GR-KAEDE USBファーム

がじぇるね岡宮です。

添付はGR-KAEDE出荷時に書き込まれるUSBファームウェアで、USBマスストレージライクなプログラム書き込みを実現するものです。

GR-KAEDEを通常で使用する場合は必要ありませんが、例えばe2studioやCS+などのローカル環境で独自にプログラム開発後、出荷時に戻す場合などに必要になります。

以下は書き込み手順です。

 

0.準備

以下のものを準備してください。また、書き込みにはWindows PCが必要になります。

・GR-KAEDE

・USBケーブル micro Bタイプ

 

1.Renesas Flash Programmer(RFP)のインストール

RFPをダウンロードしてインストールしてください。

http://japan.renesas.com/products/tools/flash_programming/rfp/downloads.jsp

 

2.GR-KAEDEのスイッチ設定

GR-KAEDEのJ7部分のスライドスイッチを以下のように設定してください。

- 1: ON

- 2: ON

- 3: OFF

- 4: ON

 

4.PC接続

USBケーブルを使ってGR-KAEDEとPCを接続してください。

 

5.RFPの起動

RFPを起動してください。

 

6.RFPのワークスペース作成

以下の手順に沿ってワークスペースを作成してください。

起動時に以下の画面が表示されます。Fullモードを選択して次へ進んでください。

 

 

 

 ターゲット・マイクロコンローラで「RX」、「Generic Boot Device」を選択し、ワークスペース名、作成場所を適当に設定して次へ進んでください。

 

 使用ツールとして「USB Direct」を選択して次へ進んでください。

 

 以降のダイアログはすべてデフォルトのまま「OK」を選択して進めてください。

 以下のワークスペースが表示されます。

   

 

7.ファイルの追加

 以下のようにファイルツリーで右クリックし、「プログラム・ファイルの追加」を選択して、添付のファイルを指定してください。

 

 ファイルが追加されると以下のようになります。

 

 

8.書き込みの実施

 

 

 書き込みが終了したら、以下のようにデバイスとの切断を行います。

 

 

9.動作確認

 書き込みを終えたら、一旦GR-KAEDEからUSBケーブルを取り外します。

 それから、GR-KAEDEのJ7スライドスイッチを以下のように設定します。

 

 - 1: OFF

 - 2: OFF

 - 3: OFF

 - 4: ON

 

 スライドスイッチの設定が終わったら、USBケーブルを再度接続してください。LED1~LED4が点滅したら正常動作です。

 

usbfirmKAEDE_20170306.mot