Webコンパイラマニュアル

WebコンパイラはWebブラウザでプログラム開発ができる環境です。

クラウド上にコンパイラ、ストレージがあるため、インストールやワークスペースの確保をすることなく、プログラム開発が始められます。

●動作ブラウザ

Chrome 17以上
Internet Explorer 9以上
FireFox 4以上
Opera 11以上

 ※JavaScriptが動作し、Flash Playerが適用されている必要があります。

 

・ログイン

 Webコンパイラへのログインは、がじぇっとるねさすサイトより行います。

 ログイン方法は2種類あります。

・ログイン    :MyRenesasアカウントを使用してログインします。自分のストレージが確保されます。

・ゲストログイン :ゲストとしてログインします。プログラム開発をお試しできますが、ログアウトすると作成したプログラムは削除されます。

 

 

・表示言語

 日本語、英語に対応しています。言語は基本的にMyRenesasアカウントの登録情報に応じて表示されます。

 ゲストログインの場合は、ブラウザに設定されている言語区分に応じて表示されます。

 

・新規プロジェクト作成

 プロジェクトとはシステム開発を行うために必要なファイルや設定を管理するためのものです。

 プロジェクトの作成は以下のボタンから行います。初めてログインしたときは、新規プロジェクト作成画面から開始します。

 

 マイコンボードやサンプル例に応じたテンプレートがありますのでいずれかを選択します。

 プロジェクト名を入力して作成ボタンを押します。

 注意:プロジェクトの名前に日本語は使用できません。半角の英数字や記号を使用してください。

 

 

・プログラムの編集

 編集したいプログラムをエクスプローラーでダブルクリックすると、プログラムが開きます。

 

 

・プログラムの保存

 編集したプログラムはこまめに保存しましょう。右ナビの保存ボタンを押します。

 

 

・プログラムのビルド

 ビルドとは、ソースファイルのコンパイルや、アセンブル、リンクなど、マイコンに書き込むファイルを生成する一連の操作のことです。

 ビルドを行う際は以下の処理が実行され、プロジェクト内の対象ファイルをすべてをビルドします。

   ・プロジェクト内のソースファイル(.c, .cpp, .s, .asm)を検索してコンパイル、アセンブルの対象にする。(makefileに書き込む)

   ・プロジェクト内のヘッダファイル(.h)を検索して、コンパイル、アセンブルのインクルードファイルとする。(makefileに書き込む)

   ・プロジェクト固有のビルドツール(GNURXやGNURL78など)のパスを通し、makeを実行する。

 

 ビルドを行うと以下のように、ビルド結果が表示されます。成功すると末尾にMake process completedと表示されます。

 閉じるボタンを押して、画面を閉じます。

 

 

 ビルドが成功すると、マイコンボードに書き込むファイルが生成されます。

 例として以下は、GR-KURUMI用のプロジェクトですが、「kurumi_sketch.bin」というファイルが生成されます。

 

 

 ビルドでエラー発生時は、以下のようにエラー箇所と共にError表示がされますので、エラーを訂正し、再度ビルドしてください。

 

 

・ファイルのダウンロード

 マイコンボードに書き込むためのファイルや、プログラムをローカルPCに保存したい場合、以下のように

 コンテキストメニューを開いて、ダウンロードを選択します。

 

 

・ファイルのアップロード

 ローカルにあるファイルをプロジェクトにアップロードすることができます。

 配置したいフォルダーからコンテキストメニューを開き、アップロードを選択します。

 

 

 以下の画面にファイルをドラッグ&ドロップしてください。

 

  

・プロジェクトのダウンロードとアップロード

 バックアップ用として、プロジェクトすべてをローカルPCにダウンロードし、また復帰するためにアップロードすることができます。

 ダウンロードは、以下のようにルートフォルダーからコンテキストメニューを開き、ダウンロードを選択します。

 zip形式のファイルに圧縮し、ダウンロードされます。

 

 

 ダウンロードしたzipファイルをアップロードする場合は、以下のボタンから行います。

 

 以下のアップロード画面で、テンプレート、プロジェクト名、プロジェクトファイルを指定して、プロジェクト作成します。

 

 

 

 

  • webコンパイラにmake clean機能を付けませんか?

  • makefileをコンパイル時にテンプレートに戻すか、戻さないかのチェックボックスも欲しいです。-o2を-o1へ変更してコンパイルするなどしたいです。

  • たまに、エラーメッセージの該当行をクリックすると、同じファイルを二重に開いてくれて、気づかずに片方を編集すると直したつもりなのにまた同じエラーを発生させる、この二重にファイルを開くのをなんとかして欲しい。