Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

スマートコンフィグレータでのコード生成について

スマートコンフィグレータでi2c通信を行おうと思っているのですがコード生成してもcs+のほうで表示されません。

ネットで調べると図のようにスマートコンフィグレータの下に表示されています。

初歩的なことで申し訳ないのですがどなたか原因を教えてもらえないでしょうか?

  • たむら様、鈴木と申します。
    スマートコンフィグレータでのコンポーネント設定は、どうなっているでしょうか?
    I2Cが選択されている必要があります
    スマートコンフィグレータガイドもご参照ください
    www.renesas.com/.../keyword-search.html
    以上、よろしくお願いします
  • たむらさん、こんにちは。NoMaYです。

    少し確認させて欲しいのですが、右側の図がたむらさんのプロジェクトだと思いますが、そこに表示されているSmart Configuratorの項目とその下の項目は、変換する前のプロジェクトにもあったものでしょうか?また、Windowsエクスプローラで確認してみると、Config_XXXというフォルダにソースは生成されていますでしょうか?(これは鈴木さんの確認事項の後のことですが。)

    気になっているのは、プロジェクトを0から作ったのではなくて、既存のプロジェクトを変換したのだと思われますので、プロジェクトファイル内のRXスマートコンフィグレータのパスが合っておらず、CS+のプロジェクトツリーの中のスマートコンフィグレータの項目をダブルクリックしてRXスマートコンフィグレータを起動したのではなく(エラーメッセージが表示される? or 何も起こらない?)、RXスマートコンフィグレータをWindowsのスタートメニュー等から起動していたりしないかな?ということです。(スタートメニュー等から起動した場合には、CS+との連携動作は行われないからです。)

  • In reply to 鈴木:

    鈴木様、回答ありがとうございます。

    コンポーネントでi2cのスレーブとマスターの両方を追加していますが
    やはり表示されていませんでした。
    ユーザーガイド参考にします。
  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん、いつも回答ありがとうございます。

    エクスプローラーではc:\test\prj\src\smc_genの中にソースが生成されていました。

    またプロジェクトは他者から譲り受けたものですがスマートコンフィグレータはcs+から起動したものです。

    よろしくお願いします。
  • たむら さん、こんにちは。NoMaYです。

    そうなると、CS+上でRXスマートコンフィグレータ通信プラグインをまだ有効にしていない、とかでしょうかね、、、(たしか有効にする方法はユーザガイドに説明があったと思います、、、)

  • In reply to NoMaY:

    NoMayさん、回答ありがとうございます。

    確認しましたがRXスマートコンフィグレータ通信プラグインには
    チェックが入っていました...
  • In reply to NoMaY:

    たむら さん、こんにちは。NoMaYです。

    > CS+上でRXスマートコンフィグレータ通信プラグインをまだ有効にしていない、とかでしょうかね

    いや、そんな筈は無いのかもという気がしてきました。有効にしていなければ、CS+のプロジェクトツリーの中の表示されない筈だと思い直したからです。すみません。

  • たむら さん、こんにちは。NoMaYです。#ちょっと行き違ってしまいましたね、、、

    私としては、変換したプロジェクトである、という点が気になっていて、宜しければ(今の時点では企業秘密に属するようなコードは全く入っていないと思いますので)、mtpjファイルとscfgファイルをzipファイルに固めて添付して頂けないでしょうか? それを私の手元で開いて、現象が再現するかを調べてみたいと思ったからです。

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん、回答ありがとうございます。

    元のプロジェクトのコピーをとっていたためそちらをcs+上でスマートコンフィグレータで起動してコード生成したらcs+上でも表示されました。原因は何だったのかわかりませんが無事解決しました。
    せっかく色々調べてもらったのにこういう形で解決して本当にお騒がせして申し訳ありません。
    本当にありがとうございました!
  • たむら さん、こんにちは。NoMaYです。

    > 元のプロジェクトのコピーをとっていたためそちらをcs+上でスマートコンフィグレータで起動してコード生成したらcs+上でも表示されました。

    そうなると、元のプロジェクトをCS+上で変換した(既存プロジェクトを流用して新規プロジェクトを作成した?)際に何か変なことが起きた、という線が疑わしくなりそうですね、、、 私の手間はそれほどではありませんので、元のプロジェクトのmtpjファイルとscfgファイルと今回のプロジェクトのmtpjファイルとscfgファイルをzipファイルに固めて添付して頂けると今後の為に役立つかも知れないのですけれど。(もっとも、元のプロジェクトに企業秘密に属するような情報が入っていなさそうであれば、ですけれども。)

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん、回答ありがとうございます。

    返信でファイルが添付できなかったので新たに質問としてそこに添付したのでよろしくお願いします。
  • たむら さん、こんにちは。NoMaYです。

    zipファイル、どうもありがとうございました。(でも、今回.zipと元.zipは中身が逆でしたよ。すぐ気付きましたので問題無しです。) 私の手元でも再現しました。まず、今のところ気付いた点です。

    (1) 大元はTB-RX65Nのe2 studioのサンプルプロジェクトのようですね。
    (2) e2 studioでrcpcファイルを出力させ、CS+で読み込んだ、というところでしょうか。(CS+読み込みがプロジェクト変換かな、と思いました。)
    (3) ただ、この時点(或いは少し後?)のCS+のプロジェクトtestd.mtpjですが、testd.mtpj内にscfgファイルに関する情報が欠落してしまっています。(★第一の謎)
    (4-1) testd.mtpjと一緒に入っていたtestd.scfgですが、タイムスタンプは、mtpjが6/12なのに対してscfgが今日になってます。(★第二の謎)
    (4-2) また、scfgは中身が出来たてのような感じで(つまりスマートコンフィグレータ上で保存したことがないような感じ)です。
    (5-1) 問題の今回のtesti2c2.mtpjですが、testi2c2.mtpj内にscfgファイルに関する情報は入っていますが、それがtestd.scfgになっています。
    (5-2) testi2c2.mtpjと一緒にtesti2c2.scfgが入っていましたが、上の(5-1)の状態ではtesti2c2.scfgは作られない筈なのです。(★第三の謎(第二の謎と関連?))

    それで、まず確認したいのが以下の3点です。

    (A) 上記の(2)でTB-RX65Nのe2 studioのサンプルプロジェクトからrcpcファイルを出力させたと推測しますが、私の推測はあってますか?
    (B) そうであれば、その時に使用したe2 studioのバージョンは何でしょうか?
    (C) また、そうであれば素朴には、rcpcファイルはtb_rx65n.rcpc、CS+プロジェクトはtb_rx65n.mtpj、となる筈ですが、そこからtestd.mtpjを作成した手順はどういうような手順でしょうか?CS+上でプロジェクト名を変更?CS+上で名前を付けてプロジェクトを保存? Windowsエクスプローラ上で手作業でプロジェクトファイル名を変更?

    特に(B)が気になります、、、

  • たむら さん、こんにちは。NoMaYです。

    私は原因が分かったように思います。以下の(2)の時点では、つまり6/12の時点では、CS+のRXスマートコンフィグレータプラグインが有効になっていなかったのです。(別スレッドでしたが、たむらさんがRXスマートコンフィグレータプラグインを有効に出来るようになったのが7/20でしたね。) そのせいで、mtpjファイルがRXスマートコンフィグレータ未対応のものになってしまっていて、それを流用していたことで変な現象が起きるようになってしまったのではないかと思われます。(私の前のリプライの確認事項については、返事を頂かなくても良いかな、と思います。)

    > (1) 大元はTB-RX65Nのe2 studioのサンプルプロジェクトのようですね。
    > (2) e2 studioでrcpcファイルを出力させ、CS+で読み込んだ、というところでしょうか。(CS+読み込みがプロジェクト変換かな、と思いました。)
    > (3) ただ、この時点(或いは少し後?)のCS+のプロジェクトtestd.mtpjですが、testd.mtpj内にscfgファイルに関する情報が欠落してしまっています。(★第一の謎)
    > (4-1) testd.mtpjと一緒に入っていたtestd.scfgですが、タイムスタンプは、mtpjが6/12なのに対してscfgが今日になってます。(★第二の謎)
    > (4-2) また、scfgは中身が出来たてのような感じで(つまりスマートコンフィグレータ上で保存したことがないような感じ)です。

    言い方を変えると、RXスマートコンフィグレータ未対応のmtpjファイルをRXスマートコンフィグレータプラグインを有効にした状態でCS+で読み込むと、今回の現象(RXスマートコンフィグレータではソース生成されているのにCS+のプロジェクトツリーにそれが反映されない)が起きる、ということなのでした。(手元で充分に再現出来るようになりました。)

    解決策ですが、RXスマートコンフィグレータプラグインを有効にした今の状態で上記(2)をやり直すことかな、と思います。その時、変換時のCS+のプロジェクトをtb_rx65n.mtpjのままにすれば、e2 studioのサンプルプログラムのtb_rx65n.scfgの内容が引き継がれる筈かな、と思います。

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん、回答ありがとうございます。
    返信が遅くなり申し訳ございません。

    > (1),(2) はおっしゃる通り元々はe2studio用のプロジェクトでそれをcs+用に変換しました。またe2studioのバージョンは7.8.0です。
    > (3)はプロジェクトの変換を他の方にやってもらったので原因がわかりません...
    > (4-1),(4-2) はおそらくプロジェクトの変換をしたのが6/12でスマートコンフィグレータを使ったのが7/31だからだと思います...

    解決策試してみようと思います。

    丁寧にありがとうございました。
  • たむら さん、こんにちは。NoMaYです。

    >> (3) ただ、この時点(或いは少し後?)のCS+のプロジェクトtestd.mtpjですが、testd.mtpj内にscfgファイルに関する情報が欠落してしまっています。(★第一の謎)

    > (3)はプロジェクトの変換を他の方にやってもらったので原因がわかりません...

    そうであれば、プロジェクトの変換をやって頂いた人のCS+にRXスマートコンフィグレータプラグインがインスト-ルされていないとか(もしくはまだ有効にしていないとか)そういったことも考えられますね。

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page