Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

cs+でアクセス・ブレーク機能で値が0x00に変化したときブレークできない

マイコンRX210、開発環境cs+を使用しています。

ある1バイトの領域の値が0x00に変化したときにブレークしたく、 書き込み組み合わせブレークを設定しました。

char sn[10]; /* 対象となる文字列 */

ウォッチ式にsn[1]を設定し、アクセス・ブレークの設定 > 書込み組み合わせブレーク を登録しました。

しかし、sn[1]が0x00に変化したときにブレークしません。

変数に書き込みブレークを設定するとき、値0x00を設定した場合と値を指定しない場合の 両方を試しましたが、いずれも0x00に変化したときブレークしませんでした。

ちなみに、sn[1]が0x00以外に変化したときはブレークします。

使い方の間違えを指摘していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 『CS+ V8.02.00 統合開発環境 ユーザーズマニュアル RX デバッグ・ツール編』https://www.renesas.com/jp/ja/doc/products/tool/doc/015/r20ut4528jj0100-csdbrx.pdf をみると

    > 2.10.4.1 変数 /I/O レジスタへのブレーク・イベント(アクセス系)を設定する

    > 対象となる変数は,グローバル変数/関数内スタティック変数 /ファイル内スタティック変数のみとなります。

    とあり、アクセスブレークが掛けられる変数は静的に配置されたものに限られるみたいですがそうされてますか?

  • In reply to fujita nozomu:

    ご回答ありがとうございます。
    対象はグローバル変数です。
  • Wadaさん

    以下の様な設定で、0でもブレークできているようです。

  • In reply to wada:

    ひとつの項目の確認で 6日も掛かっては解決に至るまでどれほど要するかも見当がつかないので、先ずは『CS+ V8.02.00 統合開発環境 ユーザーズマニュアル RX デバッグ・ツール編』の 2.10.4~2.10.4.3 (使用されている CS+ の版が違う場合は該当箇所)に書かれていることすべてについて確認されることをお勧めします。

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page