GR-CITRUS 初期ファームウェア (2016/7/14版)

がじぇるね岡宮です。

GR-CITRUS購入時に書き込まれているUSBマスストレージファームウェア(2016/7/14版)です。

E1接続を試されたり、不測の事態でGR-CITRUSの初期動作がおかしい場合に、このファームウェアで復旧してください。

書き込み手順は以下の通りです。現時点ではWindows PCのみ対応しています。

 

1.Renesas Flash Programmer(RFP)のインストール

 ファームウェア書き込みのためのツール「RFP」をインストールしてください。

 https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/programmer/renesas-flash-programmer-programming-gui.html

2.GR-CITRUS接続

 MDジャンパーをショートしながら、GR-CITRUSをPCに接続してください。

 

 ※RFPインストール時にUSBドライバがインストールされますので、プラグアンドプレイでUSB認識すると、デバイスマネージャーでは以下のように「Renesas USB Development Tools」が表示されます。

 

3.RFPで新規プロジェクト作成

 RFPのファイルメニューから、新規プロジェクトを作成します。以下のように設定して接続ボタンを押します。

 マイクロコントローラ:RX63x

 プロジェクト名:適当に入力

 ツール:USB Direct

 

4.ファイル指定と書き込み

 以下の画面で、参照ボタンを押し、添付のmot形式のファイルを指定し、書き込みボタンを押します。

 「操作が成功しました」と表示されたら書き込みOKです。

 

5.動作確認

 GR-CITRUSを一旦PCから切断し、MDジャンパーをオープンにして、再度PCに接続します。

 その後、リセットボタンを押してGR-CITRUSがUSBメモリとして認識されます。