Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

Amazon FreeRTOSだそうです。ルネサスさんのRXは参加しないのかな?

こんにちは。NoMaYです。

ライセンスはMIT Licenseでした。TLSとしてmbed TLSが使用されていました。サポートされているボードの写真を見ていたら、どれにも有線LANコネクタが無いことに気付きました。時代の流れでしょうか、、、

Getting Started with Amazon FreeRTOS
aws.amazon.com/freertos/getting-started/

Amazon FreeRTOS
aws.amazon.com/freertos/

Amazon FreeRTOS ソースコード
github.com/aws/amazon-freertos

[関連リンク]

FreeRTOS - freertos.org
www.freertos.org/

FreeRTOS - sourceforge.net
sourceforge.net/projects/freertos/files/

FreeRTOS kernel自体はCC-RXにも対応
github.com/aws/amazon-freertos/tree/master/lib/FreeRTOS/portable/Renesas

Amazon FreeRTOSはTLSにmbed TLSを使用
github.com/aws/amazon-freertos/tree/master/lib/third_party/mbedtls

[ニュース]

組み込み業界に大インパクト「Amazon FreeRTOS」の衝撃 - 大原雄介,MONOist
monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1712/28/news011.html

アマゾン「AWS IoT」は何が衝撃的なのか - 大原雄介,MONOist
monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1510/21/news026.html

(2018/01/01 : 記事を選び直しました。)

[追記]

もしかしたら、オープンソースライセンスのドライバライブラリが用意されていないから、ルネサスさんはアマゾンさんに相手にして貰えないのかも、、、

ちなみに、FreeRTOS kernel自体のライセンスがV10からModified GPLからMIT Licenseに変わったようです。

  • シェルティさん、こんにちは。NoMaYです。

    ふと思ったのですが、ESP32について考えると、ESP32自体がAmazon FreeRTOS対応しているから、誰かが汎用のAWS接続用ESP32ファームウェア(外部からはUART通信等で制御する)を作成して公開したら、マイコンはどんなマイコンであれ(極端には8ビットマイコン且つ小ROM/小RAMとかであっても)AWS接続出来るようになる、ような気がします、、、

    更に考えると、Wi-FiチップとしてESP32を使用する場合、ESP32の開発元のEspressif社の動向やESP32のユーザコミュニティの動向を注視していないと、せっかくマイコン側で苦労してAWS接続出来るようにしても、ある日ある時、ESP32の汎用のAWS接続用ESP32ファームウェアが公開されて、UART通信でチョイチョイとやればAWS接続出来るようになって、せっかくの苦労が殆ど価値の無いものになってしまった、という可能性があったりするのかも知れません、、、

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    こんにちは、シェルティです。

    プレスリリース出しました。
    www.renesas.com/.../news20190108.html

    ESP32ですが、確かにそうですね。
    ただまあルネサスは自前のマイコンが載ったWIFIモジュールがないので
    何かしら外付けでWIFIモジュールを繋ぐ必要があり、
    リーズナブルなものということで消去法でいくとESP32あたりが妥当、ということになります。
    長期/安定/ワールドワイド供給を要件に入れるとSilexか村田製作所と思っています。
    ドライバソフト自体の作り込みの手間もさほどではないので
    「ひとまず繋がるソリューション」として準備は進めるつもりです。

    私の最終の狙いとしては、WIFIモジュール側にRXマイコンを入れることですね。
    これができれば、ESP32に頼ることもなくなります。
    #逆にこれができなければ、いつまでもWIFIに関してはどこかの動向を注視しなければならない羽目になると思います。

    以上です
  • In reply to シェルティ:

    みなさま

    こんにちは、シェルティです。

    Amazon FreeRTOS最新版のV147に追従して、RXマイコン版のパッケージのV017をリリースしました。
    github.com/.../v0.1.7

    Amazon FreeRTOS本家には認証を受けたRX65N RSK Etherの環境 (CC-RX/e2 studio)しかありませんが、
    RXマイコン版のパッケージには他のボードの環境(CC-RX/GCC/e2 studio/CS+)も入れてあります。
    対応環境リストは上記URLに載せてます。

    あと、RX65N(GR-ROSE)をAWS接続するまでのチュートリアルをwikiに書きました。
    github.com/.../wiki

    今後いろいろコンテンツを増やしていくつもりです。

    以上です
  • こんにちは。NoMaYです。

    このスレッドへの久々の投稿ですが、Amazon FreeRTOSの話題ではなくて、なんとMicrosoftがExpress Logic (ThreadX RTOS)を取得したとのことです、、、

    Microsoft acquires Express Logic, accelerating IoT development for billions of devices at scale
    blogs.microsoft.com/blog/2019/04/18/microsoft-acquires-express-logic-accelerating-iot-development-for-billions-of-devices-at-scale/

    もうMicrosoftのロゴが出てます
    rtos.com/

    Express Logic Joins Microsoft
    rtos.com/expresslogic-joins-microsoft/

    [雑談]

    AmazonがFreeRTOS、MicrosoftはThreadX、残るは、Google、IAR社、だろうか?

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    こんにちは、シェルティです。

    さすがアンテナ高いですね。この場で私から何かコメントを出すことができない内容ですね。すみません。

    さてAmazon FreeRTOSですが、直近以下を進めようと考えています。

    ・OTAの活用
    ・Tracealyzerの活用
    ・AWSの各種サービスを使用する(チュートリアル)

    出来上がった成果は以下RXマイコンのAmazon FreeRTOSのwikiに書き込んでいきます。
    github.com/.../wiki

    開発チーム内や関係部署、協力会社に素材を集めてもらって、下調べとか試作とかいろいろ準備をいただき、
    手元に成果が集まってきている状態です。あとは私が組み立てて外向けに清書するだけ、という状態ですかね。
    OTAはそれなりに規模があるのですぐには完璧にはならず、6月末くらいに一通り完成、
    といったところでしょうか。

    以上です
  • こんにちは。NoMaYです。

    いよいよ出るのかな?

    Renesas RX65N Cloud Kitのご紹介
    RX65Nマイクロコントローラを使用してAmazon Web Services(以降AWS)にWi-Fi接続可能なクラウド通信評価キットです。
    RenesasPresents
    2019/07/31 に公開
    視聴時間(日本語音声) 3:54
    www.youtube.com/watch?v=QHKbO64MmnU

    [追記]

    ビデオ内で紹介されている以下のURLの準備はまだ出来ていないようですね。(2019/08/01 08:00)

    www.renesas.com/rx65n-cloud
     

  • こんにちは。NoMaYです。

    前の投稿に書いたビデオが「ユーザにより削除されました」となってますね。どうも手違いだったようです。ルネサスさんに悪いことしちゃったかな、、、 (^_^;)

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    こんにちは、シェルティです。

    RX65N Cloud Kitはご推察の通りいろいろ進んでます。
    NoMaYさんと2017年末から続けてきた開発成果の3弾目といったところでしょうか。
    4弾目以降も色々と準備中です。

    1弾目:ルネサスの32ビットマイコンRX65NがAmazon FreeRTOS認定を取得
     www.renesas.com/.../news20190108.html
    2弾目:RX Driver Package マルチコンパイラ対応
     www.renesas.com/.../r20ts0444jj0100-rx.pdf
    3弾目:RX65N Cloud Kit
     準備中

    RX65N Cloud KitのWIFIはホストとWIFIモジュールがUARTで繋がっており、通信が遅いので私は満足できておらず、
    SDIOで繋ぐ以下パタンについても調整を続けております。機能的にはRX65N Cloud Kitは満足です。
    github.com/.../readme.txt

    私の夏休みの宿題は、Amazon FreeRTOS OTAです。以下に進捗書いてます。
    github.com/.../readme.txt

    作り終わって頭の中が整理できたら、以下にメカニズムを追記していきます。
    github.com/.../OTAの活用

    以下3パタン作ってます。②③は動きました。①は私の夏休みの宿題になりました。

    ①オンザフライ方式:
    RXマイコン内蔵フラッシュメモリのみを通信受信バッファに使用したパタン(×速度=低 ×ソフト実装複雑 〇部品代=低)
    ②USBメモリ/ファイルシステム方式:
    RXマイコン+USBメモリ/ファイルシステムを通信受信バッファに使用したパタン(〇速度=速 〇ソフト実装簡単 ×部品代=高)
    ③シリアルフラッシュ/ファイルシステム方式:
    RXマイコン+シリアルフラッシュを通信受信バッファに使用したパタン(△速度=中 〇ソフト実装簡単 △部品代=中)

    以上です
  • こんにちは。NoMaYです。

    出ましたね。

    アマゾン ウェブ サービスへ、IoT機器を簡単かつセキュアにWi-Fi接続可能な、RX65Nクラウド通信評価キットを発売
    ~Amazon FreeRTOS認定取得のキットとツールにより、AWSクラウド接続のIoT機器開発を強力に支援~
    www.renesas.com/jp/ja/about/press-center/news/2019/news20190820.html

    Renesas RX65N Cloud Kitのご紹介
    www.renesas.com/jp/ja/support/videos/rx65n-cloud-kit-intro.html
    視聴時間(日本語音声) 3:53 (先日の投稿に書いたビデオと同じものかな?)
    Added on 8月 20, 2019
    RX65Nマイクロコントローラを使用してアマゾン ウェブ サービス(以降AWS)にWi-Fi接続可能なクラウド通信評価キットです。

    [追記]

    ビデオが再生されない時はこちらで?

    Renesas RX65N Cloud Kitのご紹介
    RX65Nマイクロコントローラを使用してAmazon Web Services(以降AWS)にWi-Fi接続可能なクラウド通信評価キットです。
    RenesasPresents
    2019/08/19 に公開
    視聴時間(日本語音声) 3:53
    www.youtube.com/watch?v=qCVHc5U_nM8
     

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    シェルティです、こんにちは。

    ご紹介ありがとうございます。少々難産でしたが、何とか世に出せました。
    並行していろいろと面白いものの仕込みも進めています。

    ①Amazon FreeRTOS OTA機能もだいぶ安定して動くようになってきて、実製品に使えるレベルに達しつつあります。
    ②無線LANはUART接続の無線LANモジュールではRX65Nマイコンのセキュリティ機能(Trusted Secure IP)を
     最大限活かせないのでSDIO接続の無線LANモジュールの検討も進めています。
    ③EtherにおいてはRX65Nマイコンのセキュリティ機能を最大限活かせるようになってきました。
     Amazon FreeRTOS のmbed TLSをRX65Nマイコンのセキュリティ機能(Trusted Secure IP)に合わせてカスタムし、
     SSLのマスターシークレットを保護した状態を維持したり、サーバ証明書の改ざんアタックから保護したり、
     AWS接続時のクレデンシャルを暗号化して保持したり、SSL通信を高速化(40Mbps程度確認済み)したり
     できるようになってきました。
    ④RX65N搭載のセキュリティ機能をもっと普及させるため、GR-ROSEにセキュリティ機能搭載の
     RX65Nマイコンを載せました。ドライバソフトは技術問い合わせ窓口経由で申し込みいただければ
     無償提供できるようにしました。ただし暗号機能が使えるドライバソフトは輸出規制該当品なので
     需要者特定させていただいた後の提供となります。
     www.renesas.com/.../trusted-secure-ip-driver.html
    ⑤Amazon FreeRTOS BLEの検討を始めました
    ⑥RL78でAmazon FreeRTOSを動かす検討を始めました
    ⑦私が関係するソフトウェアに関する全部の成果はGitHubに掲載します
     https://github.com/renesas-rx/
    ⑧デバイスの垣根も飛び越えようと秘密工作中...
     https://github.com/renesas/

    また本スレッドで色々と意見交換させていただけますと幸いです。

    以上です
  • こんにちは。NoMaYです。

    ルネサスさんの広報を見たら以下のニュースがあったのですが、国内向けはμITRONとしても、海外向けは何になるのかな、、、(昨今のルネサスさんの流れ的にFreeRTOSかな、、、あるいはRZ/AのソフトウェアパッケージにはOS Abstraction layerなるものがあるらしいので多様性確保のためにRXにもそれを持ち込むとかかな、、、)

    産業ネットワークの主要プロトコルに対応し、スレーブ機器開発を短期化する「RX72M産業ネットワークソリューション」の提供を開始
    ~市場の7割をカバーする通信プロトコルのサンプルソフトウェアを提供~
    https://www.renesas.com/jp/ja/about/press-center/news/2019/news20190911.html

    日本のユーザへの販売、サポートは2019年12月末までに開始し、日本以外のユーザへの販売、サポートは2020年10月までに開始します。本ソリューションは、2019年9月17日から21日まで、中国の上海で開催される中国国際工業博覧会(CIIF:China International Industry Fair) 2019のルネサスブース(ブ―ス番号6.1、E202)に出展します。


    RX72M産業ネットワークソリューションの提供物は以下のとおりです。

    • ハードウェア
      • RX72M搭載評価ボード
    • ソフトウェア
      • RX72M対応ドライバ
      • OS(μITRON)、ミドルウェア(TCP/IP)のサンプルプログラム
      • 産業ネットワーク(産業イーサネット、フィールドバス)プロトコルのサンプルプログラム
    • その他
      • 統合開発環境「CS+」「e2 studio」に対応
      • アプリケーションノート
      • パートナ企業によるOS、ミドルウェア、産業ネットワークプロトコルの販売、サポート



    [参考]

    RZ/A2M FreeRTOS™ ソフトウェア開発キット
    www.renesas.com/jp/ja/products/software-tools/software-os-middleware-driver/software-package/rza2-software-development-kit-free-rtos.html

    RZ/A2Mグループ DRP Driver ユーザーズマニュアル
    www.renesas.com/ja-jp/search/keyword-search.html#genre=document&q=r01us0355
    r01us0355jj0101-rza2m.pdf

    [追記]

    RI600(μITRON) APIとFreeRTOS Kernelの間のOSアダプタレイヤーは、まだ機能するのかな、、、(もう古過ぎて機能しないかな、、、)

    www.renesas.com/jp/ja/search/keyword-search.html#q=FreeRTOS RI

    RX62Nグループ OSアダプタレイヤー: RI-600 とFreeRTOS (TM) の点滅デモンストレーション
    Mar.22.13 Rev.1.02 6.53 Mbytes R01AN0765JS0102 アプリケーションノート
    www.renesas.com/ja-jp/doc/products/mpumcu/apn/rx/001/r01an0765js0102_rx62n.pdf

    RX62Nグループ RI600とFreeRTOS (TM) 用のユーザーマニュアルおよびAPI 仕様
    Mar.05.12 Rev.1.00 4.09 Mbytes R01AN0766JS0100 アプリケーションノート
    www.renesas.com/ja-jp/doc/products/mpumcu/apn/rx/001/r01an0766js0100_rx62n.pdf
     

  • こんにちは。NoMaYです。

    chip1stopにインタビュー記事が載りましたね。

    ~Maker Interview~
    IoTデバイス構成に近い開発/評価ボード、RXマイコンによるクラウド・サービスの利用に向ける
    www.chip1stop.com/sp/interview/renesas_rx65

    ルネサス エレクトロニクスは、マイコン業界を牽引する半導体メーカーの1社である。民生用や産業用、車載用などの電子機器で数多く採用されている。当然ながら、こうした電子機器メーカーは、クラウド・サービスの活用を含めたIoTシステムの構築を急いでいる。そこでルネサス エレクトロニクスは、こうした電子機器メーカーの動きをサポートすべく、32ビット・マイコンの主力製品「RX65Nグループ」を使って、米アマゾン ウェブ サービスのクラウド・サービス「AWS(Amazon Web Services)」を利用するためのソリューションを開発した。

  • こんにちは。NoMaYです。

    ニュースサイト巡りをしていたら以下の記事が出ていたのですが、1年程前にはFreeRTOS/Amazon FreeRTOSでも脆弱性の話が出ていたこと(その当時に修正完了済み)を思い出しました。以下のzimperiumの2つ目のブログを読むと、TCP/IPスタックの不具合によって正しくないメモリ操作が行われ、ケースバイケースで、Denial of Service、information leak、remote code executionが引き起こされるようですが、前2つはともかく、3つ目に至る経緯が当時も今も分かりません。今回のVxWorksの記事にもremote code executionの話が出ているのですが、なぜそういう話に至るのか、やはり分からなくて首を傾げているところです。。。ですが、ひょっとしたら、プログラムを外付けの記憶デバイス/記憶装置からRAMへ展開して動作させるシステムというのが暗黙の了解になっていて、それで、正しくないメモリ操作によるメモリ内容破壊(書き換え)が可能≒remote code executionのリスクあり、なのかな、と今しがた思ったのでした、、、それならば、内蔵フラッシュメモリ上でプログラムを実行しているシステムでは、かなり話が小さくなるのかな???

    VxWorksの脆弱性「URGENT/11」が浮き彫りにしたTCP/IPスタックの“残念な実装”
    monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1909/26/news007.html

    FreeRTOS TCP/IP Stack Vulnerabilities Put A Wide Range of Devices at Risk of Compromise: From Smart Homes to Critical Infrastructure Systems
    blog.zimperium.com/freertos-tcpip-stack-vulnerabilities-put-wide-range-devices-risk-compromise-smart-homes-critical-infrastructure-systems/

    FreeRTOS TCP/IP Stack Vulnerabilities – The Details
    blog.zimperium.com/freertos-tcpip-stack-vulnerabilities-details/

    Amazon Freertos : Vulnerability Statistics
    www.cvedetails.com/product/51624/Amazon-Freertos.html?vendor_id=12126

    あと、脱線しますが、脆弱性とセキュリティは基本的には別概念なのですね、、、zimperiumの2つ目のブログを読んだ後に以下のスライドを読んだら実感しました、、、

    IoT におけるセキュリティ
    www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/iot-122553904
     

  • In reply to NoMaY:

    NoMaYさん

    シェルティです、こんにちは。

    チップワンストップの記事紹介ありがとうございます。
    写真の背が低い方がシェルティです。背が低いと言っても一応180cmあります。坊主の人がさらにでかいです。

    RX65Nクラウドキットについてですが、いったんリリースはできましたが、
    まだまだ改善できるところが多く、今後も継続して後継品などの開発を行ってまいります。
    改善できるところとしてもっとも重要なのがセキュリティ実装です。
    NoMaYさんのコメントにありますが、脆弱性とセキュリティの概念は別ですが密接に関連してます。

    たとえばですが、RAM上の任意アドレスに任意データを注入し、プログラムカウンタをそこに飛ばせるような形でソフトウェアがバグっていたと仮定します。
    (通信系のソフトウェアで、受信バッファポインタ操作の設計を誤るとこのようなバグり方をする可能性があります)

    この状態で、①RAM上にフラッシュ書換用のコードを転送、②RAM上にリセットベクタを書き換えるコードを転送、③RAM上に②で書き換えるリセットベクタの先に配置するウイルスコードを転送、④RAM上に③のウイルスコードを②で書き換えるリセットベクタの先に転送するコードを転送、
    ソフトウェアの不具合を利用して、①②③④の順に実行していく、
    そうすると、リセット直後にウイルスが起動します。

    これを防ぐため、リセットベクタを含むシステム起動直後のコードに以下2機能を入れることが「セキュアブート」と呼ばれます。
    ①セキュアブート以外の領域が正しい状態を保っているか署名検証を行う
    ②セキュアブートが書き換えられないようにプロテクトをかける

    Amazonが定義しているブートシーケンスの要件とRX65Nでの推奨実装方法を以下に記します。
    github.com/.../OTAの活用

    このように、多くのセキュリティインシデントは、ソフトウェア脆弱性により引き起こされます。
    従ってソフトウェア脆弱性はソフトウェアのアップデートにより克服できなければなりません。
    ソフトウェアのアップデートは、実はセキュリティ要件でもあるのです。
    そして、ソフトウェア脆弱性はゼロにできないことを前提とし、いかなる状況においても、リセットベクタおよびリセットベクタの先にあるセキュアブートのコードは書き換えられてはならないのです。

    まとめますと、IoT機器の真のセキュリティ対策は以下の2点になります。
    ①不変なセキュアブートコード
    ②ソフトウェアアップデート

    組み込み機器をネットワーク対応する流れが「IoT」という流行りの言葉と共に出来上がってきていて、
    漠然と「ネットワークに繋がるからセキュリティを強化しなければならない」という危機感を持っている人が多くなってきているが現状です。
    ところが、セキュリティ対策は、それを施しやすい素地のある(つまりはLinux OSが動いているルータ製品等)モノに "ファイアウォールのソフトを入れる" といった対策しか施されず、さらにそれ以前の話である「パスワード未設定」などの "分かりやすいがテクノロジ的な視点からは全く無意味な" セキュリティインシデントが新聞沙汰になるにつけ、殊更、末端のデバイス(汎用マイコンが組み込まれるようなシステム)における "テクノロジベースの" セキュリティ対策、セキュアブート・ソフトウェアアップデートは限られた開発予算が主要因となり無視され、未実装となる傾向にあります。

    いまはそういった機器も脆弱性が生まれやすい通信系は閉じたもの、かつ、単純なものである場合が多く、問題が表面化していないだけです。
    ところがそういった機器をインターネットに繋ぐ機能を追加した途端、複雑怪奇なTCP/IPの処理機構のうち受信処理部分に潜んでいるかもしれない脆弱性を起点にウイルスを注入されてしまうリスクが増大します。
    これがIoT機器にはなんとなくセキュリティを実装しなければならない、と皆さんが漠然と感じている危機感の正体です。

    金融、ゲーム機、スマホ、車載といった「セキュリティ」でデバイスが守られていて当たり前の世界でようやく
    "テクノロジベースの"セキュリティ対策であるセキュアブート・ソフトウェアアップデートが一般化し、これから産業・民生機器もセキュアブート・ソフトウェアアップデートが一般化していきます。

    ■「電気通信事業法に基づく端末機器の基準認証に関するガイドライン(第1版)」(案)についての意見募集の結果及びガイドラインの公表
    www.soumu.go.jp/.../01kiban05_02000179.html
     ⇒提出された御意見及びこれに対する総務省の考え方(別紙1PDF)
      ⇒1-12 サイバートラスト社の指摘に対する総務省見解は「ソフトウェアの安全な更新を担保する仕組みについては、今後の検討課題とさせていただきます。」とのことから、
       現時点(2019/09/27)では推奨ではあるが、(おそらく今後)セキュアブートが必須という定義に変わっていくものと予想しております。
       現に、車載やヘルスケア分野などの安全性が求められる分野の安全規格においてセキュアブートは必須となっている場合が多いです。
       金融はお金を守ること、ゲーム機はコンテンツを守ることから、セキュリティの要求が強く
       これまたセキュアブートは当たり前のように実装されます。

    なるべく皆さまが、実際にセキュアブート・ソフトウェアアップデートを検討しないといけなくなったときに、
    汎用マイコンでそれを実現するための素地を先んじて整備しておくことが、今の私の役割のひとつだと考えております。

    以上です

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page