思います。
  • In reply to kijo:

    こんにちは
    かにぱんさん、Mooさん、kijoさん

    申し訳ありません、RXでのグラフ表示対応について確認不足でした。
    Smart Analog関連はSmart Analogが搭載されているマイコンでしか設定ができないです。
    また、トレース機能も「最大256分岐の分岐情報 または最大256サイクルのデータアクセス情報 を取得」となっていました。(グラフに点くらいしか付かない?)
    www.renesas.com/.../r20ut0616jj0922_ocd_debug.pdf

    100%言い訳ですが、各エミュレータで使えるデバッグ機能の一覧表があると良いですね(あったかな?)。上記PDF資料ではあまりにザックリしすぎてて、マニュアルやオンラインヘルプに対応エミュレータとMCUの記載はありますがエミュレータ選択を検討しているときにドキュメントの内容をしっかり読むってなかなかできないかと。
  • In reply to じま:

    >>Mooさん、kijoさん、じまさん
    ご意見ありがとうございます。E20を借りてやったのですがうまくいかず、RX62GがsmartAnalog搭載ではないのではないかと思いました。搭載してるかググってみたのですがよくわからず...
    素直に通信で頑張ろうかと思います。
    ありがとうございました。
  • In reply to Moo:

    E1では、トレースはできませんが、ms周期で、値をモニタし、グラフ表示することはできました。
    CS+ V8.01.00
    ユーザーズマニュアル RX デバッグ・ツール編
    2.11.1.4 プログラム実行中にメモリの内容を表示/変更する
    表 2.8 リアルタイム表示更新機能(擬似 RRM 機能による読み込み)の対象領域
    C+Dの設定をすれば、ウォッチが自動更新され、
    解析ツールでグラフ表示されました。
    実行を一時的に、停止しているため、一瞬でも停止がNGのシステムでは、活用できませんが、
    グラフでグローバル変数の値をモニタできるようになり。便利になりました。

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page