Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page

USB対応マイコンによるFTDI素子とのUSB通信

こんにちは。

Synergy (又はルネサスのUSB機能実装マイコン)で FTDI 素子を用いた機器と

通信を行いたいのですが、データの送受信を実現された方はいらっしゃいますでしょうか?

現在確認しているのは、

 CDCのClass Request(UX_HOST_CLASS_CDC_ACM_IOCTL_SET_LINE_CODING)は非対応である。

   非対応である為、上記関数を使用してボーレートやビットレートの設定は出来ない。

   従って、CDCドライバを使用して、FTDIデバイスを使用したUSB機器とデータのやり取りが出来ない。 

実現された方は、どのように対応されたのか、教えて頂けないでしょうか?

また、こうすればいいのではというご意見あれば教えて下さい。

是非、皆様のお知恵をかしてください。

よろしくお願い致します。

  • えん さん、こんにちは。NoMaYと申します。

    以下のスレッドにリプライをしたことがありますが、えんさんが以下のスレッドにも質問されているということは、Synergy(又はルネサスのUSB機能実装マイコン)側をUSBホストにして、そこにFTDIのUSBシリアル変換チップを繋ぎたい、ということですよね?

    rx111におけるCDCドライバを使用したFTDIチップ搭載デバイスとのシリアル通信について
    japan.renesasrulz.com/cafe_rene/f/forum5/3903/rx111-cdc-ftdi

    このスレッドにリプライしていたのは随分昔でしたので、改めて読み直してみたのですが、yamayamaさんが解決された方法は以下のような方法なのではないだろうか、と思いました。

    (1) FTDIチップのエンドポイントの構成は、INが1つ、OUTが1つ、コントロールが1つ、である。

    (2) INエンドポイントでは、最初の2バイトは以下のヘッダファイル記載の通り、ある目的の為に割り当てられている。
    (3) INエンドポイントの3バイト目以降は、FTDIチップが受信したシリアルデータではないかと、思われる。

    (4) OUTエンドポイントでは、最初の1バイトは以下のヘッダファイル記載の通り、データ長を示す為に割り当てられている。
    (5) OUTエンドポイントの2バイト目以降は、FTDIチップが送信するシリアルデータではないかと、思われる。

    (6) コントロールエンドポイントでのFTDIチップとのやりとりには、以下のヘッダファイル記載のコマンドが使用される。

    uClinux-H8のヘッダファイルの1つ(上記のスレッドでyamayamaさんが提示されていたURLです
    osdn.net/projects/uclinux-h8/scm/git/linux/blobs/master/drivers/usb/serial/ftdi_sio.h

    Synergyは使ったことがありませんが、INが1つ、OUTが1つ、コントロールが1つ、のバルク転送モードはありますでしょうか?あれば、そのバルク転送モードを使用して、FTDIチップと通信することになると思いました。

  • NoMaYさん、こんにちは。
    ご投稿有難う御座います。返信方法が分からず、おそくなりました。

    ご確認内容の件、SynergyのUSBをホストにしてFTDIのUSBに対して
    通信するイメージで間違いありません。製品構成は以下のようになります。
    Synergy(USB ホスト) ⇔ (USB デバイス) FTDI ⇒ 別製品のCPU

    yamayamaさんの投稿ではCDCドライバを使用せず、流用出来るとなっておりました。
    そこでご提示いただいているftdi_sio.hのソースも見ましたが、USBの細かい知識が
    ありませんので、全くどのように流用できたのかがわかりません。
    その流用で(1)~(6)を行っているかも私にはわかっておりません。[すみません。]

    バルク転送モードかわかりませんが、SynergyのSSPはUSBXホストスタック・
    ユーザガイドを参照するそうですので、ルネサスのCPUであれば同じ設計方法に
    なると思っています。

    よろしくお願いします。
  • えん さん、こんにちは。NoMaYです。

    USB通信での、エンドポイントとか、バルク転送とか、そういうところからの知識が無いのですね。そうなりますと、SynergyのUSBXホストスタックのAPI関数を使用した、少なくとも機能限定版的なものでも、実際に動作する具体的なサンプルコードが無いと、この作業に着手することが無理そうな感じですね、、、

    ごめんなさい。私では、ここから先のお手伝いは無理そうな感じです。すみません。他の方からのリプライを待って頂けますか、、、

  • NoMaYさん、こんにちは。
    ご返信ありがとうございます。追加で教えて下さい。
    先ほど、エンドポイントやパイプについて学びました。
    www.picfun.com/usb02.html ←学習先

    (1)と(6)の推測にもとづくとボーレート設定は(1)と(6)が関連していると推測しました。
    コントロールのエンドポイントが1つで 、そのコントロールエンドポイントでのFTDIチップとのやりとりには、
    以下のヘッダファイル記載のコマンドが使用される。
    とのことですが、ボーレートを設定しているコマンドは頂いていいるURLのヘッダファイルから推測可能なのでしょうか?

    https://osdn.net/projects/uclinux-h8/scm/git/linux/blobs/master/drivers/usb/serial/ftdi_sio.h

    よろしければ、ご確認お願いします。

  • えん さん、こんにちは。NoMaYです。

    > ボーレートを設定しているコマンドは頂いているURLのヘッダファイルから推測可能なのでしょうか?

    ボーレートに関してはyamayamaさんが提示して下さっていたもう一方の以下の2つ目のURLも関係していますよ。uClinux-H8のヘッダファイル単独では分かりにくい部分をこれで補うことが出来るよ、という意図で提示して下さっていたのだと思います。

    uClinux-H8のヘッダファイルの1つ (yamayamaさんが提示されていた先ほどのURLです)
    osdn.net/projects/uclinux-h8/scm/git/linux/blobs/master/drivers/usb/serial/ftdi_sio.h

    /*
     * BmRequestType:  0100 0000B
     * bRequest:       FTDI_SIO_SET_BAUDRATE
     * wValue:         BaudDivisor value - see below
     * wIndex:         Port
     * wLength:        0
     * Data:           None
     * The BaudDivisor values are calculated as follows:
     * - BaseClock is either 12000000 or 48000000 depending on the device.
     *   FIXME: I wish I knew how to detect old chips to select proper base clock!
     * - BaudDivisor is a fixed point number encoded in a funny way.
    。。。以後省略。。。

    AN232B-05 Configuring FT232R, FT2232 and FT232B Baud Rates (yamayamaさんが提示されていたもう一方のURLです)
    www.ftdichip.com/Support/Documents/AppNotes/AN232B-05_BaudRates.pdf

    1.3 Baud Rate Calculation
    A Baud rate for the FT232R, FT2232 (UART mode) or FT232B is generated using the chips
    internal 48MHz clock. This is input to Baud rate generator circuitry where it is then divided by 16
    and fed into a prescaler as a 3MHz reference clock. This 3MHz reference clock is then divided
    down to provide the required Baud rate for the device's on chip UART. The value of the Baud rate
    divisor is an integer plus a sub-integer prescaler. The original FT8U232AM only allowed 3 subinteger
    prescalers - 0.125, 0.25 or 0.5. The FT232R, FT2232 (UART mode) and FT232B support
    a further 4 additional sub-integer prescalers - 0.375, 0.625, 0.75, and 0.875. Thus, allowed values
    for the Baud rate divisor are:
    Divisor = n + 0, 0.125, 0.25, 0.375, 0.5, 0.625, 0.75, 0.875; where n is an integer between 2 and
    16384 (214).
    。。。以後省略。。。

     

  • NoMaYさん、こんにちは。
    コメント、有難う御座います。

    説明はなんとくわかりましたが、C言語のコメント部ですので、どんな命令を転送しているかわからないです。

    0100 0000B がコマンドでその後、BaudDivisor の設定される値をコントロール伝送でホストからデバイスへ送信する?でしょうか・・・・

    もう少し調べてみます。
  • えん さん、こんにちは。NoMaYです。

    > 0100 0000B がコマンドでその後、BaudDivisor の設定される値をコントロール伝送でホストからデバイスへ送信する?でしょうか・・・・

    そういうことであれば、ネットに情報が無いか、私も検索してみました。ここなどはどうでしょう。

    9.3 USB Device Request - とりメモ - ホーム >‎USB2.0メモ‎>‎9. USB Device Framework >
    sites.google.com/site/toriaezunomemo/home/usb2-0memo/usb-device-framework/9-3-usb-device-request

    [追記]

    以前のリプライで以下のように書きましたが、“コマンド”→“リクエスト”の方がよかったかな、と思いました。(そして、それらのリクエストを送信(or送受信)する、SynergyのUSBXホストスタックのAPI関数を探し、恐らく引数の構造体(実際の引数は構造体へのポインタかと思います)に該当する値をセットし、そのAPI関数を呼び出すことになる筈、だと思っています。)

    (6) コントロールエンドポイントでのFTDIチップとのやりとりには、以下のヘッダファイル記載のコマンドが使用される。

    (6) コントロールエンドポイントでのFTDIチップとのやりとりには、以下のヘッダファイル記載のリクエストが使用される。

    [追記2]

    以下のように書いた方がよかったかも知れません。

    それらのリクエストを送信(or送受信)する、SynergyのUSBXホストスタックのAPI関数

    それらのリクエスト(どのリクエストかはAPI関数の引数の構造体(実際の引数は構造体へのポインタかと思います)に値をセットすることで指定する)を送信(or送受信)することが出来るコントロール転送を行う、SynergyのUSBXホストスタックのAPI関数

  • えん さん、こんにちは。NoMaYです。

    その後どうでしょうか?進展はありましたでしょうか?

  • NoMaYさん、こんにちは。いろいろ有難う御座います。
    まだ、情報の整理が出来ていず、調べています。

    一番最初の投稿
    (1) FTDIチップのエンドポイントの構成は、INが1つ、OUTが1つ、コントロールが1つ、である。
    について普通にそのような構成にしてエンドポイントの番号は固定にして、
    記載のコマンド?任意なコマンドを送信する方法や、一番簡単なサンプルを探しているところです。

    わからず、書いていますが、
    CDC_ACMのクラスは用意されたコントロール伝送しかできない?かとおもっていて、
    どのクラスが該当しそうかみています。

Top Page [◀◀]  2   3   4   5   6   7   8   9   ... [▶▶Last Page