Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

RX111 スタンバイ、スリープ時の消費電力について

こんにちは。現在RX111にて省電力のシステムを検討しています。

ハードウェアマニュアルに低消費電力状態として「スリープモード」「ディープスリープモード」「ソフトウェアスタンバイモード」があり、

動作電力低減機能として「高速動作モード」「中速動作モード」「低速動作モード」がありますが、

「中速動作モード」から「ソフトウェアスタンバイモード」に入った状態と

「低速動作モード」から「ソフトウェアスタンバイモード」に入った状態では

スタンバイモード中の消費電力に違いはあるのでしょうか。

 

動作中の消費電力、スリープ中の消費電力はそれぞれ別で考えるのか、

それぞれの組み合わせることで相乗効果があるのか、どなたか知っている方がいらしたら教えていただけますでしょうか。

  • zmb 様

    管理人のAyrです。

    お問い合わせありがとうございます。
    各動作モードでの消費電力などは製品の電気的特性になりますので
    下記のお問合せのリンクから”サポート問合せ先(チケットを提出する)”にご質問くださいますようお願いいたします。

    【お問い合わせ】
    https://ja-support.renesas.com/dashboard

  • In reply to Ayr:

    失礼いたしました。
    そちらから問い合わせたいと思います。
  • Zmbさん
    UMのソフトウェアスタンバイのDC特性では
    中速動作に比べて低速動作モード時はサブ発振子が継続するため+0.31uA程度増えるようですね。
    RTC動作時と書いてありますけれども、おそらくサブ発振回路での消費が0.31uAの大半を占めていると思います。

    詳しいことはサポートに問い合わせれば教えてもらえると思います。

  • Kirinさん

    情報をありがとうございます。
    そのように読み解けばよかったのですね。
    消費電力が減ることを想定して測定したのですが微妙な誤差なのか
    変化が無いのか判断つかなかったので非常に助かりました。
    サポートにも別途問い合わせているのでそちらも参考にしたいと思います

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page