Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

データ・フラッシュ・ライブラリの使い方を教えてください。

こんにちは、まったくの初心者です。
r20ut4344jj0100-csrn.pdfを見ながらライブラリを使ってデータ・フラッシュの読み書きをしたいと思っています。
R_FDL_Open();の中で
CALL            !!_PFDL_Close+0xedd7c
とノン・マップ領域へアクセスしてしまいます。
必要な設定など教えてください。

  • グレイグレイさん
    ---------------------------r20ut4344jj0100-csrn.pdfから引用
    第8章 データ・フラッシュ・ライブラリ連携のAPI追加について
    8.1 データ・フラッシュ・ライブラリ制御API
    データ・フラッシュ・ライブラリは下記 URL のソフト、いずれかがインストールされている必要があります。
    RL78 ファミリ CC-RL コンパイラ用データフラッシュライブラリ Type04 日本リリース版
    RL78 ファミリ CA78K0R コンパイラ用データフラッシュライブラリ Type04 日本リリース版
    www.renesas.com/.../data-flash-libraries.html
    上記に含まれるドキュメントも読んだうえでご利用ください。
    ---------------------------r20ut4344jj0100-csrn.pdf引用ここまで
    ですのでRL78と思いますがコンパイラによりライブラリが別になっていますから注意です
    上記条件がそろえば、あとはライブラリーをプロジェクトに参加させます
    詳しくはコンパイラのマニュアルに説明があると思います
    RX631等であればわたくしもデータ・フラッシュ・ライブラリは利用しています。
  • グレイグレイさん 、おはようございます、NAKAといいます。

    japan.renesasrulz.com/.../29844

    を読んでみてください。
  • グレイグレイさん、こんにちは。NoMaYと申します。

    すみません、「ノン・マップ領域」という言葉が出てきて気になったのですが、ひょっとしてIECUBEをお使いですか?(あるいは、もしかしたらシミュレータでしょうか?)

  • グレイグレイ様、
    コード生成 (www.renesas.com/cg_p)をご存じでしょうか
    データフラッシュを簡単に扱うAPIとサンプルが掲載されています。
    下記資料をご参照ください。
    3.3.55 データフラッシュライブラリ
    www.renesas.com/.../r20ut4323jj0102-cgapirl78.pdf
  • In reply to 鈴木:

    グレイグレイ様、申し訳ありません。すでにお使いのようでしたので、注意点を書きます。
    お使いのマイコン、開発環境とバージョンを教えてください。
    CS+ for CCの場合は大丈夫ですが、CS+ for CA,CXをお使いの場合は、設定が必要かもしれません。
    また、データフラッシュを使う場合の注意事項があります。下記もご参照ください。
    www.renesas.com/.../r20ts0472jj0100-cstnno.pdf
  • 皆さんいろいろ教えていただいてありがとうございます。

    IKUZOさん
    CC-RL コンパイラを使っていて、データフラッシュライブラリはCC-RL コンパイラ用なので大丈夫そうです。コンパイラのマニュアルを読んでみます。

    NAKAさん
    japan.renesasrulz.com/.../29844読ませていただきました。
    症状がとても似ているようです。
    an_r01an2013jj0100_rl78_fldで無事動作したとありますが、これが見つかりませんでした。

    NoMaYさん
    E2Liteを使う予定ですが、今はまだシミュレータに設定しています。

    鈴木さん
    マイコン:R5F100LE
    開発環境:CS+forCC (V8.02.00), CC-RL(V1.08.00)
    です。CS+のバージョン情報から抜き出しました。
    www.renesas.com/.../r20ts0472jj0100-cstnno.pdfで試したのですが、
    R_FDL_BLANKCHECKと R_FDL_IVERIFYが定義では引数が2つ、CALL部分では引数が3つになっているようです。
  • In reply to グレイグレイ:

    CC_RL78G13_R5F100LE_dfl_test.zip

    グレイグレイ様

    R5F100LEで動作するプロジェクトを置いたのでご参照ください。

    R_MAIN_UserInit()関数内で確認する簡単なプログラムです

    もしかするとライブラリを登録していないのでは、と思っています。

    以上、宜しくお願いします

  • グレイグレイさん、こんにちは。NoMaYです。

    あああっ、シミュレータでは動かない筈です、、、残念ながら、シミュレータではデータフラッシュの書き換え(やコードフラッシュの書き換え)は、実際のデバイスとは違って、出来ないという制限事項になっています、、、 (私はRenesas RL78シミュレータは大変出来の良いものだと思って愛用してますが、ここはちょっと残念な部分です、、、)

  • In reply to NoMaY:

    NoMaY様、フォローありがとうございます。肝心な部分を見逃していました。ご指摘の通り、シミュレータでは動作しません。
  • 鈴木さん、NoMaYさんありがとうございました。

    E2Liteに接続して、鈴木さんにいただいたプロジェクトを実行したところ動作しました。
    自分のプロジェクトと比較すると、ライブラリの登録はしてあったのですが、「よく使うオプション(アセンブル)」の「追加のインクルードパス”.”」の設定がなかったので追加したところ無事動作しました。
    これはライブラリの登録をした時などには設定しなくてはいけないものですか?

    www.renesas.com/.../r20ut4344jj0100-csrn.pdfの
    サンプルコードで、データ・フラッシュへの書き込み、読み込み、消去の動作が確認できました。
    ありがとうございました。

    www.renesas.com/.../r20ts0472jj0100-cstnno.pdf
    コード生成ツール ユーザーズマニュアル RL78 API リファレンス編
    は消去されてしまったのですか?
  • In reply to グレイグレイ:

    グレイグレイ様、鈴木です。

    コード生成ツール ユーザーズマニュアル RL78 API リファレンス編
    以前の文書は、ドキュメント検索から表示可能です。
    htps://www.renesas.com/jp/ja/search/keyword-search.html#q=%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%20RL78%20API%20%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9&genre=document&rows=20

    >「追加のインクルードパス”.”」の設定がなかったので追加したところ無事動作しました。
    >これはライブラリの登録をした時などには設定しなくてはいけないものですか?
    ライブラリのコピー場所によりますが、"." は必要です。(ソースがあるフォルダの指定です)

    以上、よろしくお願いします。
  • グレイグレイさん、こんにちは。NoMaYです。#鈴木さんのリプライに追加です

    > 「よく使うオプション(アセンブル)」の「追加のインクルードパス”.”」の設定がなかったので追加

    むしろ、ライブラリの登録の話と言うよりは、単に普通にインクルードパスの設定の話かなと思います。.asmソース/.cソースが、どの場所にある.incヘッダファイル/.hヘッダファイルを、インクルードしているのか?の話かなと思います。"."はプロジェクトフォルダそのもの(.mtpjファイルがあるフォルダ)の場所になる筈ですので、プロジェクトフォルダ直下以外(例えば、その下のサブフォルダ)にある.asmソース(別の拡張子かも知れませんが)からプロジェクトフォルダ直下にある.incヘッダファイル(別の拡張子かも知れませんが)をインクルードしているのではありませんか?(今回は、そのヘッダファイルがライブラリに付属していたヘッダファイルであるということだと思うのですが、、、)

    > www.renesas.com/.../r20ts0472jj0100-cstnno.pdf
    > コード生成ツール ユーザーズマニュアル RL78 API リファレンス編は消去されてしまったのですか?

    ルネサスさんは、ドキュメントのバージョンが上がったら、以前のバージョンのドキュメントを削除してしまうケースが殆どですね。(サンプルプログラムも同様なことが多いですね。) 最近は、私は、以下のように書いて投稿することが増えました。(ズボラして直接URLを書いてしまうことも多いですけど、、、)

    www.renesas.com/jp/ja/search/keyword-search.html#q=r20ts0472&genre=document

    という話かなと思ったのですが、検索すると、まだありますね、、、あれっ?これは何の話でしょうか?

  • 鈴木さん、NoMaYさん、こんにちは。

    これまで、「初心者のためのRL78入門コース」で勉強していました。
    その際、「追加のインクルードパス”.”」の設定は自分でしていなかったと思うのですが、見直してみると、
    「よく使うオプション(コンパイラ)」の「追加のインクルードパス”.”」が設定されていました。
    これはデフォルトで設定されるのですか。
    これまで作ったプロジェクトは全てのファイルがプロジェクトフォルダ直下にあります。
    データ・フラッシュ・ライブラリもロジェクトフォルダ直下に入れてあります。
    今回のデータ・フラッシュ・ライブラリを追加した場合に「よく使うオプション(アセンブラ)」の「追加のインクルードパス”.”」が必要になった理由がまだよくわからなくて不安です。

    「キーワード検索」で「ドキュメントのPDFファイル名のjjより前」を入力すれば検索できるんですね。
    ありがとうございました。
    CS+forCC等開発ツール全般の使い方がわかるドキュメント、常に最新のドキュメントやリリース情報を見る方法があれば教えてください。
  • In reply to グレイグレイ:

    こんにちは

    CS+関連のマニュアルは多数あってどれを参照すればよいか迷いますよね。
    以下のページ中断あたりに「マニュアルについて」という見出しでCS+関連のマニュアルがどのように構成されているか説明されています。
    CS+製品ページ⇒「設計支援情報」:「テーマ別に分冊したマニュアルの説明」
    www.renesas.com/.../csplus.html

    常に最新のドキュメントやリリース情報を見る方法については、
    CS+の「スマート・ブラウザ」機能で最新情報を確認できますよ。
    「スマート・ブラウザ」は「スマート・ユーティリティ」ページで簡単に紹介されています。
    www.renesas.com/.../smart-utility.html
  • グレイグレイさん、こんにちは。NoMaYです。

    > これはデフォルトで設定されるのですか

    意識したことが無かったのでプロジェクトを作ってみました。コード生成した時に追加されるのですね。

    プロジェクト作成直後の画面コピー: コンパイラもアセンブラも追加のインクルードパスは無し


    コード生成直後の画面コピー: コンパイラの追加のインクルードパスに"."が追加された


    > 今回のデータ・フラッシュ・ライブラリを追加した場合に「よく使うオプション(アセンブラ)」の「追加のインクルードパス”.”」が必要になった理由

    そもそも"."が無かった時には、アセンブル時のエラーとしてインクルードファイルが見つからないというエラーが発生していた、と受け取っていたのですが、そうではなかったのかな?もし、そのエラーが出ないのであれば、アセンブラの追加のインクルードパスに"."を追加しなくても大丈夫ですよ、、、

    > CS+forCC等開発ツール全般の使い方がわかるドキュメント、常に最新のドキュメントやリリース情報を見る方法

    じまさんのリプライのスマートブラウザのCS+での画面コピー

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page