GR-CITRUS IoTワークショップ 進行(2016/11/19)

がじぇるね岡宮です。こんにちは!

本ページはGR-CITRUS IoTワークショップ 進行用のページです。

以下の流れに沿って、デモを行いながら参加者の皆様にGR-CITRUSを体験していただきます。

お配りするものは以下です。

------------------------------------------

・GR-CITRUS(ピンクの基板)

・WA-MIKAN(オレンジの基板)

・ブレッドボード

・ワイヤー(10本ぐらい)

・センサー5つ(照度、温湿度、加速度、角速度、地磁気

 

loginloginloginloginlogin

-------------------------------------------

 東京無線LAN (※本設定はイベント終了後無効になります)

  SSID: elecom2g01-45ea1e

  Key  : renerene

このページのショートURL:http://bit.ly/2g7fPD6

GR-CITRUS

 

1.プログラミング環境セッティング(無線LAN、Rubicセットアップなど) (30分)


 まずはPCがインターネットにつながる状態にしてください。

 インターネット接続後、以下のサイトにジャンプします。

 

 http://gadget.renesas.com/ja/product/citrus_sp1.html

 サイトにジャンプ後は、ページに沿って「Rubic」が使用できる状態にしてください。

 

2. GR-CITRUSのmrubyプログラミング


 次に以下のサイトに沿ってRubyを体験します。

 

 http://gadget.renesas.com/ja/product/citrus_sp1a.html

 

3. センサーネットワークを作ってみる (1時間)


 はじめにGR-CITRUSのmrubyファームウェアを最新版に更新したいと思います。

 GR-CITRUSのリセットボタンを押して、USBフラッシュメモリとして認識させてください。

 その後、Githubのファームウェアページにジャンプして、Downloadボタンを押し、

 citrus_sketch.binをGR-CITRUSドライブに保存してください。

 

 「Rubic」でGR-CITRUSのポートを接続しなおして、バージョンチェックしてください。

 以下のように2.19が表示されていればOKです。(2016/11/19現在)

 ※山本さん、夜分遅くまでファーム更新ありがとうございます!

 

 

 それではまず、センシングから行います。以下のサイトに沿って5つのセンサーを使ってみます。

 30分ぐらいでできるところまでやりたいと思います。

 ワークショップでは、「照度」→「温湿度」→「加速度」→「方位」→「角速度」の順で説明していきます。

 ※大阪会場の皆さん、すみません。角速度センサーはI2Cに外部プルアップ抵抗が必要ですが、送付していませんでした。

 

 http://gadget.renesas.com/ja/product/citrus_sp1b.html

 

 次にGR-CITRUS + WA-MIKANでネットワークにつないでIoTを体験しましょう!

 ネットワークについては、まだ特設ページを用意していません。

 IFTTT (IF this then that)を動かして、スマホに通知、メールを送ってみましょう。

 ※IFTTTを利用するにはアカウントを作る必要がありますので、時間の関係でデモだけに

  なるかもしれません。

  

 IFTTTのサイトを開いてSign upしてSign inしましょう。

 Getting Startから進めてください。

 

 

 Signした後、Searchページを開き「Maker」と入力して検索すると、

 Servicesに「Maker」が出てきますので、クリックしてください。

 

 次に「Connect」を押してください。

 

 次に「MyApplets」を開いて「New Applet」を開いてください。

 

 以下のページで「this」をクリックします。 

 

  Choose a serviceでMakerを選択します。

    

 Event name(イベント名)に適当に名前を入れてCreateボタンを押します。

 今回は「citrus」をイベント名にしています。

 

 次に「that」をクリックしてください。

 

 今回はスマホで通知を受けるためアクションはNotificationを選択します。

 メールやTwitterなど多くのアクションが用意されているのが分かりますね。

 

 

 Create Actionを押してください。

 

 最後にFinishを押してIFTTTの準備完了です。

   

 以下は、通知を送るRubyサンプルです。WiFi.httpGetの引数にある

 (KEY)の部分は、

 

#!mruby
#GR-CITRUS Version 2.15

#ESP8266を一度停止させる(リセットと同じ)
pinMode(5,1)
digitalWrite(5,0) # LOW:Disable
delay 500
digitalWrite(5,1) # LOW:Disable

Usb = Serial.new(0,115200)

if( System.useWiFi() == 0)then
Usb.println "WiFi Card can't use."
System.exit()
end
Usb.println "WiFi Ready"

Usb.println "WiFi Get Version"
Usb.println WiFi.version

Usb.println "WiFi disconnect"
Usb.println WiFi.disconnect

Usb.println "WiFi Mode Setting"
Usb.println WiFi.setMode 3 #Station-Mode & SoftAPI-Mode

Usb.println "WiFi ipconfig"
Usb.println WiFi.ipconfig

Usb.println "WiFi connecting"
Usb.println WiFi.connect("elecom2g01-45ea1e","renerene")

Usb.println "WiFi ipconfig"
Usb.println WiFi.ipconfig

Usb.println "WiFi multiConnect Set"
Usb.println WiFi.multiConnect 1

Usb.println WiFi.httpGet("maker.ifttt.com/trigger/citrus/with/key/(KEY)").to_s

Usb.println "WiFi disconnect"
Usb.println WiFi.disconnect

4. MP3プレーヤー作成デモ


 以下のページに沿ってMP3プレーヤーを作成します。

 ワークショップでは、部材数の関係で基本的にはデモンストレーションを実施します。

 数個の部材は用意していますので、音を鳴らしてみたい方は変わりばんこで試してみてください。

 

 

 http://gadget.renesas.com/ja/product/com_sp_music_rom.html

 

 

5. 自由時間+有志懇親会!(1時間)


 

 有志で懇親会しましょう!