Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

フォロア回路のデメリットについて

お世話になっております。Sugachanceです。

 

アナログがちんぷんかんぷんなので、識者の皆様教えてください。

RL78の10bitA/D変換を用いたセンサデータ収集ボードのようなものを

検討しています。

 

入力部にオペアンプを用いたボルテージフォロア回路を挟んで

インピーダンス変換をしようと思っているのですが、

オペアンプの一般的な注意事項(発振対策など)は除いて、

アンプの分の消費電力増とコスト面以外にデメリットは

あるのでしょうか?

 

よろしくお願いいたします。

  • チョコです。

    ディメリットと言うか,注意事項になりますが,入力オフセット電圧やオフセット電流を考慮しないといけなくなります。
  • おはようございます。NAKAです。
    当たり前すぎたらごめんなさい!(一般的な注意事項?)レールtoレールタイプを選定しないと、上と下が切れてしまいます。マイコンのA/D程度ならいいかもですが速度、スルーレートなんかも気にしておいたほうが良いのかも!
  • In reply to チョコ:

    チョコ様
    ありがとうございます。検討項目(工数)と場合によっては対策部分が増えるという事ですね。

  • In reply to NAKA:

    NAKA様

    ありがとうございます。レールtoレールは選んであります。

    というか実情は、試作的にフォロワあり・無し・増幅付きと
    いろいろ載せているのがあり、使ってみた感触から
    最終的には全A/D変換用ポートをフォロワ付きにしようかという
    話になっているのです(^_^;)

  • In reply to Sugachance:

    Sugachauceさん NAKAです。
    どんな機器からの入力なのかも気にする必要がありますかね!入力相手の出力抵抗が高い場合、J-FET入力などインピーダンスが高いものでないと、入力バイアス電流で誤差が大きくなったりしますよね!
  • In reply to NAKA:

    RL78/G1Eを使用しましたが、想像以上の性能ですね、コストファーマンスの良いCPUだと思いました、特にアナログ部の機能には頭が下がります、計装アンプも構成できますし、3本のセンサーバッファアンプとしても使用できます、それに信号経路をプログラムで変えることができますから、数種のセンサーを切り替えながらゲインを変えて測定等が可能です、フィルター機能も高度なもので、オフセット等もD/Aコンバータで調整できますし、まあこんなCPUは世界にこれだけなんでしょうね。

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page