Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

EC-1で行く?

毎度お世話になってます。

EtherCATのスレーブを開発することになり「EtherCATってなに?」と言うところから調べ始めています。

ルネサスのEtherCAT対応ワンチップを探したところ、R-IN32M3とEC-1を見付けたのですが、これから始めるのであればEC-1で行くのが良いですか?(インターフェース誌にてR-IN32M3を使用した記事を見付けましたが、EC-1の情報が少ないのでR-IN32M3とEC-1の違いなどが良く分かりません)。

または情報の多いR-IN32M3を先にいじってからEC-1に行く方が良いでしょうか?

時間は十分にあるのでのんびり進めようと思っています。

  • Mooさん
    EC-1はCortex-R4コアで、リアルタイム性がR-IN32M3-ECよりも高いので、そういう要求があるならEC-1でしょうかね。周辺シリアルなどもだいぶ違いますし。

    EtherCATは同じBeckhoffのIPが搭載されているので、イーサ周りで若干仕様違うようですけれども、ハード構成を検討する際に確認していけばいいのかなと思います。

    ps

    EC-1の方がEtherCAT専用でチップサイズが小さいから安いかも?!

  • In reply to Kirin:

    Kirinさん、いつもどもです。
    CPUは特に高性能である必要は無くて「動けば良い」程度なんです。また作る台数が少ないので値段が高いのもまったく問題なく、ソフトが簡単になるのであればCPUはどれでも構いません。
    お客さんと共同でEtherCATを開発・勉強しようということでして、最初の一歩なので「EtherCATスレーブとしてまずは動く事」が最大目的です。
    マスターとして何を使えば良いのかも分からないので、まずはベッコフのマスターアプリとOMRON辺りの市販スレーブを購入して、ネットワークアナライザで通信を見ることも必要かななどとも思ってるところでした。
    もしKirinさんお薦めの「EtherCAT開発・勉強手順」のアイデアなどありましたらお教えください。
    いつも教えて頂いてばかりで申し訳ないです。
  • In reply to Moo:

    Mooさん
    基本的にスレーブ機能はチップの内蔵ペリフェラルで実現しているので特に問題ないと思います。
    TwinCATやスレーブサンプルコード生成ツール(SSC Tool)はBeckhoffのサイトから入手できますのでこれではじめられます。
    単純なI/OならBeckhoffの備え付けのツールで簡単にできそうでけれども、通信内容をデフォルトからカスタマイズする必要があると、ド嵌りしそうな予感がします^^;
    ルネから提供しているアプリケーションノートとかはサンプルの使い方だけでEtherCAT自体については触れられていませんけれども、そんなの知らなくても単純なI/Oなら実現できそうですよ?!
  • Kirinさん。
    色々どうも、了解です。
    言葉からして知らないのが多いので助かります。
    1:ベッコフのマスターアプリはTwinCATと言う名前なんですね・・・今、知りました(^^;
    2:CPUは最新のEC-1の方が良さそうですね。最新であることと通信プロトコルがEtherCATだけなのでシンプル。
     ちなみにサンプルが一個1,500円だそうですが、量産開始は来年の5月とのこと。
     eetimes.jp/.../news071.html
    3:SSC Toolって物がある。これが何者なのかをただ今調べ中です。

    製品版のスレーブを購入して、TwinCATで動かしてみるのが先のような気がしてきました。触ったことも無いものを作ろうなどとふざけてますよね(^^;
    取り敢えず安そうなOMRONのデジタルI/O「GX MD-1611」辺りを購入してみようかと思いますが、「このスレーブが使いやすいよ」みたいな製品はありますか?
    >そんなの知らなくても単純なI/Oなら実現できそうですよ?!
    単純なI/Oで十分です!心強い言葉で嬉しいです。今日、インターフェース誌も届くので早速読んでみます。

    P.S.

    ドキュメントがR-IN32M3じゃないと揃わないようなので、まずはR-IN32M3で行こうかと思います。

  • Mooさん

    R-IN32M3はPHYが内蔵みたいなんで、1チップでいいみたいですが、EC-1はそうではないので、別に1つか、2つPHYがひつようですかね。

    LSI的にはちょっと小さいみたいですが、実装面積は大きくなるかも?

    CTTはコンフォーマンステストツールで、出来たスレーブのテストを自分でで出来る物みたいです。ルネの製品のページに行くと、テスト通りました

    と書いてあったりします。公式ってあるからちゃんとしたところでやったんですかね。

  • In reply to Bismuth:

    Bismuthさん。
    どもです。
    >コンフォーマンステストツール
    こう言う物も使うんですね。
    マスター側のために何を作る必要があり、スレーブ側にはどんなツールがあり、動作確認に何を使うのかなど、未だハッキリ分かって無いのでフラフラしてました。
    EC-1かR-IN32M3か・・・どっちもどっちで悩みがつきません。
    来年の2月頃から始めようと思っているんで、もう少し悩んでみます。

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page